環境管理

予測排出量モニタおよび排出量基準への準拠

複雑な環境関連規制と排出権取引市場において、企業は正確かつ一貫した検証可能な排出量モニタと報告を適時に実施する必要があります。

リアルタイムの正確な排出量モニタ

Software CEM (ソフトウェアCEM)

Software CEM®は世界初の予測排出量モニタシステム(PEMS)で、1992年に開発され、米国環境保護庁(USEPA)によってPEMSとして承認されました。Software CEM (ソフトウェアCEM)は、既存の計器との対比からリアルタイムの排出量モニタを実施することで正確かつ迅速な排出量情報を提供します。

コストを削減し信頼性を向上

特長

  • 既存のプロセス計測とデータを活用するモデルベースのソリューションを使用
  • 継続的な排出量モニタデータの可用性の要件に適合
  • 資本設備または不動産の追加が不要
  • 堅牢な予測能力のある正確な排出量モデリングを使用
  • センサの障害を検出して警告
  • センサ/機器の障害発生時に稼働
  • 複数のCEMをサポート

メリット

  • 設置コストの削減
  • メンテナンスコストの削減
  • 精度と一貫性、信頼性の向上
  • 人的な安全リスクの低減
  • 排出量基準への準拠に関連する記録管理/報告コストの削減
  • 財務リスクの最小化

運用および保守コストを大幅に削減しながら正確な排出量と準拠に関する情報を提供

USEPAで規定された稼働時間95%を実現

特許取得済みセンサ検証による環境管理

Software CEM (ソフトウェアCEM)では、生データを検証するアルゴリズムが排出量モデルに埋め込まれているため、仕様から外れた変数や欠落している変数を再構築可能。当社のソリューションでは、これに基づき、障害の発生したセンサの値を予測します。このセンサ検証は、USEPAによって規定されている稼働時間95%を一貫して達成する、当社独自の特許取得済みプロセスです。

信頼性が高く証明可能

SeaPEMによる正確な準拠と報告

SeaPEM™はオセアニア排出規制海域における特許取得済みモデルベースの予測排出量モニタシステムで、海洋業界に次のようなメリットをもたらします。

  • 証明可能で費用効率に優れた継続的排出量モニタシステム
  • 信頼性の高い排出量モニタソリューション
  • ソフトウェアベースのアプリケーションによりグローバルな規制要件に適合

海洋ソリューションの詳細情報を表示する

環境サービス

当社の環境アプリケーション・サービス・チームは、継続的排出量モニタや予測排出量モニタシステム、環境性能管理の実装に有用なソフトウェアおよび規制関連の専門知識を有しています。その豊富な知識と実証済みの技術を活用し、準拠の達成や運用コストの削減、規制関連の罰金のリスクの低減をお手伝いします。

当社サポートとサービスの詳細情報を表示する

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page products/advanced_process_control/pavilion8/industries_apc/ja/JP_det_environmental row-7

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。