シンクライアントのライン拡大によって企業全体の柔軟性が向上

ロックウェル・オートメーションのVersaView 5200シンクライアントの製品ラインは、デバイスやユーザの管理を簡素化

工場内の複数のディスプレイに多くのアプリケーションが搭載されているため、製造メーカは数多くのコンテンツソースを管理するのに苦労しています。ThinManagerソフトウェアを使用するAllen-BradleyのVersaView 5200シンクライアントの新たに拡張された製品ラインにより、製造メーカはより簡単にアプリケーションを管理できるようになります。

VersaView 5200シンクライアントの製品ラインは、デバイスやユーザの管理を簡素化

シンクライアントのライン拡大によって企業全体の柔軟性が向上

ロックウェル・オートメーションのプロダクトマネージャであるマット・ハンセンは次のように述べています。「VersaView 5200製品ラインに最新追加された製品によって、エンドユーザは、さまざまな解像度のオプションを備えた1台のディスプレイまたは複数のディスプレイを選択することができます。ThinManagerソフトウェアを利用しているお客様は、適切なシンクライアントのハードウェアを特定のアプリケーションニーズに合わせることができます。」

拡張されたVersaView 5200製品ラインには、シングルディスプレイ、デュアルディスプレイ、デュアル4Kディスプレイ、マルチ4Kディスプレイ、統合ディスプレイの5つのシンクライアントがあります。マルチ4Kは、業界で初めて7つのディスプレイを提供し、ThinManagerソフトウェアによって独占でサポートされています。

新しいシンクライアントはそれぞれ独自のメリットをもたらします。シングルディスプレイは、単一のDisplayPortビデオ出力を備えたコンパクトなデザインを提供します。デュアル4Kディスプレイには、高性能なクアッドコアIntel Atom CPUが搭載されています。マルチ4Kディスプレイは、マルチディスプレイを必要とするアプリケーション用の高性能クアッドコアIntel i5 CPUを提供します。

VersaView 5200ディスプレイ非搭載シンクライアントのオプションは、VersaView 5100モニタを使用する場合に適しています。この2ピースのソリューションはモニタとシンクライアントが分かれているため、いずれかを個別に置き換えることができます。

VersaView 5200シンクライアントは、ThinManagerソフトウェア専用で使用するように設計されています。ソフトウェアは、最新の産業運用のあらゆる側面についてコンテンツと視覚化を集中管理します。すべてのデバイスとユーザの管理を簡略化することで、ダウンタイムと保守を削減できます。ロックウェル・オートメーションのロケーションベースの関連技術は、役割と場所に基づいて対象のコンテンツを提供できます。

ThinManager ソフトウェアと使用すると、VersaView 5200シンクライアントは差し込まれるとすぐに情報の受信を開始できます。デバイス構成が不要になり、デバイスの交換がより迅速になります。重要な情報を保護するために、情報はサーバに保存されます。ThinManagerソフトウェアは、指紋スキャンを使用する生体認証を含む多要素ユーザ認証も提供します。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。