スマートマシンが、安全規格の遵守を容易にして、生産性を向上

課題

  • ユーザが生産性を向上させる最も強力な要素、つまり自分のリアルタイムデータをより効果的に活用することができるようなスマートマシンと装置を開発

ソリューション

結果

  • ユーザは、安全の開発全体を通して、コンプライアンスの管理、文書化、および確認を支援するための単一のツールを持つことができます。

ソリューションの実践

亜龍(ヤロン)株式会社は、中国の国家ハイテク企業として温州市に1983年に設立されました。専用の教育・トレーニング機器のサプライヤとして中国における業界のリーダとして知られており、10,000以上の専門学校、職業学校、大学を含むさまざまな中国の教育機関にサービスを提供しています。

統合されたソリューションだけでなく、さまざまな業界のお客様にコンサルティングサービス、カリキュラム開発、ハイエンドトレーニング、オンライン教育などの人材訓練を提供します。

ヤロン社は、ユーザが生産性を向上させる最も強力な要素、つまりリアルタイムデータをより効果的に活用することができるようなスマートマシンと装置を開発しました。

Compact GuardLogix® 5370セーフティコントローラ

YL1805Bギアボックス組立機などのスマートマシンは、以下を提供します。

  • 実行可能な情報に変換できるリアルタイムデータへの、かつてない程のアクセス性。詳細なデータを記録して分析することで、従業員がよりよい意思決定を行ない、最終的に装置と製造工程を最適化し、さらに運用効率、品質、および出力を向上することができます。
  • EtherNet/IPなどのオープンな標準ネットワークアーキテクチャを介する優れた接続性によって、上流および下流、企業全体でリアルタイムのコラボレーションとデータ共有を実現できます。

スマートマシンはリアルタイムデータを提供

YL1805Bギアボックス組立機は、統合安全システムを備えたスマートマシンの能力を実証します。

FactoryTalk® View SEPanelView™ Plusグラフィックターミナルを利用して、非常停止(E-stop)、ライトカーテン、スキャナ、およびドアスイッチなどの安全システムのリアルタイムステータスを見ることができます。FactoryTalk® Metricsシステムは、機械の性能、安全事象、および安全理由コードを収集して報告します。機械の稼働時間、ギアボックスを1日/1時間で組み立てた数、品質でのOEEを含むパフォーマンスデータを表示します。また、イベントのまとめ(アイドル、フォルト、安全)のダウンタイムレポートや、 毎日の安全の発生レポートを生成することもできます。

スマート・セーフティ・ツールにより法令順守が簡単に

現在、ユーザは、安全開発全体を通じてのコンプライアンスを管理、文書化、および確認を支援する単一のツールスイートを持てるようになりました。ロックウェル・オートメーションの安全ライフサイクルツールキットにより、エンジニアに規格ISO 12100, ISO 13849とANSI B11:0に定義された機械安全ライフサイクル全体を完了できる1つの環境が提供されました。

これらのツールは、1つの環境での機械安全ライフサイクルのステップを通じてエンジニアをガイドし、国際規格への準拠を示す文書を提供します。ユーザは、入力、ロジック、および出力デバイスを含む個々の安全機能のすべての要素を選択することができ、安全遂行レベルの要件が満たされていることを確認するためにSISTEMA (Safety Integrity Software Tool for Evaluation of Machine Applications)計算ファイルを受取ります。

GuardShield™ Micro400セーフティ・ライト・カーテン

ツールキットには、ロックウェル・オートメーションのSafety Automation Builderソフトウェアツールの新しいバージョンが含まれています。これは、他の2つのツール(SolidSafeのRASWinソフトウェアツールと、ロックウェル・オートメーションのConnected Components Accelerator Toolkit (CCAT))と統合されています。RASWinリスク・アセスメント・ソフトウェアが統合されたため、ロックウェル・オートメーションの加入契約をお持ちのユーザは、ツールキット内でリスクアセスメントを実施、機能仕様を定義、および安全システムの検証を完了できます。これによって、文書が徹底され、一貫性があり、プロジェクト間で標準化されるため、コンプライアンスプロセスが簡単になります。

機械安全のリスクアセスメントの結果と安全規格ISO 13849に基づいて、このスマートマシンは統合安全のカテゴリ3/PLdを満たします。さらに、安全ライフサイクルツールキットと安全評価により、エンドユーザは簡単に安全規格を遵守して、コストを削減することができます。

機械安全機能

統合安全ソリューションで人材と生産性を保護するYL1805Bギアボックス組立機には、以下のような追加の機械安全機能があります。

SafeZone™セーフティ・レーザ・スキャナ

440G-LZガード・ロック・セーフティ・スイッチ

Allen-Bradley, FactoryTalk, GuardSield, GuardLogix, Integrated Architecture, PanelView, Rockwell Automation, および SafeZoneは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

EtherNet/IPは、ODVA, Inc.の商標です。Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業に所有されています。

お問い合わせ

当社の仕事は優れた知識とサービスを通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資が生かされるようサポートすることです。