自動車メーカ: スマートバリューの実現

自動車メーカ: スマートバリューの実現

競争上の優位性を獲得するために、自動車ティアサプライヤは接続されたスマートな製造インフラを構築中です。また、このコネクテッドエンタープライズの基盤として機能するデータ指向型の機械を必要としています。

材質系統管理機能を組立て機器の標準として指定しているサプライヤが増えています。一方、リモート接続の要件を増やしているサプライヤもいます。

また、いまだに、緊密に統合された機械とプロセスラインに対するアグレッシブなタクトタイムをますます強めているサプライヤもいます。

しかしながら、これらはほんの数例にすぎません。

どのようなアプリケーションであれ、ティアサプライヤでは情報処理機能と業界に不可欠な機能の両方を搭載した機器の要求が高まっています。

機械メーカは言うまでもなく、常に困難な仕様に直面してきました。

しかしながら、多くの場合、提案依頼(RFP)にある要件に対処するだけでは、お客様のニーズを真に理解し、応えることまでにしか行きつけません。

しかし、RFPに限定された理念は、機械メーカが差別化を生み出す機会を最小限に抑え、革新的な思考とよりスマートな技術の採用を妨げる可能性があります。

従って、自動車メーカとして、このパラダイムをどのように変えますか? それには考慮すべき課題が2つあります。

1. お客様の提案依頼の向うにある本当の要件とは何か?

お客様は、真のニーズを明確に述べることが難しい場合があります。

通常の機器の提案依頼(RFP)が完全であるように思えても、よく見てみると大抵、実際のビジネス目的に関する情報が制限されていることがわかります。

各ティアサプライヤは個別の課題を抱えていますが、ほとんどはこのような目的を共有し、以下のような機器を必要としています。

  • 稼動効率を最適化する
  • 安全リスクを緩和する
  • 他のシステムと簡単に統合できる
  • データアクセスと分析を強化する

この「隠された課題」の文脈内でRFPにアプローチすればするほど、この分野でのエキスパートとしてのよりよい位置に身を置くことができます。

また、指定された要件を超えて価値を広げることができるスマートな革新的ソリューションに焦点を当てたパートナとしての地位につくことができます。

業務をスマートに: スマートマシンおよびスマート機器開発における検討ポイント(eBook PDF)

2. 自社内部での現状の打開に挑戦しているか?

ティアサプライヤの期待に応えるのは、自社内部での現状の打開に挑戦することから始まるのがわかるでしょう。

技術は急速に進歩しています。それと同時に、機械メーカは既存の設計から最大限の価値を得るよう努力するとともに、新たな革新技術を慎重に採用する必要があります。

しかしながら、お客様は新しい技術を革新技術と差別化を実現するのに十分な早さで組み込んでいますか?

この質問に答えられるのはお客様だけであり、お客様自身の能力の内部評価はよい出発点になります。

ネットワークアーキテクチャ、制御プラットフォーム、組込みインテリジェンスやその他の技術の使用に関してお客様自身が行なった設計上の決定をよく検討してください。

アーキテクチャは異種のシステムへの接続性をサポートしていますか?

制御システムは、専用のマシン制御からライン監視アプリケーションにいたるまでの拡張性を持っていますか? 機器が情報処理能力を持てるように設計していますか?

スマートマシンは必ずしも高価な機械を意味するものではありません。

また、よりスマートな技術の実現は、段階的に、またはパイロットプログラムによって行なうことができます。

スマートマシンの開発への最初のステップを踏み出せば、工場現場の設計効率の向上からお客様のプラントでの機器の診断およびメンテナンスの改善に至るまでで、すぐに利益を生み出します。

前もって小さな設備投資を行ない、その投資からもたらされた価値を使用して次のプロジェクトの資金とします。

スマートマシンおよび機器の開発のための鍵となる考慮事項については、このeBook (PDF)をご覧ください。

Tom Mott
投稿日 2017-07-10 投稿者 Tom Mott, Business Development Manager, Automotive Tier, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。