パルプモールド成形機メーカがロックウェル・オートメーションのソリューションを導入

パルプ成形会社が生産性を向上

課題

  • 新しい市場に参入するために、安全規格を達成し、生産性を高める。

ソリューション

結果

  • 歩留まりが70%から95%に増加
  • 生産性が約30%向上
  • 立上げ時間が約60%短縮

台湾パルプモールド社、世界をリードする研究開発力と市場シェア

環境保護の巨大な波は世界中を席巻しており、海洋のプラスチック汚染に対する一般市民の態度は完全な反対と言えます。ナイフやフォークなどのカトラリー、産業用パッケージングから他の産業用アプリケーションに至るまで、プラスチックと発泡スチロールをパルプ成形に置き換える必要があります。パルプ成形の需要と市場の可能性は、急激に成長しています。

小さな存在から隠れたチャンピオンへ

台湾パルプモールド社(Taiwan Pulp Molding (TPM))は、パルプモールド成形機の製造と輸出事業で約20年の経験を持っています。わずかな始まりから、パルプ成形業界の隠れたチャンピオンとしての現在の地位に至るまで、彼らはここ数年、控えめな方法で地球環境保護に向けて努力を捧げてきました。

2000年にTPMが最初に設立されたとき、台湾のパルプ成形業界は形を取り始めました。環境への意識はまだ非常に低く、パルプ成形品を食品および産業用包装として使用することは珍しいことでした。当社の事業見通しは不確実でした。操業してからの最初の3年間は非常に困難でした。しかし、2008年までに、パルプ成形事業に大きな変化がありました。環境保護に対する意識の高まりと、2016年に署名された世界的な温室効果ガス排出量の削減を目的としたパリ協定に加えて、世界は土地や海の汚染などの問題に注意を払い始めました。ヨーロッパやアメリカの先進国、さらにはインドなどの新興国でさえ、環境保護産業の開発を始めています。多くの国のプラスチックの悩みの種で、これはパルプ成形ビジネスの成長をさらに加速させました。世界中からの注文も指数関数的に増加しています。

初期のTPMの主要な輸出市場は、中国本土や東南アジアなど、対外貿易の競争力とマージンが低い国でした。当時、機械式電気制御コンポーネントは主に日本のブランドであり、試験運用期間は通常6か月以上続きました。これにより、ヨーロッパおよびアメリカ市場への参入が非常に困難になり、海外事業の拡大が困難でした。

製品開発と試験運用期間を短縮し、欧州市場に参入するための厳しい資格を取得するために、TPMは、安全規格に対する厳しい挑戦と、ヨーロッパとアメリカの国々が最も重要とする生産データの取得、比較、分析という厳しい課題に取り組み始めました。

世紀を超えた課題: 米国のオートメーション大手であるロックウェル・オートメーションとのパートナシップ

米国のオートメーションの巨人であるロックウェル・オートメーションとのパートナシップ

1. ロックウェル・オートメーションとの戦略的提携により、TPMは、防護ゲート上のインターロック型スイッチとマシン上の非常停止ボタンのモニタおよび安全保護を行なうGuardmaster® 440C-CR30ソフトウェアで構成可能なセーフティリレー 、ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)へのメッセージの即時送信を含むロックウェル・オートメーションの最新テクノロジを採用できます。マシンがCE ISO13849-1安全遂行レベルPLeおよびANSI/RIA R15.06リスクカテゴリR4を達成できるようにロックウェル・オートメーションの安全ソリューションテクノロジ(危険ゾーンを囲む安全格子を含む)を採用しています。このマシンは、ヨーロッパおよび北米市場の最高の安全規格にも対応しています。

2. Kinetix® 5500サーボドライブ: Studio 5000ソフトウェアサポートを介してEtherNet/IP™での統合モーションをサポートします。このモーション・コントロール・システムでの実行は、設計の簡易化、操作とメンテナンスは単一の制御プラットフォームと単一のネットワーク環境を通じて達成されます。Kinetix® 5500は、スリーインワン電源ケーブル(フィードバック、ブレーキモータ、および配電)で配線作業を簡略化して、在庫管理の圧力を減らします。設計をさらに強化するために、Kinetix® 5500には複数のトポロジアプリケーション用の2つのイーサネットポートも装備されています。

3. 制御システムはCompactLogix™5370プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)によって管理され、EtherNet/ IP™通信プロトコルの下で通信を可能にします。これによって、生産工場と会社のイントラネットを接続するためのプラットフォームが提供されます。CompactLogix™ 5370 L3はEtherNet/IP 統合モーションコントロール、デバイス・レベル・リング(DLR)トポロジをサポートし、電力貯蔵を内蔵しているため、リチウムバッテリが不要です。既存の1769 I/Oの再利用をサポートし、データの整合性を向上させる取り外し可能な1GBセキュアデジタル(SD)メモリカードが含まれています。その柔軟なメモリオプションは最大3MBで、No Stored Energy (NSE)バージョンには危険な環境用の機能が追加されています。キネマティクスのサポートにより、ロボットコントローラとソフトウェアを追加する必要がなくなり、そのオープンソケット機能はModbus TCPとプリンタ、バーコードリーダ、サーバなどのデバイスをサポートします。

低経済の警告に立ち向かい、収入は急増して困難な状態を逆転させます。

4. PanelView Plus 7グラフィックターミナル: 組み込まれたイーサネットポートによって企業環境へのマシン接続が可能になります。ATEX Zone 2/22およびULクラス1, ディビジョン2認可があるため、危険な環境で使用できます。ディスプレイと外部マウントコマンドにより複雑な画面開発時間を50~90%短縮できます。SDカードスロットは、ストレージ、データの記録、生産コマンドの管理、および高速で単純なコピーまたはリドウコマンドに使用できます。インスタント診断システムは、温度、負荷、バッテリ電圧などのHMI実行レベルの環境データを取得して、トラブルシューティングを加速できます。

5. Studio 5000 Automation Engineering and Design Environment™ソフトウェアプラットフォーム統合モーションコントロール: 全体的な生産コストを削減し、スタートアップ時間、金型の設置およびメンテナンス時間を大幅に短縮します。

6. 安全リスク評価、安全システム認証、および他の安全サービス: 専門のRAチームは、機械の操作、メンテナン、設置、および洗浄のプロセスにおけるリスクを特定し、各機械の潜在的な危険性リスクの軽減策についてTPMについて話し合って助言するため、プロジェクトのリスクが許容レベルまで下がります。リスク低減改革措置を実施した後、機械安全の検証が再度行なわれます。チームは、マシンがヨーロッパ、北米、および世界中の一般的または特別な機械規格および規制に準拠していることをTPMがレビューおよび確認できるように支援します。

規模の経済の達成と生産性の向上

TMP16003段階のパルプモールド成形ホットプレスは、ダイレクト・ホットプレス・システムと自動化された積層装置を組み合わせて採用しているため、人員を減らすことがで、生産性が向上し、規模の経済と高品質の製品が得られます。ドライインモールド生産プロセスは大量生産に適しており、産業用および食品包装の生産で広く使用されています。機械は全体的な安全保護を提供し、その金型設計により簡単に分解と洗浄することができるようになります。

このプロジェクトの成功により、ロックウェル・オートメーションは、パルプ装置とパルプモールド成形ホットプレス機の用途において新たなマイルストーンを確立しました。ロックウェル・オートメーションの制御システムを導入する前は、TPMの機械歩留まりはわずか70%でしたが、導入後、歩留まりは95%に増加しました。また、世界中でより便利なコンポーネント交換が可能になり、お客様の成長を促進すると同時に生産性を約30%向上させ、パイロットの実行期間を約60%短縮できます。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。