高度なライト・カーテン・システムにより柔軟性と安全が向上

ロックウェル・オートメーションのGuardShieldライトカーテンは革新的なトランシーバ技術を備えており、ロボット・ワーク・セルや危険な機器の周囲を保護

ロボットの登場により、ロボット・ワーク・セルとプラントの残りの部分との間に安全な作業環境を提供するライトカーテンの需要が高まっています。Allen-BradleyのGuardShield 450Lセーフティ・ライト・カーテン・システムは、革新的なトランシーバ技術により生産性を向上させながら、安全性を向上させる柔軟で費用効率に優れたソリューションです。

高度なライト・カーテン・システムにより柔軟性と安全が向上

高度なライト・カーテン・システムにより柔軟性と安全が向上

ロックウェル・オートメーションのセーフティ・ライト・カーテンのグローバル製品マネージャであるマンフレッド・シュダインは次のように述べています。「ユーザは新しいライト・カーテン・システムのライフサイクルを通じて、特に設置と稼働中に大きな利点が得られます。」

新しいGuardShield 450L-Eに内蔵されたレーザ・アライメント・システム(ILAS)により、スティックのフロントウィンドウ上のILASシンボルの簡単なタッチでセットアップを最適化する複数の可視レーザポイントが提供されるため、設置時間が短縮します。さらに、コンパクトな設計とフルレングスの保護フィールドにより、GuardShield 450L-Eシステムを150~1950mm (5.9~76.7インチ)を150mm (0.5フィート)刻みで手と指の保護アプリケーションに簡単に統合できます。

起動後は、カスケード、内蔵ミュート、ブランキングなどの高度な機能を活用して、最高レベルの安全性を維持しながら柔軟性を高めることができます。

GuardShield 450L-Eセーフティ・ライト・カーテンの高度なミュートとブランキング機能は、専用のプラグイン式モジュールにあるDIPスイッチを使用して簡単にセットアップできます。L構成とT構成とオーバライド機能付きの4センサまたは2センサのような一般的なミュートのセットアップを選択することができます。また、分解能を落としたり、固定ブランキングでのティーチもできます。さらに、追加のGuardShield 450Lセーフティ・ライト・カーテン・システムを直列接続するためにカスケードプラグインを取付けて、機械の多面ガードを有効にすることもできます。GuardShield 450Lトランシーバ設計に備わっている柔軟性と組み合わされたこれらの特別な機能は、すべてエンジニアリングロジスティクスを簡素化し、あらゆる種類のアプリケーションに対応できるため、必要となる在庫を最小限に抑えるのに役立ちます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。