新たな視覚化テクノロジ: スマートな産業がよりスマートでより安全なワークフォースを作り出す方法とは

視覚化テクノロジによってより安全なプロセスで運用可能

生産に関与する従業員をデジタル化できますか? これは、あなたが思うほど突飛なことではありません。

視覚化テクノロジ(複合現実、拡張現実および仮想現実)は、労働者の能力を強化して、より安全でより生産的なプロセスを作り出す上で役立ちます。

複合現実テクノロジ

あなたの組織全体の知識を特定の生産問題に適用したと考えてみてください。例えば、メンテナンスエンジニアは複合現実デバイスを身に付けて、生産量が多いラインでの機械停止を検証することができます。

この装置が止まっていると、1秒ごとに数百ドルの損失が出ます。今までなら、エンジニアは問題をひとりで解決する以外ありませんでした。それも長い時間を掛けて。

しかし現在では、機器製造メーカのインテリジェンスをエンジニアのデバイスに直接ストリーミングすることができ、他の工場のメンテナンススタッフが診断を手伝うことさえできます。

彼らは協力して機械を調べ、追加情報を収集し、問題の根本原因を特定します。そして、数日ではなく数分で、修理のための解決策を提言します。

複合現実のデバイスは、最前線の従業員が複雑な製品を安全に組み立てるのをサポートすることもできます。作業マニュアルのページをめくるかわりに、従業員は作業を行ないながら、デバイスを使ってリアルタイムの生産データと、必要に応じて安全な組立手順(例えば、手順の順番、正しいコンポーネント、コンポーネントの順番、配置など)を確認することができます。

仮想現実テクノロジ

仮想現実(VR)は、21世紀の安全に欠くことのできないもうひとつの構成要素です。これはなぜでしょうか? 多くの作業は、従業員がまったく安全に仕事内容を習得するのは不可能です。

しかしVRを使えば、作業者は生産タスクをデジタル環境で練習することができ、需要の増加、ライン速度の高速化、品質低下、機械の故障、危険な状況など、潜在的な問題を安全に管理する方法を学習できます。

VRは、ロボット工学のイニシアチブには不可欠です。これにより、過酷な生産環境(例えば、高温、過剰な騒音、危険物質やガスなど)から安全な距離をとって、専門家が視覚化ディスプレイを介してロボットを制御できるようになります。

また、VRの収益可能性も同様に有望です。機械メーカはVRを通して世界中の装置の設置ベースを積極的にモニタすることができます。装置、さらには生産プロセス全体の完全なデジタル複製を見ることができます。

これによって、ダウンタイムの発生を緩和し、事故を迅速に解決することができます(例えば、複合現実を使ってメンテナンススタッフと接続)。

機械からのリアルタイムのデータを分析することで、彼らはお客様にメンテナンス要件、保証の更新、部品やコンポーネントの交換時期などを警告することができます。これが新たなサービス収益および利益を生み出します。

その一方で、お客様の稼働時間は向上し、パフォーマンスは最適化され、メンテナンス対応は迅速化します。

視覚化テクノロジおよびリアルタイム生産情報は、機械メーカと同様にお客様に競争上の優位性を提供します。あなたは製造業の未来への準備ができていますか?

Beth Parkinson
投稿日 2018-07-23 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。