ロックウェル・オートメーションはマシンへの安全の統合を簡略化

7つの新しいAllen-Bradleyの安全I/Oモジュールがより高性能で高性能なマシンの作成を支援

機械設計者は、これまで以上に多くの産業用システムに安全を設計することを求められています。設計を容易にし、他のアプリケーション要件を満たすために、ロックウェル・オートメーションは3つのI / Oプラットフォームにわたって7つの新しい安全モジュールをご用意いたしました。これにより、設計者はローカルと分散の両方の安全I/Oオプションと、コンプライアンスと機械性能の向上に役立つ幅広い性能および接続性の属性を利用できるようになります。

7つの新しいAllen-Bradleyの安全I/Oモジュールがより高性能で高性能なマシンの作成を支援

7つの新しいAllen-Bradleyの安全I/Oモジュールがより高性能で高性能なマシンの作成を支援

ロックウェル・オートメーションのアジア太平洋地域のビジネスセンター担当副社長兼ゼネラルマネージャであるスティーブン・ゴーは次のように述べています。「当社の安全I/Oの製品ラインナップの拡張・強化により、設計者に彼らの安全ニーズを満たすためのより多くの選択肢をご提供できるようになりました。安全オプションはどのAllen-BradleyのI/Oモジュールについても選択できます。新しいモジュールにはより速い安全応答時間、より優れた診断機能、および強化された通信も組み込まれており、より競争力のあるマシンを生み出すことができます。」

新しい安全モジュールは設計プロセスの簡略化にも役立ちます。例えば、それらは大量の共通データ構造とグラフィック・ユーザ・インターフェイスを持っています。このプログラミングおよび操作によって設計時間を短縮でき、コードの再利用、そして設計者の習熟時間の短縮が可能になります。

新しい安全I/Oモジュールには、以下のものがあります。

  • Allen-BradleyのCompact 5000安全I/Oモジュールは、Compact GuardLogix 5380セーフティコントローラ用のローカルと分散型の安全I/O、およびGuardLogix 5580セーフティコントローラ用の分散型安全I/O提供します。モジュールは、設計者がコストを削減し、より小型でシンプルなマシンを作成できるようにするより速い安全応答時間を提供します。また、ユーザが障害をより簡単に識別できるように、追加の診断機能も提供します。
  • Allen-BradleyのControlLogix CIP Safety I/Oモジュールは、高密度I/Oソリューションを必要とする大型アプリケーションでのGuardLogix 5580コントローラ用のローカル安全I/Oを提供します。これらのIn-chassisモジュールを使用すると、アダプタが必要なくなるために構成が簡単になり、パネルスペースを削減できます。これらのモジュールは分散型安全I/Oにも使用できます。
  • Allen-BradleyのFLEX 5000安全I/Oモジュールは、固定のフィールド配線端子と垂直と水平の両方向の取付けを必要とするアプリケーションに適しています。分散型I/Oモジュールは極端な環境でも動作でき、銅線およびファイバーネットワークに直接接続して使用できます。また、PRP (パラレル冗長プロトコル)を介する冗長スターネットワークを含む幅広いネットワークトポロジをサポートしており、1ギガビットEtherNet/IP接続性で通信を強化します。

7つの新しい安全I/Oモジュールは、それぞれSIL 3およびPLe, カテゴリ4までの安全アプリケーションでの使用がTÜV認定されています。環境ストレスに対するさらなる保護のために、すべてのモジュールはコンフォーマル・コーティング・オプション付きを選択できます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。