ブレイク・モレット最高経営責任者(CEO)が会長に就任

ロックウェル・オートメーションはCEOのブレイク・モレットを取締役会長に選任したと発表

ロックウェル・オートメーションは、取締役会が社長兼最高経営責任者(CEO)のブレイク・D・モレットを2018年1月1日付けで取締役会長に選任したと発表しました。モレットは、キース・D・ノスブッシュの後任となります。2005年より会長職を務めてきたノスブッシュは同職を退きますが、取締役として留任します。当社は今後も、筆頭独立取締役の職を置きます。

ブレイク・モレット最高経営責任者(CEO)が会長に就任

ブレイク・モレット最高経営責任者(CEO)が会長に就任

ドナルド・R・パーフェット筆頭取締役は、次のように述べています。「モレットは最高経営責任者(CEO)として2016年7月に取締役に加わって以来、当社と取締役会を率いる並外れた手腕があることを示してきました。モレットは優れたパフォーマンスを尊ぶ当社の文化を最もよく体現する人物で、お客様、従業員、パートナ企業、幹部チームの人心を掌握し、つながりを築く優れた能力を持っています。取締役会は、この幹部体制が、引き続き当社の成功を加速させるだろうと確信しています。」

モレットは1985年に見習い営業員としてキャリアをスタートし、その後は欧州やカナダでの国際業務を含む、当社の複数の部署で管理職を歴任してきました。2011年には当社の2事業部門の1つである制御製品・ソリューション部門のシニアバイスプレジデントに昇進し、2016年7月に社長兼最高経営責任者(CEO)に就任しました。

モレットはジョージア工科大学で機械工学の学士号を取得しました。現在、全米製造業協会(NAM)理事会およびエグゼクティブコミッティに所属し、他の業界団体や市民団体の理事、ならびに事業協議会のメンバーにも務めています。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

問い合わせ先

Shani Nov Racah
Susanne Woiton

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。