コルテバ・アグリサイエンス社はManufacturing Safety Excellence Awardを受賞

この企業は、文化、コンプライアンス、および技術に重点を置いた安全イニシアチブが認められています

ダウ・デュポンのアグリカルチャー事業部門であるCorteva Agriscience™ (コルテバ・アグリサイエンス)は、産業安全に対するクラス最高のアプローチに対して2018 Manufacturing Safety Excellence Award (製造安全優秀賞)を受賞しました。ロックウェル・オートメーションのこの賞は、安全をコアビジネスの価値とし、全体的な安全の広範な利点を実現している企業を表彰するものです。

コルテバ・アグリサイエンス社はManufacturing Safety Excellence Awardを受賞

コルテバ・アグリサイエンス社はManufacturing Safety Excellence Awardを受賞

コルテバ・アグリサイエンス社は世界をリードする農業関連企業です。この組織は、安全リスクを低減し、グローバルな事業全体で生産性を向上させることを目的とした変革的な安全イニシアチブを展開中です。このイニシアチブは現在少数の工場で試験運用されており、最終的には世界中の70以上の種子生産拠点に拡大される予定です。

ロックウェル・オートメーションのセンシング&コネクティビティ事業部門、安全担当副社長兼ゼネラルマネージャである、リー・レーンは次のように述べています。「コルテバ・アグリサイエンス社は、企業がいかにして総合的なリスクベースの安全アプローチを使用して、卓越した業務を推進できるかを証明しています。コルテバ・アグリサイエンス社は包括的な安全プログラムの3つの柱である文化、コンプライアンス、および技術に取り組むことによって、この業界の安全におけるリーダシップの役割を果たしています。」

文化の観点から、コルテバ・アグリサイエンス社は、CEOを含む経営幹部からの支持を得ることで、その安全イニシアチブに対するサポートを生み出し、弾みをつけました。この企業はチーム間のコラボレーションにもフォーカスしていました。例えば、機械安全プロジェクトにおいてエンジニアリング、生産、および安全チームが一緒に作業し、従業員エンゲージメントはパイロットサイトでのプロジェクトの運用開始に大きな貢献を果たしました。

コルテバ・アグリサイエンス社の安全、健康、環境管理責任者であるダン・トンプソン氏は、次のように述べています。「当社のイニシアチブがパイロットプラントで成功を収めている主な理由は、従業員エンゲージメントです。私たちは、工場や安全の管理者から生産現場のオペレータまで、全員と話し合いました。そのミーティングは、彼らが果たすべき役割があることを理解し、行なっていることに対する喜びをもたらしました。オペレータが変化について発言権を持っているために、ミーティング中に彼らの態度が懐疑的なものから熱意を持ったものへと変化していくさまを見ることができました。」

コルテバ・アグリサイエンス社のコンプライアンスの取り組みには、設計段階で機械安全のリスクアセスメントが確実に実行されるようにOEMベンダーと協力することが含まれています。また、企業はその安全イニシアチブを実行して結果を見て、そこで得られた教訓を組織全体の改善を推進するために企業の安全規格に組み入れます。

技術面では、コルテバ・アグリサイエンス社は、労働者の安全と工場の生産性の両方を向上するためにシステムに投資を行なっています。そのひとつの例として、この企業が籾摺機や袋詰め機に導入している入力要求システムがあります。システムは労働者がボタンを押すとマシンの停止を許可するため、特定のマイナーな整備作業を行なうことができます。過去においては、労働者はこの作業のために長々しいロックアウト/タグアウト(LOTO)手順を使用する必要がありました。

コルテバ・アグリサイエンス社の機械安全技術担当者であるガブリエル・リベラ氏は、次のように述べています。「当社の籾摺機でマイナーな処置を行なうためにLOTOを連続して適用すると、可変周波数ドライブ(VFD)に障害が発生しリセットする必要がありました。これは時間を要し、総合設備効率(OEE)を損なっていました。入力要求システムによって安全を強化し、生産性を向上できました。今では、オペレータはわずか数分で整備作業を行なうことができるようになりました。」

 

コルテバ・アグリサイエンス社は、Manufacturing Safety Excellence Award (製造安全優秀賞)を受賞した製造メーカおよび機械装置メーカの著名なリストに加わりました。過去の受賞者には、A.M.P Rose, Bevcorp, The Clorox Company, Corning Environmental Technologies, Dana Incorporated, General Motors, The Goodyear Tire & Rubber Company, Honda of Canada, Kimberly-Clark Corporation, MESNAC, OCME, Paper Converting Machine Company, PepsiCo divisions of Walkers Crisps and Pepsi Flavors, およびProcter & Gambleがあります。

ダウ・デュポンのアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceについて

ダウ・デュポン(NYSE: DWDP)のアグリカルチャー事業部門であるCorteva Agriscience™ (コルテバ・アグリサイエンス)は、以前発表したスピンオフが2019年6月に完了したあかつきには独立した株式公開企業となる予定です。部門は、デュポン パイオニア社、デュポン農業製品事業部およびダウ・アグロサイエンス社の強みを兼ね備えています。Corteva Agriscience™は世界中の農業生産者に、業界で最も完全なラインナップを提供しています。その中には農産業で最も認知度の高いブランドであるPioneer®、Encirca®、新たに上市したBrevant™種子、さらには受賞歴を誇るクロッププロテクション事業部の製品が含まれています。また、活発な化学と技術の強固なパイプラインを通して新たな製品を発表してまいります。詳しい情報は、www.corteva.comをご覧ください。

会社概要

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、専業としては世界最大の産業用オートメーションと情報ソリューション企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。ロックウェル・オートメーションは米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約22,000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。