水道施設における品質ベースの選択からデザインビルド(設計構築)まで

水道事業のデザインビルドの選択

インターネットベースの技術の急増は、業界に大きな影響を与えており、水道事業も例外ではありません。しかし、公益事業はモノのインターネット(IoT)の恩恵を大きく受ける一方で、現在の調達慣行は将来の改善の機会とコスト削減を制限する可能性があります。

歴史的に、地方自治体の水道事業者は、公開入札プロセスを通じてプロジェクトごとに制御システムと機器を調達してきました。自治体または設計、調達、建設(EPC)企業は、プロジェクト仕様のセットを生成し、最低コストの有資格入札者が一般的にプロジェクトを保護します。

DBB (Design-Bid-Build: 設計・施工分離方式)と呼ばれるこの方法は、現在のニーズと初期資本設備投資にフォーカスしています。表面的には、はっきりと見えます。

ただし、水道システムの20年以上のライフサイクルにわたって繰り返されるこの方法では、異なる制御システムのパッチワークが発生する可能性があります。1つの制御プラットフォームが1年で、さらに2年後に最高の価格帯を提供する場合があります。

結果として生じる統合の課題は、多くの場合、システム情報へのアクセスの侵害、サイバーセキュリティの問題、およびシステムを簡単に拡張または拡張できないことをもたらします。

より良い方法があります。

自治体は、多くの産業のロードに従って、品質ベースの選択(QBS)アプローチをますます調達に取り入れるようになってきています。

QBSモデルは、事前の資本コストだけでなく、競合するソリューションの長期的なライフサイクルコストと全体的なサステナビリティ(持続可能性)に焦点を当てた事前選択調達システムです多くのユーティリティが採用しているDB (デザインビルド)方式と呼ばれるプロセスをサポートしています。

このプロセスは、サプライヤの技術ポートフォリオと専門知識、ソリューション提供方法、ローカル・サービス・モデル、そしてもちろん価格設定を含む、定義済みで重みを付けられた包括的な基準に基づいたソリューションを評価します。

QBS方法論に基づいたデザインビルド方式の調達プロセスは、当面のニーズを満たし、将来の技術の方向性を設定します。テクノロジアプローチへの取り組みにより、水道事業者は移行パスをより確実に確保し、統合とセキュリティの問題を最小限に抑えることができます。

デザイン・ビルド・モデルで提供されるロックウェル・オートメーションのソリューションは、水道事業者が保守性と所有コストを削減するために構築された、セキュアでシームレスに統合されたソリューションを実現するのに役立ちます。このお客様が達成した結果をご覧ください。

ロックウェル・オートメーションが、水道事業者が今後数年間インターネットおよび新興技術の力を活用するように設計された制御インフラを作成するのにどのようにお役立にたてるか、こちらでご覧ください

Thomas Schaefer
投稿日 2014-11-18 投稿者 Thomas Schaefer, Industry Sales Manager, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。