サービスとしての予知保全によって予定外のダウンタイムを防止

ロックウェル・オートメーションの新しいデータ駆動型サービスは、重要な資産の障害や予定外のダウンタイムを防ぐのに役立ちます。

重要な資産を失うことは壊滅的になり、年間数十億ドルのコストがかかるような予定外のダウンタイムを引き起こす可能性があります。これらの発生を先回りして予防するために、製造メーカや製造企業は高度な技術と予知保全を採用して、ダウンタイムイベントをスケジュールすることを始めています。重要な資産でのダウンタイムを特定して防止するために、ロックウェル・オートメーションは予知保全をサービス製品として発表しました。

このサービスは、お客様が特定した重要な資産に適用され、センサ、制御システム、スマートマシンなどのコネクテッド技術からデータを分析します。FactoryTalk Analyticsを活用し、機械学習技術を適用することで、ロックウェル・オートメーションのエンジニアは予防保守戦略の一環として、通常の運用を特定して、将来の故障や問題の軽減、予測およびモニタに役立つデータモデルを構築できます。

ロックウェル・オートメーションのリモートモニタおよび分析製品マネージャであるフィル・ブッシュは次のように述べています。「履歴データのバックログを構築することで、いつ問題が発生するのかを知ることができます。これにより、エンドユーザは、何かが故障するのを待って、その場でトラブルシューティングを試みるのではなく、問題を積極的に解決することに集中し、生産への影響を最小限に抑えることができます。」

ロックウェル・オートメーションの石油&ガス分野のあるお客様は、予知保全ソリューションを導入する以前に、ベアリングの故障を経験し、その結果としてメンテナンスと失った生産に関して300万ドルを超えるコストが発生しました。ロックウェル・オートメーションと協力して、故障した資産に関する1年間の履歴データをレビューした結果、エンジニアはベアリング冷却システムが6ヶ月間正しく稼動していなかったことを突き止めました。予知保全サービスを導入した結果、組織は故障が発生する前に、ベアリングの故障とその根本原因を特定できました。

この新しいサービスは、重要な資産の稼働率がボトムラインに影響する石油やガスのような業界では不可欠です。これには連続製造稼動における重要な機械も含まれます。さらに、機械装置メーカ(OEM)は、資産にサービスを実装して、予知機能を使用して同様なすべてのお客様の資産にわたって稼働時間のパフォーマンスを向上することができます。

このサービスを使用すると、独自のデータモデルを構築したり、独自のソリューションを設計することなく、予測をモニタしてアラートの詳細を分析することができます。ロックウェル・オートメーションは、データ収集、機械学習、エンジニアリングサポートを提供し、モデルを構築し、パターンと予測を検証し、モニタし、データセットが進展するにつれてそれらのモデルを最新の状態に保つことができます。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。