ロックウェル・オートメーションは金属製フラットパック型産業用センサを発売

要求の厳しいアプリケーション用に設計された新しいコンパクトな誘導型近接センサ

産業オートメーションのお客様は、近接センサの新しいラインでマシンからのデータの収集をさらに向上できます。

Allen-BradleyのBulletin 871FM小型金属製フラットパック型誘導型近接センサは、過酷な環境向けに製造された堅牢なスマートセンサです。

871FM小型金属製フラットパック型誘導型近接センサ

要求の厳しいアプリケーション用に設計された新しいコンパクトな誘導型近接センサ

IO-Linkテクノロジに対応したBulletin 871FMセンサは、IO-LinkマスタモジュールからEtherNet/IPを介してコントローラにより包括的な診断とパラメータデータを提供できます。この機能はダウンタイムの最小化と生産性の向上に役立ちます。

ロックウェル・オートメーションのプロダクトマネージャであるジョン・ホランは次のように述べています。「これらのセンサはコネクテッドエンタープライズに間単に統合することができるため、運用効率が向上します。Allen-Bradleyの1732 POINT I/Oまたは1734 ArmorBlock I/O IO-Linkマスタに接続すると、センサは制御システムにデータを送り、マシンのセットアップ、メンテナンス、およびトラブルシューティングを最適化します。」

従来の管状近接センサとは異なり、完全シールドのBulletin 871FMセンサの8mm (20x32x8mm)および14mm (30x52x14mm)ステンレススチール製の四角形のハウジングは薄型で、スペース制限が厳しいアプリケーションに設置することができます。これらの新しい近接センサのコンパクトな設計と全ステンレス構造は、要求の厳しい環境での小型部品の検知に最適です。

Bulletin 871FMセンサは、最大10mmの検知範囲を持つ溶接モデルと、さまざまな鉄と非鉄金属のFactor-1等価検知でも使用できます。耐溶接モデルには溶接スラグの蓄積を防ぐAllen-BradleyのToughCoatフィニッシュコーティングが施されており、特に自動車溶接アプリケーションなどの非常に過酷な環境に適しています。また、食品や飲料加工プラント、スタンピング、マテリアルハンドリングなど、その他さまざまな検知アプリケーションにも適しています。

さらに、Bulletin 871FM金属製フラットパック型センサには、非常にわかりやすい2色のステータスLED、NPN/PNPの最適なセットアップと自動検出のためのマージンインジケータ、および補完的なN.C.とN.O.出力が搭載されています。センサでは、一体型M12マイクロ型クイックディスコネクト接続を備えた2mケーブルまたは0.2mピグテールケーブルのいずれかを使用できます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。