スマートマニュファクチャリング:ミレニアム世代の機械

スマートマニュファクチャリング:ミレニアル世代の機械

私たちの親世代の機械はもはや過去のものです。

ほんの一世代前には、どの工場でも作業員やマネージャが自らの良心を頼りに、不十分な情報のみに基づいてほぼすべての意思決定を下していました。生産ノルマの達成を絶えず追求するなか、機器やプロセスを手作業で微調整することも日常茶飯事でした。知力といえば人間の頭脳を結集するしかありませんでした。しかし、その後わずか数年間で、目を見張るような変化が起きています。

その要因こそがスマートマニュファクチャリングです。これは接続された機械同士が相互に、また企業の基幹システムとの間で通信を行なう製造形態であり、製品の設計や製造、出荷、販売のあり方を一変させています。企業の知能は今や人間と機械の双方から動員され、結果としてパフォーマンスが飛躍的に向上しています。

  • 各機器が自ら自動調整を行ない、稼働時間および品質、エネルギー使用、安全性を向上します。
  • 実行時間に遅れがあったり予想外に短く済んだ場合にも、機械同士が同期をとることで生産量を一定に維持します。
  • 幹部陣はリアルタイムの洞察を活用し、生産や顧客満足、資産管理、業務の安全・セキュリティ、保守、物流などに関して一歩先を見据えた意思決定を実現します。

スマートマニュファクチャリングを実践している企業は、迅速に事業改革を果たし、新たな市場シェアを獲得できます。スマートマニュファクチャリングやモノのインターネット(IoT)に対し静観の姿勢を取り続けている製造メーカ幹部の方々は、2015年にはすでに49億の「モノ」が接続されていたという事実に目を向ける必要があります。これは2014年に対し30%増という急速な変化であり、その合計数は2020年までに250億に達すると見込まれています。

その辺りの事情に通じた経営陣は、さまざまな製品および施設、サプライチェーン全体におけるスマートマニュファクチャリングの導入に向け、すでに奔走しています。彼らはオートメーションと運転データ資本、ビジネス分析を画期的な方法で組み合わせ、サステナブルな競争力を生み出しています。

後れをとってはなりません。今すぐ計画を立て、独自のスマートマニュファクチャリング革命に向けて動き出しましょう。

  • プロセスや製品、カスタマサービスの向上に向け、スマートマニュファクチャリングをどのように活用するか。
  • IoTに対応するどのようなデータを活用すれば業務の収益性を高められるか。
  • 新製品やサービス、追跡、文書化に対するお客様の需要に遅れずに対応するため、近い将来必要となる業務関連の洞察をいつ取得するか。
  • 情報技術および業務管理という観点からの、スマートマニュファクチャリングのモデル構築と実装を誰が担当するか。
  • スマートマニュファクチャリングは組織に何をもたらしうるか(例えば新製品、新規市場など)。また、そのプロセスに必要な資金をどのように調達するか。
  • いざ実行に移すことを思いとどまらせているのは何か。

コネクテッドエンタープライズの詳細情報を表示する

Beth Parkinson
投稿日 2015-10-12 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。