コネクテッドエンタープライズによりウクライナの焼結プラントが改善

コネクテッドエンタープライズが焼結プラントを改善

課題

  • ウクライナの焼結プラントの老朽化した制御インフラでは、最新のデータ駆動型プロセスの進歩を活用できなかった。

ソリューション

結果

ロックウェル・オートメーションの認定システムインテグレータであるアゾフコントロールズによる大型の最新化プログラムによって、金属加工プラントは複数のデータ駆動型プロセスの改善の手がかりを得ました。

最新化は、伝統的に自動化が重要な役割を果たしていなかった産業においても、複数の技術的、複数の技術的、運用上および法律上の利益をもたらすことができます。

その1例が金属加工プラントであり、金属加工プラントは高度に機械化されていることが多く、他の主要産業のような規模で自動化を展開していません。しかし、最新化によって、これらのタイプのサイトは大幅なパフォーマンスの向上を実現すると同時に、エネルギー使用や有害物質の排出に関するさらに強力な法規制にもより効果的に対応できます。

統合された製鉄所は産業とビジネスプロセスの管理の効率を高めるために現代の技術を積極的に使用することができます生産の自動化の古典的な例は、2016年にザポリジャスタリで実施された技術プロセスの可視化および監視の「Enterprise in plain sight」システムです。

ザポリジャスタリ(Zaporizhstal PJSC)は、ウクライナベースのロックウェル・オートメーションの認定システムインテグレータであるアゾフコントロールズ(Azov Controls LLC)に、5番目と6番目の焼結ストランド用の制御システムを交換して構築するだけでなく、新しい中央制御室を設計して移入すること依頼しました。

表示システムは1日24時間稼動し、受信データの処理速度はほんの数秒しかかかりません。これにより、生産プロセス、生産のオンラインモニタ、情報に基づく意思決定、および管理措置の実施に関する最新の情報に24時間アクセスできるようになります。

アゾフコントロールズが行なった作業により、ザポリジャスタリには真に現代的な焼結工場管理室が生まれました。

課題

プロジェクトは巨大でした。 技術的には、工場は6つの連続的に運用される焼結ストランドから構成されています。これらの焼結ストランド用の汚染物質排出制御を提供するために、焼結プロセスで発生した強い粉塵源に対応するためのプロセスガスクリーニングと空気吸引システムを備えています。

このターンキープロジェクトの過程で、アゾフコントロールズはお客様の正確なニーズを詳細に理解してから、これらのニーズ(実施、設置、立上げ、および再建や現地調査を含むその他すべての主要なプロジェクト活動の実施)を満たすシステムを開発する必要がありました。

プロジェクトの規模に加えて、時間ももう1つの大きな要因でした。可能な限り継続的な生産を維持するという観点から、段階的なアプローチを使用して厳しいスケジュールの下で作業を実施する必要がありました。そのため、信じられないほど堅牢な管理が必要です。

すべての制御装置と電気部品を交換する必要がありました。電源と制御回路の供給システムは完全に再構築され、新しいハードウェアコンポーネントが導入されました。

ソリューション

新しい制御システムの頭脳はAllen-Bradley®のControlLogix® L83プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)で、Cisco Industrial 3750および3010イーサネットスイッチと、複数のEtherNet/IPベースのデバイス・レベル・リング(DLR)を使用して、ネットワーク接続された多数のデバイスとセルと通信します。

Allen-BradleyのSmartGuard™ 600セーフティコントローラは、CIPおよびCIP Safety™機能を提供するもう1つのコアコンポーネントです。その一方で、混合ドラムロータにはAllen-BradleyのPowerFlex® 753可変周波数ドライブが使用され、焼結ベルトはAllen-BradleyのPowerFlex DCドライブで制御されています。

ソフトウェアの観点からは、FactoryTalk® View Site EditionがSCADA機能を提供し、既存のグラフィックに基づくHMIと視覚化を構成、開発、およびテストするために使用されるFactoryTalk® View Studioを備えたハードウェアおよびソフトウェア冗長FactoryTalk® ViewサーバがSQL機能を提供します。

新しい中央制御室は、まったく新しい建物内に「ゼロから」構築され、レイアウトはオペレータが行なう作業によって決まります。ワークステーションのローカル管理にはコンソールタイプのモニタが使用され、27インチと55インチの産業用モニタを組み合わせたビデオウォールを使用してFactoryTalkソフトウェアによって提供される情報が表示されます。

この新しいインフラを使用して、ザポリジャスタリの運用スタッフは、温度、圧力、湿度、機械速度、機器の状態などの重要なパラメータを正確かつ明確に監視することができ、同時に起こりうる不具合や問題に関するリアルタイム情報を入手できます。

アゾフコントロールズはロックウェル・オートメーションの認定システムインテグレータとして、ロックウェル・オートメーションのテクノロジによってもたらされる最高の技術ソリューションとカスタマサービスを提供することをお約束します。これらのインテグレータは、ロックウェル・オートメーションのセールスまたは協力関係にある販売代理店と相互に支援関係にあります。

結果

アゾフコントロールズによって実施されたすべての作業の結果、ザポリジャスタリに真に現代的な焼結工場の制御室が生まれました。

この新しい施設により、プラントの運用サービスはすべての工場設備の主要な技術的なパラメータをモニタおよび制御するだけでなく、これらのプロセスの自動管理を実行することができます。

FactoryTalkソフトウェアと連携したAllen-BradleyのPACを配備することにより、リモートモニタが可能になり、非常に正確な生産工程の制御、インテリジェントなエネルギー規制、および優れたプラントの生産性が実現しました。

新しい中央制御室は、まったく新しい建物内に「ゼロから」建てられました。

確かに、アゾフコントロールズのオートメーション&ドライブ部門の責任者であるアレクセイ・チェルニク氏は次のように語っています。「私たちが作成したシステムの機能は、実際には元の参照用語の範囲を超えています。現時点では、システムはまだ活アクティブに発展しています。再構成の次の段階は、バッチ供給コンベアと焼結機No.4の制御システムの最新化です。」

ザポリジャスタリのオートメーションの責任者であるドロノフ氏は、さらに彼の考えを付け加えています。「私たちは提供されたソリューションに非常に満足しており、現在システムからさらに多くの機能と節約を引き出すことを目指しています。私たちは、パイプラインにおいて焼結や高炉の製造に関連する他のいくつかのプロジェクトを持っています。そして、この新しい設備から見ているデータはすでに工場のMES追跡追跡モジュールで使われています。」

Allen-Bradley, ControlLogix, FactoryTalk, LISTEN. THINK. SOLVE., PowerFlex, Rockwell Automation, およびSmartGuardは、Rockwell Automation, Inc.の商標です。

EtherNet/IPおよびCIP Safetyは、ODVA, Inc.の商標です。Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業が所有しています。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。