機械装置メーカは新しいテクノロジを採用するのが遅すぎませんか?

新しいテクノロジを採用するための正しいペースとは?

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の最近の調査「Sprinting to Value in Industry 4.0」によると、製造革命を約束する新しいデジタル産業技術の採用の競争について興味深い評価があります。

十分に計画されたプログラムでスプリントのシリーズとして採用を管理することは理にかなっています。 私はこの調査のIndustryWeekの回答にも同じように興味を持っていました。

前提: 製造メーカはデジタル技術の潜在的な価値を認識していますが、一部(特に米国をあげている)はそのアプローチゆえにその価値を失いつつあります。私は調査の所見にまったく異なる見解を持っています。

「正しい」アプローチはありますか?

はい。実際には技術で不均一な導入や実装と見なされているのは、私の目では正しいアプローチに見えます。成熟度と投資収益率がすべての技術で統一されていないため、技術の採用は均一ではありません。

いずれの企業も新技術を「オールオアナッシング」の命題として採用することができるか、採用すべきであるとしても、ごくわずかです。 それは採用を推進する企業の優先事項の問題です。

デジタル産業技術の場合、最優先事項は接続性です。つまり、企業全体の資産を接続することです。これは、クラウドとビッグデータの価値を実現するための第一歩です。

次に、BCG調査で確認されているように、次の優先順位はサイバーセキュリティです。クラウドを介して共有された情報が外部からの脅威から安全であることを確認するのに役立ちます。この2つの優先事項の後、調査回答者は、付加製造、先進的なロボット技術、拡張現実感の実装レベルが低いことを示しています。

これには意味があります。ガートナのハイプサイクルのようなこのアプローチは、ほとんどの製造メーカが新しい技術を実装する方法です。ハイプサイクルは、ブレークスルーから生産性の横ばい(または主流の採用)までの5つの段階で、技術の成熟、採用および適用を表します。

障害と解決: IndustryWeekは、障害は明らかであるが解決は難しいと述べましたが、私はそれには同意しません。スマートな組織は、予算の最小化に最大のインパクトを与え、投資ごとに最大の利益を得るためのソリューションを探しています。ありがたいことに、製造メーカは、デジタル産業技術のすべてを実装してその価値を実現する必要はありません。

これがコネクテッドエンタープライズのコンセプトです。これは、最大のROIを目標とする、または目標を絞った投資で最大の利益を達成するための目的別アプローチです。

ここでは、開発ライフサイクル:視覚化の後に意図的な実装がどのように続くかを説明します。少し前に、私たちはワークステーションを固定しました。 現在、タブレットや携帯電話、そしてセキュリティ環境でのモビリティとコラボレーションに取り組んでいるFactoryTalk TeamONEなどのアプリを通じてモビリティを実現しています。

地平線に

私たちは、すでに拡張現実感などを処理するために技術がどのように進化してきたか見ています。その変化により、企業は従業員の教育と訓練からメンテナンス、製造フロア全体の設計と設置面積にいたるまでのすべてを処理する必要があります。

また、これらの製品が開発されるにつれて、デジタル産業技術を製造プロセスに組み込み、より高い接続性とセキュリティを実現している企業は、次の段階の技術を採用して生産性を向上させることができます。

BCGの調査は、私たちのアプローチ(つまりお客様が実装することを支援するアプローチ)は、論理的、思慮深く、価値観に基づいて、効果的であることを強調しています。

Dave Vasko
投稿日 2017-01-16 投稿者 Dave Vasko, Director of Advanced Technology, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。