サプライチェーンとの連動を図るなら、今すぐコネクテッドエンタープライズで

IoTでサプライチェーンとの連動を図る

何百もあるプロセスを連動させて質の高い製品を生産し期限通りに納入、収益を上げることは1つの施設内でも大変です。それを次々と変化するお客様の要求に合わせて、あるいは世界中にひろがるサプライチェーンで実現することはもっと大変です。

しかし、これに対処する方法があります。

コネクテッドエンタープライズを導入すれば、モノのインターネット(IoT)と組み込まれたインテリジェンスのおかげでプロセスとプロセスが連動するため、サプライチェーンも端から端まで連動させることができます。

その結果、パフォーマンスと収益性の向上につながります。

  • 品質:廃棄や補修作業の必要性、低品質の製品納入などの問題がほぼゼロとなります。それは、サプライヤまたは社内の工程で品質パラメータからはずれているものがないかをIoTがリアルタイムでモニタするためです。
  • 速度:製品が合理化された生産工程を流れていき、在庫の回転が速くなります。生産中の製品ひとつひとつをIoTが検証ポイントでモニタするためです。その結果、引継ぎが効率的に行なわれ、速度低下の要因が取り除かれます(規制で定められている生産活動の報告要件と規制遵守プロセスの合理化要件も満たします)。
  • コスト:在庫や時間、労働力に余裕をもたせておけば期限通り納入できますが、それでは収益性が低下します。IoTなら作業命令管理のトラッキングやERP注文の確定・調整が可能です。また、プラント長は情報に基づき労働力と生産能力に関する決定を下せるようになります。
  • ムダの撤廃:1980年代に提唱された8つのムダは今日もなお、品質や速度、コストに影響を与える因子としてよく知られています。IoTでは生産データを収集、評価することによって、ムダの撤廃に向けたベンチマークが確立されます。組織をはじめそのサプライヤはこのベンチマークを基準にムダの撤廃に取り組むことができます。
  • イノベーション:世界トップクラスのメーカは、お客様が何を求めているかを理解したうえで価値の高い商品を開発します。そして、新製品開発プロセスではムダ撤廃を念頭に置き、設計と生産、お客様の間に立ちはだかる障壁を取り除きます。また、生産工程から人材開発、材料、技術などにいたるまでイノベーション(革新)を広義に捉えています。IoTではIT/OTインフラ基盤のコラボレーションがセキュアに行なわれるため、イノベーションが促進されます。

ロックウェル・オートメーション自身もコネクテッドエンタープライズを導入し、その際、サプライヤやお客様、装置メーカの各社にも導入をお願いしました。コネクテッドエンタープライズは、外部の動向や慣行、事象を視覚化しそれに対応できてはじめて本当にコネクテッド(連動している)だといえるからです。応答性と生産性に優れた組織をつくることは社内だけなら簡単ですが、それでは、サプライヤの問題やお客様の注文変更、市場の事象(悪天候や商品不足など)といった外部要因を予測し管理し切ることができません。そうすれば、改善の機会が限られてしまいます。

コネクテッドエンタープライズの導入を決意したロックウェル・オートメーションは、5年計画を策定。その際、前例のないようなビジネスパートナ間のコラボレーションと視覚化を目標に、当社施設とサプライヤネットワークの再編も計画に組込みました。

このとき、ロックウェル・オートメーションは、サプライチェーンの各拠点をつなぐ(プラントフロアや事業所など)、新技術を導入してサプライチェーン管理力を強化する、IoTから提供される情報を使用して新規サプライヤを評価、開拓するなどという項目に取り組みました。これを受けてサプライヤはジャスト・イン・タイム生産スケジュールにリアルタイムでアクセスできるようになり、納期通りに納入いただけるようになりました。お客様には、製品の陳腐化や損傷を最小限に抑える方法、生産能力の空きやコスト改善の機会を有効活用する方法、次世代製品をまとめて調べる方法などを確認いただくことができました。

またコネクテッドエンタープライズでは、リモートアクセスやインスタントメッセージ、ビデオチャット、ファイル共有など最新のコラボレーションツールをIT/OTインフラ基盤で活用することができます。そのため、サプライチェーン全体で意思決定力が向上するほか、リアルタイムで情報を共有することもできます。

サプライチェーンとの連動を目指すなら、コネクテッドエンタープライズをご検討ください。デジタルならではの高い効率性で収益向上が実現します。

[1]トヨタが定義した7つのムダ(つくりすぎのムダ、運搬のムダ、手待ちのムダ、加工そのもののムダ、在庫のムダ、動作のムダ、不良をつくるムダ)に、もう1つ(人材のムダ)加えたもの。

Beth Parkinson
投稿日 2015-12-14 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。