Loading

블로그

Recent ActivityRecent Activity

EBRで医薬品の調剤を最適化する5つの方法

接続されたはかりを実行している場合、さまざまな計量方法(正味重量、総重量など)のはかりの読取り値の自動取得など、接続がもたらす関連する利点をよく理解しています。しかし、関連する調剤システムはどうですか?

調剤システムは、接続されたはかりへのユーザインターフェイスと同じくらい簡単な場合があります。

しかし、より頻繁に、それらは、実験室情報管理システム(LIMS)や製造実行システム(MES)などの上位レベルのシステムとインターフェイスするか、それらと統合されます。

統合により、次のようなコンテキスト情報が提供されます。

  • 使用するスケールの制御(例:テストステータス、最大負荷、スケール分解能)
  • より高度な計量方法のサポート(例:パレット計量)
  • 有効成分に基づく補償器の計算
  • 計量結果のリアルタイム検証(例:計画数量、許容誤差)
  • 上位システムのコンテキスト内での最終的な重みの記録

EBRと統合された調剤システムは、さらに多くを提供します。

電子バッチ記録(EBR)は、製薬業界で不可欠です。強化された情報機能により、レビュー時間を簡素化および高速化し、コンプライアンスを容易にします。

通常、MESサプライヤが調剤機能をEBRに統合する場合、実際に行なうのは特定の調剤の「コンポーネント」を実装することです。このコンポーネントは、主に中央調剤用に構築されたスケールを使用した材料のディスペンスを含むプロセスステップを完了するために使用されます。

ただし、コンポーネントをEBRに統合するのではなく、調剤システムでもあるEBRを実行するほうがよいのではないでしょうか。調剤システムはEBRシステムであるため、製薬メーカはEBRが提供する主要な利点を活用できます。

  1. プロアクティブな計画
    近い将来に包括的なEBRを実装する可能性があることを考慮せずに、調剤のみに焦点を当てた多くのMESプログラムを見てきました。現在EBRと調剤を統合することにより、後で完全なEBR実装がシームレスになります。
  2. 明解なレシピ設計
    調剤プロセスは非常に複雑で、多くの場合EBR自体と同じくらい複雑です。これは、インライン計量および製造された材料の計量に関して特に当てはまります。すべてのEBRプロセスを同じ方法でモデル化し、レシピの意図した動作を説明するための明確で理解しやすい方法を用意することが重要です。
  3. 標準的で柔軟なモデリングアプローチ
    現場で材料を調剤する方法に関するベストプラクティスはありますが、プロセスは依然として異なります。これらの差異は、調剤プロセスの設計時に高度な柔軟性を要求します。EBRを不要にすると、標準プロセス設計の再利用が完全にサポートされますが、差異に容易に対応するために必要な柔軟性が提供されます。
  4. 最適化されたユーザインターフェイス(UI)の使いやすさ
    最先端のEBRシステムは、現場のオペレータに明確なUI設計と明確で段階的なガイダンスを提供し、集中力を維持します。調剤システムがEBR自体でもある場合、この最適化されたユーザエクスペリエンスは製造現場全体で一貫しています。さらに、高スループットの調剤では、EBRのスキャナ主導の操作により、実行をさらに高速化する次のレベルの最適化が提供されます。
  5. 「例外によるレビュー」の促進
    EBRシステムでもある調剤システムは一貫性を促進するため、本質的に「例外によるレビュー」の方法論を強化します。

ご覧のとおり、EBRシステムでもある調剤システムを実行すると、いくつかの重要な方法でアクティビティが最適化されます。詳細は、ways to optimize pharmaceutical dispensing with EBR (EBRによる医薬品の調剤を最適化する方法)に関する無料のウェビナーをご覧ください。


Martin Irmisch
Martin Irmisch
Product Management, Information Solutions, Rockwell Automation
Martin Irmisch
Subscribe

Subscribe to Rockwell Automation and receive the latest news, thought leadership and information directly to your inbox.

Recommended For You