スマート・ソー・ラインはAKDソフトウッズ社での将来の木材生産を保証

スマート・ソー・ラインは将来の木材生産を保証

課題

  • 工場のボリュームスループット要件を満たせなくなった旧式のシステムを置き換えるために、革新的な新しいソーラインを稼働させる。

ソリューション

  • 統合された制御と安全 – Allen-Bradley®のGuardLogix®コントローラおよび安全トルクオフを備えたPowerFlex® 755ドライブは、工場での統合された制御と安全を実現
  • スマートセーフティ – Guardmaster® 442G多機能アクセスボックス(MAB)は、統合されたアクセス制御およびガードロックを提供
  • 情報ソリューション – FactoryTalk® View SEはシステムに対する洞察と可視性を提供

結果

  • 障害検出時間が数時間から数秒に短縮
  • Guardmaster 442G多機能アクセスボックス(MAB)がアクセス制御とガードロックを提供
  • ソーラインの最大処理速度が約75%向上
  • ライン速度が55%向上
  • 回収率は8%増加

最新のコネクテッドテクノロジを使用して、回収率を促進し、安全を向上させ、ダウンタイムを削減

AKDソフトウッズ社は、オーストラリアが所有および運営する林業および木材加工の統合企業であり、ビクトリア、ニューサウスウェールズ、クイーンズランドで事業を展開しています。同社は、1955年にビクトリア州コラックで設立された60年の歴史を誇りに思っています。

AKD社のチームは、長期的なサステナブル(持続可能)な資産への投資と、お客様やサプライヤとの強力な関係の構築を通じて成長に取り組んでいます。事業への継続的な再投資により、AKD社は工場の拡張、プランテーションの成長、従業員の育成に力を入れています。

AKD社はオーストラリアとアジアの市場にサービスを提供しており、主に建設業界で使用するために、主にキルン乾燥、ドレッシング、機械で使用するための製材を含む幅広い製品を生産しています。さらに、木材チップ、松の樹皮、おがくず、乾燥した削りくずなどの高品質の副産物も生成しています。

成長と生産性への継続的な取り組みにより、AKD社は最近、最新の安全、処理、自動化、スキャン、および最適化技術を搭載した新しいソーラインを発注しました。

安全トルクオフを備えたPowerFlex 755可変周波数ドライブは、コンベア、バンドソー、キルン、および加工装置用の厳しいドライブと安全要件を満たします。

最先端の新しいソーライン

AKD社は、高品質の生産者としての評判と、その垂直に統合された事業で、主要な競合他社の中でも際立っています。現地で供給される丸太は、コラックのグリーンミルで加工されます。丸太はコンベアに積み込まれ、スキャン装置を通過して丸太の回転、木材の等級、板密度、繊維の剛性が評価されます。
それから、各丸太は、ソーラインを通過する前に最大限の回収(各丸太の最適な使用)を確保するために自動的に回転されます。その後、製材された木材は、最終用途に応じて、キルン乾燥とさらに加工するためにグリーンミルから輸送されます。

ALD社にある既存の旧式のソーラインは、25年経過しており、ボリュームスループットの点で限界に達していました。先進的な企業であるAKD社は、新しいテクノロジに投資することで、工場の将来を保証し、信頼性、スループット、および回収を改善できることを知っていました。

AKDソフトウッズ社のナショナルオートメーション&制御マネージャであるブレイディ・ウィックス氏は次のように説明しています。「新しいソーラインを建築することを決めたとき、私たちは米国とヨーロッパの工場を訪れ、最新技術がどのように使用され、それらが提供する利点を確認しました。新しいラインの重要な優先事項は、マシンの電子機器の量を削減することでした。これは、環境を制御した環境にそれらを収容し、ソーラインのほこりや振動による機械的損傷を回避することです。いくつかの異なるオプションを検討した後、集中型I/Oを備えたモジュール式のソーラインを実装することにしました。」

新しいソーラインは、イーサネット通信を使用するロックウェル・オートメーションの最新制御、自動化、情報、および安全技術を活用しています。Allen-Bradley®のGuardLogix®プログラマブル・オートメーション・コントローラは、ソーラインに統合された制御と安全を提供し、安全トルクオフを備えたPowerFlex® 755可変周波数ドライブはコンベア、バンドソー、キルン、および加工装置用の厳しいドライブと安全要件を満たします。Studio 5000®ソフトウェアは立上げに使用され、複雑さを最小限に抑え、潜在的なエラーのリスクを低減しました。


MABは、統合されたアクセス制御およびガードロック装置であり、全身アクセスアプリケーション向けの完全な保護ソリューションを提供します。

スマートセーフティによりシステムを簡素化

ソーラインの性質上、工場の安全と警備は重要な優先事項でした。安全技術は大幅に進歩し、安全コンプライアンス、機械の生産性、パフォーマンスが向上しました。AKD社は、ロックウェル・オートメーションとその営業代理店であるNHPエレクトリカル・エンジニアリング・プロダクツ(NHP)社と協力して、工場で最新のスマート安全ソリューションを活用しました。

ソーライン機械の稼働中にオペレータのアクセスを制限するために、工場では高レベルの機械保護が必要です。このアプリケーションには、最新のGuardmaster® 442G多機能アクセスボックス(MAB)が最も適していました。MABは、統合されたアクセス制御およびガードロック装置であり、全身アクセスアプリケーション向けの完全な保護ソリューションを提供します。PLe安全遂行レベルでTUV認証を取得しており、EtherNet/IP接続によってハード配線は不要になり、シームレスな立上げが可能になります。

ウィックス氏は次のように説明しています。「イーサネット上の安全を備えた新しいMABを使用することで、設置と立上げが簡略化されました。追加の安全デバイスの要件を減らし、複数のハード配線された安全デバイスを立上げる必要に伴うリスクも削減されました。」

AKD社のスマート安全ソリューションは工場の稼働状況に関する新しい洞察を提供します。豊富な診断情報をキャプチャすることにより、安全と動作データを使用して安全コンプライアンスとパフォーマンスを大幅に向上できました。ロックウェル・オートメーションのアカウントマネージャであるマシュー・ツリービーは次のように述べています。「統合されたスマート安全ソリューションは、工場のステータスの包括的な画像を作成するために必要なデータをすべてを提供します。AKD社のシステム全体がコネクテッドエンタープライズに移行しており、 生産性が向上し、工場でのダウンタイムの削減に役立つ安全と動作データを生成しています。」

FactoryTalk View SE HMIから利用できる豊富な診断情報のおかげで、障害検出時間が大幅に短縮されました。

回収率と生産性の向上

AKD社のコラック工場の新しいソーラインは、システムの可視性を高めることで提供される報酬を獲得しています。FactoryTalk® View Site Edition (SE) HMIを介してリアルタイムで利用できる豊富な診断情報のおかげで、障害検出時間が大幅に短縮されました(2時間からわずか数秒まで)。AKD社の制御は、システムにリモートでアクセスする機能によって最大化されます。

ソーラインの最大処理速度は約75% (1分間に37mから1分間に160m)へと大幅に向上しました。アップグレード前は、工場は約450,000立方メートルの製品を生産していましたが、現在では年間55%増の約100万立方メートルの収量を上げることができるようになりました。

AKD社にとって、廃棄物の削減と丸太からの木材回収の増加は、プロジェクトの主要な目的でした。ウィックス氏は次のように述べています。「新しいシステムの前は、約53%の回収率が見られていましたが、現在、工場は約61%の回収率の恩恵を受けています。 これは、当社の事業の生産性と収益性が大幅に増加したことを示しています。」

彼は以下のように結論付けています。「ロックウェル・オートメーションとNHPが提供するサポートは非常に優れています。
問題がある場合、彼らは常に私たちがそれらを解決するのを手伝って喜んでいます。このプロジェクトの成功の結果、今日も高品質の製品を提供し続けることができ、何年もの間、非常に競争の激しい市場に参入することができます。」

 

Allen-Bradley, GuardLogix, Guardmaster, PowerFlex, Rockwell Automation, Rockwell Software, およびStudio 5000は、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。