今後リリースされるFactoryTalk Batchは、運用ライフサイクルにおける業界の課題に対処

バッチアプリケーションを使用する生産者は、ロックウェル・オートメーションのFactoryTalk Batchソフトウェアの最新リリースを使用して、より柔軟で信頼性の高い生産的な操作を作成できるようになりました。このソフトウェアは、設計チームの生産性を向上させ、システムの信頼性の向上とモビリティ機能の強化により運用を支援します。

ロックウェル・オートメーションのプロダクトマネージャであるジェイミー・ギーアは次のように述べています。「生産者は、アプリケーションと機器の変化するニーズに合う最新のシステムを探し続けています。これらの機能強化により、システムを設計、運用、および拡張する際の柔軟性が向上します。また、オペレータはより直感的なエクスペリエンスと改善されたワークフローを使用できます。」

このリリースの主な機能は、生産を維持しながら高度な制御と柔軟性を必要とするプラントエリアのオンライン編集を行なえることです。ニーズの変化やカスタムレシピの導入に伴い、オペレータはシステムの一部をオフラインにしたり、バッチを保留にしたりすることなく変更を加えることができますさらに、より複雑な操作では、スループットと歩留まりを改善するオプションを提供する配合の導入により、動的なフローとレシピを作成できます。

モビリティ、セキュアなアーキテクチャ、およびデータ統合ツールに焦点を合わせたさらなる改善により、変化する労働力とエンタープライズインテリジェンスの継続的なニーズに対応するシステムを確実に導入できるようになります。「組織が分析能力を向上させると、意味のある影響をもたらすために、バッチシステムから得られた情報が必要になります。コンテクテッドエンタープライズの一部として、このシステムリリースを使用してバッチ制御に対する最新のアプローチの期待を再定義し続けています。」

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。
www.rockwellautomation.com/ja_JP

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。