テクノロジを使用してオペレーション、企業、サプライチェーンをセキュアにリンク

テクノロジを使用してオペレーションと企業をリンク

コネクテッドエンタープライズを収益性のために活用する能力は、組織の幅を広げて劇的に拡大します。リーダは、古い(つまり、償却された)資産の最適化と、これらの老化した技術がもはや安全ではなく、以前と同じ信頼性を持つリスクとのバランスをとらなければならないため、さらに複雑になります。

ロックウェル・オートメーションは何年も前にこれらの問題に直面して、独自のコネクテッドエンタープライズを開発しました。その鍵は何でしょう? それは、コネクテッドエンタープライズ実現への道のりであり、将来の追加の変更に資金を提供する増分リターンを提供するものを覚えておいてください。

最初にコネクテッドエンタープライズが欲しい理由を聞くことから始めましょう。組織全体の役員は、すべての役割と機能において、その質問を議論して、その後に戦略を策定する必要があります。

計画では、パフォーマンス目標(例: 品質、速度、コスト、生産性、収益性など)と、これらの目的を達成するために必要な新しいビジネスインテリジェンス(例: 日常的な意思決定のためのデータ、継続的な改善活動、および設備とプラントネットワークの計画)を定義する必要があります。

あなたの会社は、企業やサプライチェーン全体からデータを引き出すために必要なものを持っていますか?

準備のために現行の情報技術(IT)と運用技術(OT)インフラを評価してください(情報基盤(ハードウェアとソフトウェア)、データを送受信する制御とデバイス(センサ、アクチュエータ、モータ制御、スイッチなど)、およびこの情報のすべてを移動するIT/OTネットワーク)。

準備のために現行の情報技術(IT)と運用技術(OT)インフラを評価してください(情報基盤(ハードウェアとソフトウェア)、データを送受信する制御とデバイス(センサ、アクチュエータ、モータ制御、スイッチなど)、およびこの情報のすべてを移動するIT/OTネットワーク)。

「準備」とは、単に技術的な能力以上のものを意味します。 多くのマシンとシステムは数十年前のことであり、発生するのを待っているセキュリティ侵害を表しています。

既存の資産の自動化規格(例: ISO, IEEE, IEC, ISA)との互換性だけではなく、デジタルの脆弱性も特定します。

準備評価では、セキュリティやビジネスリスクを直ちに引き起こす問題が明らかになります。 直ちにそれらを修正し、さまざまなギャップや弱点によって引き起こされるリスクに基づいて他のアップグレードに優先順位を付けます。

数多くのさまざまな旧式の制御とネットワークを見つける可能性が高く、製造メーカの50%は、マシン間の通信に対応するためにネットワークインフラに大幅なアップグレードやネットワークのオーバーホールが必要であると報告しています。そして、49%はマシンと企業間の通信にも同じことが言えると報告しています。

組織がコネクテッドエンタープライズを着実に構築するにつれて、アジャイル(機敏)なIT/OTバックボーンはプラントフロアから企業のビジネスシステムにセキュアな情報を提供し始めます。すべての投資は、新たな洞察、業績向上、収益の向上につながります。また、各投資は次の資金供給に役立ち、コネクテッドエンタープライズを年々強化しています。

いつあなたの会社を繋ぎますか?

Beth Parkinson
投稿日 2016-11-21 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。