標準化されたプロセスオートメーション技術を使用して、KCCが環境に優しい戦略を実施

PlantPAxはコストを削減し、効率を向上

課題

  • 市場需要の増加により、新しい施設に新しいラインが必要
  • エンジニアリング開発時間とコストの増加
  • 予期せぬダウンタイムとメンテナンスの増加
  • 機械、装置、コンポーネントの老化

ソリューション

結果

  • 一貫したコスト削減のために、効率を20%向上
  • • エンジニアリング時間が14ヶ月から11ヶ月に短縮(電気設計とプログラムの同時開発による)
  • 2時間のダウンタイムを1時間に短縮し、メンテナンスコストを50%削減

最新のDCSであるPlantPAxがコスト削減と効率の向上を支援

背景

KCCは、1958年に金剛(クムガン)スレート工業として設立されました。2000年に金剛と高麗化学は合併し、金剛高麗化学工業となりました。そして、2005年に金剛高麗化学はその名称をKCCに変更しました。

半世紀以上にわたり、KCCは、ガラス窓、ドア、外装/内装材、床材などの建築材料の技術を革新してきました。同社は、特殊塗料や次世代精密化学の分野で、高付加価値製品を生み出すシリコン事業に参入しました。2014年4月に、KCCは窓とドアの材料分野で第一位のブランドとなりました。

課題

KCCは、2015年にミネラルウール(断熱材)とミトンの生産ラインを朝鮮半島南部の金泉工場に移転させました。2台のプライマリマシンの動作の効率が悪かったため、計画外のダウンタイムと高いメンテナンスコストが発生しました。KCCは、これらの機械の機械的/電気的コンポーネントをアップグレードすることができず、稼動時間を増加させることができませんでした。

この課題に加えて、この地域は建設ラッシュだったため、KCCはガラスやその他の建材の需要に追いつかなくなりました。その一方で、政府の規制強化により、高層建築物や工業工場に対して環境に優しい未焼成物質を使用する必要がありました。

KCCの特製品であるグラスウールは、砂から作られています。これは、環境規制を満たしているため、最高の建築材料とみなすことができます。KCCは、朝鮮半島東部の江原道のムマク市にある施設で、グラスウールの開発と製造をリードしていました。

増加する市場需要に対応し、ムマク工場の障害を克服するため、KCCはグラスウールのラインを金泉工場に拡張することを決定しました。KCCは、1つの標準化されたシステムとサプライヤを備えた統合アーキテクチャにアップグレードしたことで、メンテナンスコストとエンジニアリングコストを削減し、効率を向上させたいと考えました。

慶尚北道の金泉市に所在するKCC工場

ソリューション

KCCは、ロックウェル・オートメーションの最新のDCRであるPlantPAx®を導入することを決定しました。PlantPAxシステムにcプロセスとディスクリート制御を1つのシステムに組み合わせ、生産ラインのすべての段階を冗長制御します。

このシステムは、ControlLogix® L7コントローラシリーズ、モーション、および電子オペレータインターフェイス(EOI)製品を活用する統合アーキテクチャを提供します。この組合せにより、従来の物理的なインフラに比べて大きなメリットがもたらされました。PlantPAxライブラリと事前に構成済みのフェイスプレートは、HMIの開発段階で効率を高め、その結果としてエンジニアリング時間を短縮し、コストを削減します。

KCCは、ロックウェル・オートメーションのプロセスオブジェクトのライブラリを使用して、ロジックと視覚化機能を完全に統合したより柔軟なエンジニアリングツールを使用することが可能になりました。最終的に全体的なエンジニアリング時間が短縮されました。コンポーネントとソフトウェアライセンスの競争力のある価格設定のおかげで、この導入の選択はKCCにとって容易な判断でした。

プロセスライブラリに加えて、KCCは、FactoryTalk® AssetCentre資産管理とFactoryTalk Historianデータ視覚化を備えたPlantPAxシステムを導入し、セットアップして、分析して、お客様に掲示するために、リアルタイムと履歴変数を集めて、明瞭で読みやすい形式で提供します。

KCC工場

結果

KCCは、PlantPAxシステムの導入以来、生産効率を約20%向上させると同時に製品の品質と一貫性も向上させました。新しい施設では、プログラムの設計と開発を同時に行なうことで、エンジニアリング時間を14ヶ月から11ヶ月に短縮しました。

PlantPAxシステムにより、オペレータはワークステーションからグラスウール生産プロセスを制御することができます。また、高度なモニタと診断機能を備えているため、オペレータは予防保守を実施し、中央管理場所から計測値にアクセスしてモニタすることで修理コストを削減することができます。

また、このプロジェクトは、他のKCC工場における潜在的なチャンスへ繋がる道を開きました。

上記の結果は、こちらのお客様がロックウェル・オートメーションの製品およびサービスを他の製品と併せて使用することに固有のものです。特定の結果は、他のお客様によって異なる場合があります。

ControlLogix, FactoryTalk, PlantPAx, およびRockwell Automationは、Rockwell Automation Inc.の商標です。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。