成功への5つのステップ: DCSの最新化

成功への5つのステップ: DCSの最新化

良い知らせがあります。ご使用の分散制御システム(DCS)の寿命が尽きかけていると考えているのは、お客様だけではありません。現在、世界でDCSの設置ベースで寿命が尽きかけているDCSは、合計で約650億ドルに達します。これらのシステムの大半は25年以上であり、緊急に更新する必要があります。

どうして、そんなにたくさんの旧式のシステムが更新されずに残っているのでしょうか? 期待されるほどではないとしても、多くのDCSが今なおプラントを稼働しつづけているという純然たる事実があります。企業は、しばしば、最新のシステムに移行するという明らかなリスクをとるよりも、旧式のシステムがもたらす大きな苦痛と共存することを選びます。

さあ、現実に直面しましょう。オートメーションプロジェクトは、管理するのに困難なものであり、財務的に正当化するのが困難なものでもあります。それにもかかわらず、当社は、既存システムの欠点に基づいて最新化のケースを首尾よく成功させた企業と日々、協業しています。

DCSを交換する理由は、故障率の増加、仕様外の製品の高い発生、増大するメンテナンス費用、旧式なDCSの専門知識の欠乏、容量の限界、最新のシステムとインターフェイスできないことなどです。

他方では、多くの企業は、DCSの最新化が重要なプロセス改善と技術革新のための稀有なチャンスであることを認識するようにもなりました。

DCSの移行戦略&プロジェクトの実現については、白書をご覧ください。

どのような移行計画か?

旧式の制御プラットフォームを最新式のDCSに変換するのは恐らく複雑で、「どんな場合でもうまくいく」試みでもありません。リスクを削減し、長期にわたってコストを分散するために、多くの企業は移行のために段階的なアプローチを選択します。一方では、「まるごと交換する」変換戦略が他の企業にとっては適しています。

つまり、最新化プロジェクトはそれぞれが固有のものです。しかも、最新化プロジェクトが最も成果をあげられるようにするには、適切な計画を必要とします。

成功にいたるステップ

それでは、お客様の変換戦略と実装戦略を開発するための一番良い方法は何でしょうか?何百という会社と連携した経験に基づくと、最新化が成功するための5つのベストプラクティスがあります。

1. 早期計画。成功する最新化プロジェクトは、詳細なエンジニアリングよりも前に、旧式のシステムを前もって、包括的に評価することで始まります。フロントエンドの初期の目標は、ビジネス目標とオートメーションの結果の整合、推奨オプションの決定、資金調達、導入する範囲、コスト、スケジュールの策定などです。

これらの活動を通して、プロジェクトの正当性を確立し、定義し、すべての利害関係者との整合性をとります。導入範囲を定義するための最もコスト効率の良い時期は、開始時です。プラントのどのエリアを含むか、どのインターフェイスを適用するかのような基本的な決定事項に後になって立ち戻る場合、コストが非常に大きくなります。

2. 専門家の招聘。非常に困難なアプリケーションの課題に直面したときに誰を呼べばいいかについて、恐らくお客様はすでに分かっていらっしゃるかと思います。それはシステムインテグレータ、またはオートメーションサプライヤかもしれません。サポートのこの同じネットワークが、変換プロセスを通して重要な支援も提供します。結果として、必要に応じて専門家を呼ぶことが時間とお金の両方を節約します。

3. 標準の確立。標準の確立と、それに従うことは早期の計画と同様に重要です。適切な企業標準が存在しない場合、内部の専門家、または支援のためにシステムインテグレータやオートメーションサプライヤを呼んで、標準を開発する必要があります。

ネットワークプロトコル、セキュリティ要件、I/OおよびHMI基準、インターフェイス要件、コントローラの設定を徹底的に明記し、文書化すればするほど、システムの保守と改良が容易になります。当社の言うことは本当です。御社の将来の従業員はこのことで感謝するでしょう。

4. 実行の統制。DCSの変換は複雑です。他の大がかりな事業と同様に、堅実なプロジェクト管理を必要とします。実行の統制なしでは、すべての大規模なプロジェクトは制御不能に陥る恐れがあります。

お客様の変換プロジェクトを期日通りに、予算通りに実行するためには、一般に認められた産業のベストプラクティスに基づいた、一貫した実行戦略に必ず従う必要があります。スタッフにリソースがない場合、認定プロジェクト管理専門家(PMP)を雇用して、プロジェクトを導いてもらうようにします。

5. 技術革新を期待。旧式の制御システムの内容を単に複製するだけで満足しないでください。25年も経つ旧式のシステムが、最先端の最新式のDCSがもたらすのと同じ成果を実現することはありえないことに注意してください。お客様の移行プロジェクトは、プロセスを最適に制御する新しい技術を活用できる途方もないチャンスです。複製するのではなく、創造するのです。

 

DCSの変換計画はまだですか? DCSへの移行とプロジェクトの実現については、この白書をご覧ください。

この投稿は、ロックウェル・オートメーションのPlantPAx移行ビジネス開発マネージャであるクリス・キングとの共著です。

Lee Swindler
投稿日 2019-03-06 投稿者 Lee Swindler, PMP, Program Manager, MAVERICK Technologies
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。