アーカンソー・スチール社が製造分析でプロセスを改善

課題

  • 鉄道の軌道用品企業では手作業でデータ収集と分析を行なっていたため、作業負荷を最小限に抑えプロセスの改善する能力に限界がありました。

ソリューション

  • 製造分析 – FactoryTalk VantagePoint EMIソフトウェアは、ユーザニーズに基づいてレポート作成とダッシュボードを自動的に提供
  • ソリューションは、トレンディングとリアルタイムデータへのアクセスを通じてオペレーションがプロセスを把握することに役立つ
  • 統合された制御と情報 – ControlLogixコントローラは、多様なソースからのデータを収集してレポート報告するために情報ソリューションとシームレスに接続

結果

  • ワークフォース活用の改善 – 年間数千時間の手作業によるデータ収集と報告を回避
  • 継続的な改善が実現 – 歩留まりを86%の低さから、89~90%に向上
  • お客様のレシピからの偏差の削減
  • 稼働時間の向上 – 鋳造エリアでのオペレータからの再加熱要求の減少

鉄道の軌道用品企業は制御と製造分析を統合して、プロセス改善を達成

アーカンソー・スチール社は鉄道のタイプレート(レールと枕木間に敷く鉄板)の主要製造メーカで、歩留まりを向上して、お客様固有のレシピによりよく応える必要がありました。

しかし、手作業によるデータの収集とレポート報告は、プロセス改善の能力を低下させ、人的ミスを起こしがちでした。ロックウェル・オートメーションのFactoryTalk VantagePoint EMIソフトウェアを導入することで、アーカンソー・スチール社はデータの収集とレポート作成を自動化しました。

生産性ツールは、ソフトウェアの製造分析機能のおかげで継続的な改善プラットフォームに成長しました。ソフトウェアは歩留まりを少なくとも3%向上させるのに役立ちました。詳しくは上記のビデオをご覧ください。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。