ロックウェル・オートメーションがOdosイメージング社を買収し、3次元ToF技術をセンシングおよび安全アプリケーションに活用

3次元ToF技術により、製造システム内および周辺の効率・認識向上のためのソリューションが実現可能に

ロックウェル・オートメーションは、3次元ToF (Time Of Flight: 光の飛行時間)センシングシステムを産業用イメージングアプリケーション向けに提供しているスコットランドの技術企業であるOdosイメージング社を買収しました。

ロックウェル・オートメーションがOdosイメージング社を買収

3次元ToF技術により、製造システム内および周辺の効率・認識向上のためのソリューションが実現可能に

ロックウェル・オートメーションは、この技術をセンシング製品に応用し、自動車、製造一般、包装、マテリアルハンドリング、物流など、要求の厳しい広範な産業アプリケーションを対象に、ソリューションを提供していきます。

ロックウェル・オートメーションの安全・センシング・接続性事業担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるリー・レインは、次のように述べています。「今回の買収により、コネクテッドエンタープライズの基礎の重要な一部である、当社の多様なスマートセンシング製品やスマートセーフティ製品のラインナップを構築できるようになります。この買収により、3次元ToFセンサ技術を産業アプリケーションに導入でき、当社の既存の能力が拡大されます。」

2010年に設立されたOdosイメージング社はスコットランドのエディンバラに本社を置き、製造システム内および周辺に関する認識向上のソリューションとなる3Dイメージング技術を開発しています。

Odosイメージング社の最高経営責任者(CEO)であるクリス・イェイツ氏は、次のように述べています。「ロックウェル・オートメーションに加わり、産業アプリケーション向け3Dイメージングソリューションの開発を継続できることは当社の喜びです。ロックウェル・オートメーションは常に革新に取り組み、産業分野で高い専門的能力を維持していることから、当社は長年、ロックウェル・オートメーションを尊敬してきました。当社は今後もそうした継続的戦略の一端を担い、生産的でサステナブルな未来というビジョンの実現に向け、ぜひとも役割を果たしていきたいと思います。」

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

問い合わせ先

Tom Spencer

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。