新しいAllen-Bradleyのコントローラによってオペレータはよりよい生産決定を下すことが可能に

Allen-BradleyのCompactLogix 5480コントローラはLogix制御とWindowsベースのコンピューティングを単一のプラットフォームに統合

作業者は、ロックウェル・オートメーションの新しいAllen-BradleyのCompactLogix 5480コントローラを使用して、生産の把握を強化し、より情報に基づいた運用上の決定を下すことができます。このコントローラは、Logix制御エンジンとMicrosoft Windows 10 IoT Enterpriseオペレーティングシステムを単一のプラットフォームに統合しているため、作業者はそのソースでマシン情報を見ることができます。

新しいAllen-Bradleyのコントローラによってオペレータはよりよい生産決定を下すことができるようになります。

新しいAllen-Bradleyのコントローラによってオペレータはよりよい生産決定を下すことが可能

ロックウェル・オートメーションのコントローラ担当のグローバルプロダクトマネージャであるジェイソン・ショウは次のように述べています。「コントローラは生のマシンデータを集めて、それを有用な情報としてマシンレベルで作業者に明らかにできます。データが生み出された場所の近くでこれらの洞察を提供することは、作業者がよりスマートで迅速な業務意思決定を下すことを可能にします。その結果、問題への対応が改善され、最終的にコネクテッドエンタープライズでの生産性が向上します。」

コントローラはマシンレベルでリアルタイムのデータ収集を実行することによって待ち時間を減らすことができます。ユーザはそのソースで制御情報を見て、その他の情報は上流の企業の基幹ネットワークやクラウドに送ることができます。Windowsアプリケーションをオンプレミスで実行できるため、プラントフロアに別のPCを設置する必要性を減らすことができ、マシンの設置面積を縮小できます。

LNSリサーチの社長兼主席アナリストであるマシュー・リトルフィールド氏は次のように述べています。「産業用IoTテクノロジを導入している企業にとって、クラウドアーキテクチャとオンプレミスアーキテクチャのどちらを選択するかということはもう問題ではありません。両方が必要です。マシンレベルで制御システムデータにアクセスし、クラウドから洞察にアクセスする能力によって、多くの企業が望む機敏な意思決定がもたらされます。」

CompactLogix 5480コントローラは、最大150軸のモーションをサポートできます。これは、簡略化されたアーキテクチャとより少ない設置面積から恩恵を受けることができる大型の包装、加工、印刷、およびウェブアプリケーションに最適です。また、コントローラはスキャンタイム実行とモーションループ更新を速くして、マシンのスループットを向上させます。

コントローラには、ユーザの認証と承認、ロールベースのアクセス、およびデジタル署名付きの暗号化など、複数のセキュリティ機能が組み込まれています。さらに、Windowsオペレーティングシステムは制御エンジンと独立して実行するため、オペレーティングシステムが中断してもマシン制御やライン制御に影響はありません。

 

Microsoftは、ロックウェル・オートメーションのPartnerNetworkプログラムのStrategic Alliance (戦略的提携)パートナです。

ロックウェル・オートメーションのPartnerNetworkプログラムについて

ロックウェル・オートメーションのPartnerNetworkプログラムによって、プラント全体の最適化を実現し、機械の性能を向上させ、サステナブルの目標を達成するためのクラス最高のソリューションの開発、実装、サポートにフォーカスした企業のコラボレーティブネットワークにグローバルな製造メーカがアクセスできるようになります。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。