ダイナミックなプロセスシステムでは、長い遅延時間や処理のラグ、動的な逆応答が発生する場合があります。このような課題は、標準のPID制御では管理が困難です。PlantPAx®モデル予測制御(MPC)は、標準のLogixハードウェア内で実行して最も課題の多い高度な制御の問題を管理できるように設計されています。セットアップが簡単で使いやすいうえ、他のプロセス制御システムと簡単に統合できます。

最大の収益性を達成

複数変数の相互作用を調整

モデル予測制御(MPC)を活用すれば、非常に使いやすい高度ツールを使用して、高度な制御の課題を解決できます。PlantPAx MPCは、基本的にPavilion8®サーバベースのMPC製品から派生したソリューションで、世界中で何百もの複雑かつ課題の多い制御問題においてその有効性が実証されています。Pavilion8 MPCは、世界で最も機能性が優れたツールの1つです。PlantPAx MPCは、Logix環境内での実行に最適化された微分アルゴリズムを採用しており、使いやすさの点でも非常に優れています。

Logixシャーシ内のモデル予測制御

特長

  • 1つのモデル予測制御モジュール(MPC)で最大5つの独立したMPCアプリケーションを実行
  • 最大で10 CVおよび10 MV、10 DVまでモデル予測制御を開発および実装
  • フル機能のモデル予測制御を実装

メリット

  • 製品品質のばらつきを最大75%低減
  • 特定のエネルギー消費を最大20%削減
  • スループットを最大25%向上
  • 工程歩留まり率を低減

パフォーマンスを最重視する世界の製造企業の大半がモデル予測制御を採用しています。

産業固有のアプリケーション

PlantPAx MPCが水道事業のソリューションを提供

水供給を安価に維持するため、エンウィン・ユーティリティーズ社は継続的な改善モデルを活用し、プロセス変更や投資計画による業務の最適化を実現しました。数々の要因に基づいてポンプステーションをモニタおよび制御できる当社のモデル予測制御ソリューションにより、エンウィン社は配水システム全体で給水本管の破裂件数を21%軽減することに成功しました。

産業用ソリューションの詳細情報を表示する

当社は、オンボードモデル予測制御ソリューションのテストにおいてロックウェル・オートメーションとの協力体制を実現しました。

ギャリー・ロッシ氏、エンウィン・ユーティリティーズ社の水生産部門部長

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page products/advanced_process_control/ja/JP_det_plantpax-mpc row-5

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。