クーカは独立型カートテクノロジによる自動車生産をマスタ

独立型カートテクノロジによる生産をマスタ

課題

  • クーカは、柔軟で効率的で費用対効果の高い、業界で標準となっているシステムにかわるものを探していました。

ソリューション

結果

  • 以前のソリューションと比べてシステムパフォーマンスが99%向上
  • 新しいシステムが設置されて以来生産時間を失うことなく、生産速度が向上

クーカ・システムズ・ノースアメリカ合同会社はドイツに本拠を置くクーカ株式会社の関連会社で、自動車、航空宇宙、エネルギー、産業ソリューション分野向けにエンジニアリングサービスと柔軟なオートメーションシステムを世界的に提供しています。

自動車産業におけるクーカの製品ラインナップには、車体の接合および組立に関する製造オートメーション全体が含まれています。

オートメーションのレベルが低い生産設備から柔軟性の高い製造システムまで、個々のサブアセンブリの製造から完全なボディシェルとアドオンパーツの組立まで、クーカは自動および半自動車体生産のマスタであることを誇りにしています。

課題

クーカの主任エンジニアは、自動車製造施設で使用されている標準的なオートメーションシステムを評価しました。そのほとんどは25年経っていて、15年間で大きな改善は見られず、自動車の製造方法を大幅に改善するシステムを構築する機会がありました。クーカは、柔軟で効率的で費用対効果の高い、業界で標準的に使用されているものにかわるものを探していました。

ソリューション

標準的な自動車の車体組立ラインに対するクーカの回答は、PULSEキャリア・コンベア・システムでした。効率的で費用対効果の高いPULSEシステムは、接合と他の機能が実行されるときに組立ラインに沿ってロボット・ワーク・ステーションを介してボディセクションを移動します。

PULSEシステムを設計している間、クーカは多くの異なる搬送オプションを探りました。いくつかのソリューションは従来の摩擦ベースの動力伝達装置で、現在の業界標準を超えるいくつかの利点を有していましたが、単に既存の技術に対する漸進的な改良でしかありませんでした。

クーカは自動車製造に大幅な変化をもたらし、従来のシステムを超える大きなメリットをもたらすシステムを開発したいと考えていました。クーカのエンジニアは真にゲームを変える技術を開発したいと考えていました。

MagneMotionのQuickStick HT独立型カートテクノロジを見つけたクーカのPULSE部門のディレクタであるケビン・ローレンス氏は次のように述べています「初めて、私たちがビルディングブロックとして使用できる製品を見つけました。私たちが見た他のすべての製品は必要なパワーを持っていなかったか、または高価すぎたり柔軟性が十分ではありませんでした。」

これらの代替製品は、1年足らずでプロジェクトを完成させる必要がある自動車業界にとっては現実的な選択肢ではありませんでした。QuickStick HTの本質的に持っている使いやすさと柔軟性により、クーカはニーズとタイムフレームに合わせてソリューションを簡単に構成できました。

PULSE設計が進化するにつれ、QuickStickのメリットがより明白になりました。クーカは元の設計にさらにモータを追加することを選択し、システムの有効な推力を高めました。

より速い速度は、ロボットなどの他のプロセス装置の効率を高め、その結果、より少ないプロセスステーションの必要性が生じました。QuickStickの柔軟性によって、クーカは真に費用効率に優れたシステムを作り上げることができました。                                                     

ローレンス氏は次のように述べています。「QuickStickによって、クーカはすべての測定基準を向上させる革新的で完全なソリューションをお客様に提供することができました。それは2倍の速さで、部品数は十分の一に、外部位置決め装置はゼロ、使用する電力はより少なく、より優れたMTBFでありながら、MTTRを大幅に低くし、より柔軟になっています。これらは私たちのお客様が私たちを判断する主な項目であり、私たちはどんなカウントでもでホームランを打てるようになりました。」

結果

QuickStickの高度な搬送技術により、クーカは自動車業界に画期的なターンキーソリューションを提供しました。

クーカの最初のPULSEシステムは、2015年5月に設置されました。このお客様は施設で使用していた既存の電動モノレールシステムと比べて、システム性能が99%向上しました。

生産速度が向上し、システムが設置されてから生産時間が失われることはありません。

2016年2月に、クーカはジャガーランドローバーとヨーロッパの新しい施設にPULSEを設置するための名誉ある契約を締結しました。

将来のビジョンについて尋ねられたとき、ローレンス氏は次のように述べています。
「私はMagneMotionのQuickStickテクノロジを採用したKUKA PULSEが、最終的にすべての自動車ボディショップを稼動するものと信じています。

従来の装置に比べてPULSEが与えるメリットは驚異的です。私の意見ですが、製造現場でロボットが受け入れられて以来の、自動車製造における大きな飛躍的進歩ではないでしょうか。」

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。