グローバルなタイヤメーカが生産資産を最新化し、生産性、コンプライアンス、柔軟性を向上

グローバルなタイヤメーカが生産を最新化

課題

  • 大手タイヤメーカは、パフォーマンスのニーズと業界の要求に対応するために生産ソリューションを最新化しようとしている。

ソリューション

結果

  • より速い生産サイクル
  • ダウンタイムの短縮
  • 柔軟性の向上
  • オペレータの操作がより簡単に
  • 新しいタイヤ構造を簡単かつ迅速に開発、プログラム、開始できるように能力が向上

INDAS Techは、製造システム最新の標準にするための新しい機械的およびオートメーションソリューションを監督し配備

最新化は、パフォーマンス、敏捷性、柔軟性、総合設備効率(OEE)、総所有コスト(TCO)、そしてこの現代のデータが豊富な時代に特に重要な接続性に関して、企業に複数の利点をもたらします。また、最新のソリューションによって、立法、安全、陳腐化および互換性を含む主要な懸念に対処することもできるようになります。

このような理由から、多くの企業が、老朽化した旧式のブラックボックスソリューションを、すべての運用パラメータを素早く回収できて投資を迅速に正当化できる、最新のデータ対応の完全統合オートメーションおよび情報システムに置き換えるプログラムに着手しています。

タイヤ業界は、製造技術の合理化とスピードアップの両方を追求しているため、新しいコネクテッドテクノロジと新しいテクニックの急速な普及を見せている分野です。確かに、主要プレイヤーの多くは既存の機能を最新化し拡張するために巨大な投資キャンペーンを行なっています。2018年には、世界の乗用車用および小型商用車用タイヤの需要は約16.3億台に達すると推定されています。TechSci Researchのレポート「Global Tyre Market Forecast & Opportunities, 2022」によると、世界のタイヤ市場は予想される自動車販売台数の増加と自動車の保有車両の拡大により、2022年までに3,190億ドルを超えると予測されています。

製品の多様性、市場拡大、コンプライアンスの課題にも対応しながら、最新の制御ソリューションの機能を活用することを希望していました。そのため、世界最大のタイヤメーカの1社が、ロックウェル・オートメーションのルーマニアの認定システムインテグレータであるINDAS Techに、ルーマニアの工場で第1段階と第2段階のタイヤ製造機械を最新化するよう依頼してきました。また、同社はタイヤサイズの変更や製品の取り扱いのために、非常に高い柔軟性を提供できる自社の生産システムに新しい機能を組み込むことを検討していました。

タイヤ業界は、新しいコネクテッドテクノロジと新しいテクニックの急速な普及を見せている分野です。

課題

INDAS Techは、新しいソリューションを展開するための限られた時間のほかに、動きの速い本番環境に内在する多くの要求に直面しました。機械的な再設計とオートメーションの移行だけではなく、新しい機能の展開に対応して、これらすべてをエンドユーザの多数のお客様からのコンプライアンス要求に結び付ける必要がありました。

このプロジェクトでは、最終的にINDAS Techが電気機器の設計、電気部品の設置と配線のための技術支援、そしてプログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)とHMIのためのアプリケーションソフトウェアの開発を行なうことになります。これに続いて、完全な工場受入れテストと操作マニュアルの配達を実施する前に、製品の有無にかかわらず生産テストを実施しなければなりませんでした。

INDAS Techのオペレーションマネージャであるエイドリアン・ブスルカ氏によると「私たちのお客様は私たちに多くの課題を突きつけました。」課題には以下のようなものがあります。

  • 簡単なパラメータ設定とキャリブレーションを組み合わせた、簡単なレシピ変更を可能にするオペレータインターフェイス
  • 生産性向上のための動作速度の向上
  • 将来の技術的要求に対するソリューションを簡単に導入できるようにするためのモジュール式のソフトウェア
  • 光バリア、近接レーダ、双方向マニュアルコマンド、セーフティストリップを備えた新しいセキュリティソリューション

エンドカスタマは、タイヤサイズの変更と製品の取り扱いに関して、非常に高い柔軟性を提供するであろう新しい機能を自社の生産システムに組み込むことを検討していました。

ソリューション

既存のオートメーションおよび制御ソリューションには、旧式のAllen-Bradley®のSLC™ 500コントローラによってI/Oモジュールから制御されるドラムの位置決めに使用されるACモータとドライブが含まれおり、オペレータインターフェイスは古いAllen-Bradleyの PanelView™ HMIでした。最新のソリューションと比べると、この古いアーキテクチャはプログラミングが簡単ではなく、レシピの変更とパラメータの変更に時間がかかりすぎました。また、生産サイクルは市場標準に対して長すぎるもので、今日の動きの速いダイナミックな市場では受け入れがたいものでした。

新しいソリューションは、INDAS Techによって複数の新しい開発が行なわれました。新しい制御ソリューションは、Allen-BradleyのControlLogix® PAC、新しいPanelView Plus 1000 HMI、Allen-BradleyのPowerFlex® 70可変周波数ドライブ、およびAllen-BradleyのKinetix® 6000サーボドライブによって駆動されるSERCOSネットワーク上のサーボソリューションで構成されています。PACとHMI向けに新しいプログラムが開発され、レベル2のシステムおよびサーバと通信する機能はEtherNet/IP通信インフラによって可能になりました。サードパーティのソリューションには、DeviceNetを介して制御される空圧バルブとサーボ位置制御、およびレーザ刻印システムが含まれています。

これらのスマート制御デバイスの配備によって、デジタルトランスフォーメーションへのゲートウェイを形成するスマートマニュファクチャリング環境が作られます。接続されたスマートデバイスはプロセスに対する新しい可視性の新しい窓を開き、データと分析によってよりよく迅速な意思決定が下せるようになります。このシームレスな接続は新しいコラボレーションを促進します。ロックウェル・オートメーションのコネクテッドエンタープライズは、プラントレベルと企業の基幹ネットワークを統合し、人、プロセス、およびテクノロジをセキュアに接続することによって、これらすべてを可能にします。

結果

ブスルカ氏が結果を説明します。「私たちのお客様は要求されたすべての機能を提供する一連の機械を持てるようになりました。生産性の向上、ダウンタイムの短縮、機械動作の柔軟性の向上が見られるようになりました。さらに重要なことに、新しいタイヤ構造をはるかに簡単かつ迅速に開発、プログラム、開始することができるようになりました。」

彼は次のように結論付けています。「私たちは24年以上にわたってロックウェル・オートメーションと仕事をしてきました。何年にもわたって会社の多くの人々と出会い、複数のプロジェクトをカバーしてきました。これは、私たちがミキサ、押出機ライン、カレンダライン、タイヤ製造機、カレープレスおよびタイヤ試験機を含む多くの重要なラインおよび機械のためのプロジェクトを開発してきたタイヤ業界における15年の経験を補完するものです。これらのようなプロジェクトのすべての要素における当社の機能の組み合わせは、ロックウェル・オートメーションの製品およびテクノロジによるものです。」

INDAS Techは、ロックウェル・オートメーションの認定システムインテグレータとして、ロックウェル・オートメーションのテクノロジでリードする最高の技術ソリューションとカスタマサービスを提供することをお約束します。これらのインテグレータは、ロックウェル・オートメーションのセールスまたは協力している代理店と相互支援関係にあります。

 

Allen-Bradley, ControlLogix, CompactLogix, GuardLogix, Guardmaster, Kinetix, PowerFlex, PanelView Plus, POINT I/O, Rockwell Automation, およびSLCは、 Rockwell Automation, Inc.の商標です。

EtherNet/IPおよびDeviceNetは、ODVA, Inc.の商標です。

Rockwell Automationに属していない商標は、それぞれの企業が所有しています。

お問い合わせ

当社の仕事は優れた知識とサービスを通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資が生かされるようサポートすることです。