産業セキュリティのホラーストーリーにはハッピーエンドが必要

サイバーセキュリティのホラーストーリーにはハッピーエンドが必要

ストーリーを語るとき、またはこの場合はブログを書くとき、シーンを設定することは常に良いことです。あなたが読者に言っていることは、読者が正しい文脈に沿って理解するという考えです。

あなたが重工業の産業プラントにいると想像してください。ネットワークインフラを評価して、セキュリティの欠陥をチェックしているとします。評価中に、イーサネット接続が3つあるサーバに気付きました。2つしかないことを確信して、会社に「この3つ目は何ですか?」と尋ねました。

彼らの応答は、「それはERPシステムへの接続です」でした。少し困惑して、「ERPシステムはITネットワーク上にありますよね? そして、ITネットワークにはインターネットアクセスがありますか? 重要なOTシステムはインターネットに接続されていますか?」と尋ねます。質問は終わりません。

ここで問題を見つけていただければ幸いです。オープンなアクセス可能なネットワークや適切に構成されていないアーキテクチャにより、企業は偶発的および悪意のある無数の問題にさらされたままになる可能性があります。人目をひくマルウェア攻撃が人々、企業、さらにはユーティリティプロバイダに与える影響を調べるだけで、これが大きな問題であることがわかります。

接続性は成功に不可欠です。企業は、生の生産データにアクセスし、それを有用な情報に変換して意思決定を促進できるようにする必要があります。そして、これを行なうには、運用をよりよく理解し、ワークフローを実施し、資産の活用を最適化し、コラボレーションを改善するのに役立つスマートテクノロジが必要です。

このすべてをコネクテッドエンタープライズで実行できますが、まず、ビジネスを構成する資産、人、情報を接続するための最新のセキュアで信頼性の高い情報インフラが必要です。ネットワークの設計が不十分または安全ではないと、これらの運用上の利点はすべて、単純なローテクのマルウェア攻撃やデータ侵害でもクラッシュする可能性があります。

堅牢でセキュアなOTネットワークに結合されたスマートな産業デバイスは、従来のITマネージャのコンフォートゾーンの分野に入らないことがあるため、OTとITの両方の経験を提供できるベンダーを検討する必要があります。ITの経験は豊富にあり、OTの知識はかなり少なく、両方の経験を持つ場合はさらに少ないため、非常に客観的な決定を下す必要があります。

さて、別の工場に行きましょう。プラントマネージャは工場が安全であると言います。Wi-FiもUSBもありません。有線ネットワークは内部にのみあり、インターネットに接続できません。このような場合、インターネットからパッチを取得する必要がある場合はどうなりますか?どうやって外の世界と関係なくそれをすることができるのでしょうか?メンテナンス技術者は携帯電話を取り出し、ホットスポットを開いてPCを接続し、4Gネットワークを介してファイルをダウンロードします。

問題は、人々が過ちを犯すことであり、彼らはしばしば彼らの生活を楽にする方法を探しています。

大多数のシナリオでは、彼らは自分たちの行動で何気なく間違いを犯します。しかし、最も単純なショートカットでさえ、広範囲に及ぶ結果をもたらす可能性があり、それはしばしば覆されない単純なものです。これらの問題に対処するのに役立つのは、セキュリティとネットワークの設計に対する全体的なアプローチと、ネットワークの使用の是非を説明する大々的な教育への取り組みのみです。

私はこれをあなたを笑顔にし、あなたの足元に春をもたらすような素敵なブログにしたかったのですが、ときにはメッセージを共有するには真面目な話が最良の方法となります。ネットワーク設計や、ソフトウェアを「修正」するための興味深い方法を常に見つけている現場のチームの独創性について考えてもらうことができましたら、私の仕事は部分的に完了しています。

これに続く作業は確かに簡単なことではありませんが、適切なチームが参加していれば、3~5年のネットワークアップグレードプロジェクトをわずか18か月の努力に変えることができます。信じてください。私たちはそれをやりとげました!

Vladimir Obrazcov
投稿日 2018-11-30 投稿者 Vladimir Obrazcov , Service Delivery Director, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。