送電線がなくても問題ありません

送電線がなくても問題ありません

課題

  • 電力網に依存しない、生産性の低いパイプライン分野向けのカスタムソリューションを設計する。

ソリューション

結果

  • 高精度測定を実現
  • 遠隔地への迅速な展開 – 送電線は不要
  • インフラ整備の資金調達コストを節約
  • 年中無休24時間体制の制御システムの可用性と通信を維持

遠隔地向けに構築されたこのLACTユニットは、太陽光とスカベンジガスで動作

近年、複雑で揮発性の石油およびガス市場で多くの変化がありました。 しかし、収益性が重要であることは不変す。生産者と中流企業の両方とも、油田からパイプラインに送られる原油の量と品質の正確で信頼できる測定を必要としています。

一般的に、企業はリース自動送油方式(LACT)ユニットに依存しています。LACTシステムは一連のポンプ、パイプ、およびバルブで構成されており、原油を測定およびサンプリングし、流量や動作圧力などの重要なパラメータを管理します。

UMC Energy社のオートメーションディレクタであるブライアン・リンジー氏は次のように述べています。「当社のLACTシステムは、世界で最も過酷で最も遠隔地に設置されています。ますます、お客様は高度に専門化された製品を要求しており、私たちはそれに応えます。」

テキサス州ジョシュアにあるUMC Energy社は、50年以上にわたって石油&ガス産業にサービスを提供しています。

非公開会社であるUMC Energy社はその俊敏性と、カスタムのターンキー・エネルギー・ソリューションを厳しい時間枠内で提供できることを誇りにしています。

電力インフラの課題

リンジー氏は次のように述べています。「中流企業にとって、スピードは非常に重要です。彼らはパイプラインを構築し、顧客に署名し、できるだけ早く石油の移動を開始したいと考えています。」

しかし、遠隔地でLACTユニットを稼動するために利用できる電力が不足しているため、石油を測定および移送する中流企業の能力が妨げられることがよくあります。

リンジー氏は次のように述べています。「これらの地域の多くでは、インフラはほとんどありません。また、米国では、送電線の建築コストは1マイル当たり平均約300,000ドルです。これらのコストはパイプラインオペレータによって吸収されます。」

例えば、テキサス州西部とニューメキシコ州でパイプラインを建築したUMC Energy社のあるお客様の場合は、25マイルの新しい送電線を必要としました。 多大なコストに加えて、地域の公益事業には3年間の建築待ちリストがありました。

リンジー氏は次のように述べています。「お客様はそれほど長く待つことができませんでした。そして、電力網に頼らずに稼動できる太陽光発電式のLACTユニットを製造できるかどうかを尋ねました。」

革新的なソーラー・ハイブリッド・アプローチ

UMC Energy社は、LACTポンプの所要電力が費用対効果の高いソーラーパネルとバッテリの生産能力を超えていることを知って、ハイブリッドユニットを提案しました。

リンジー氏は次のように述べています。「お客様の施設は生産性の低い地域にあり、LACTシステムは1日2~3時間稼動するだけでよいと判断できました。残りの時間は、スタンバイ状態になる可能性があります。」

石油タンクバッテリに接続されたLACTユニットは、スタンドバイモードで完全にソーラー電源で作動します。制御システムはタンクのオイルレベルをモニタします。バッチを実行するのに十分なオイルが蓄積されると、システムは3気筒ガスエンジンを作動させます。エンジンは、タンクで自然に発生するオイルアウトガスの副産物であるスカベンジガスで稼動します。

ガスエンジンはブースターポンプを駆動し、3相480Vベルト駆動式のジェネレータにも接続されています。ジェネレータは、チャージポンプや分流弁などの通常のAC電源で稼動するLACTユニットの他のすべての部分への電源を接続します。

ローカル&リモート制御およびモニタ

リンジー氏は次のように説明します。「制御システムは運用全体を担当しています。コントローラはタンクレベルをモニタし、エンジンとジェネレータを始動し、システムの設定値に基づいて、バッチの実行後にプロセスを逆にします。」

Allen-Bradley®のCompactLogix™コントローラとAllen-BradleyのPanelView™グラフィックターミナルを搭載したRockwell Automation®の制御システムはLACTユニットを稼動します。PanelViewタッチスクリーンによって、ローカルオペレータは施設にあるユニットをモニタできます。

さらに、セルラーベースのリモートモニタ装置がパネルに含まれています。携帯電話のネットワークを使用して、リモートモニタ装置はお客様のヒューストン・コントロール・センターに情報を送信します。別の方法として、クラウドベースのリモート・モニタ・ソリューションを有効にするようにシステムを構成できます。

リンジー氏は次のように述べています。「スキッドでローカルに使用できるすべてのモニタ情報は、本格的なSCADAシステム内でリモートでも使用できます。太陽光発電により、制御およびモニタシステムは常時稼動し、年中無休24時間体制で使用できます。」

費用対効果の高いソリューション

現在、UMC Energy社は、オクラホマ州の生産量の少ない施設でインフラの課題に直面しているお客様向けに同様のLACTシステムを設置しています。

リンジー氏は次のように述べています。「LACTユニットが1日の一部しか稼働しない場合、当社のシステムは実行可能で費用対効果の高い代替手段となります。ユニットの稼動に必要なすべての電力は、消費の時点で利用可能です。」

ロックウェル・オートメーションがどのようにマシンビルダーのパフォーマンスを向上させるのかをご覧ください。

Allen-Bradley, CompactLogix, PanelView, およびRockwell Automationは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。