後で後悔するよりも安全第一: 企業をつなぐ

後で後悔するよりも安全第一

デジタル時代になっても、機器を生産し、物品を出荷する、そのすべての工程を自動化できる企業はほとんどないでしょう。人間の力は製造業にとって不可欠のままです。そのため、人間と機械の環境、危険性は経営者にとって常に関心事でありつづけます。

  • 従業員が怪我をするかも知れません、いやもっとひどいころになるかも知れません: 従業員は良い仕事をするためには、自分の作業環境が安全であると分かっていなければなりません。幸いなことに自己認識のできるインテリジェントな機械のある生産環境は、従業員の安全を守るのに役に立ちます。製造メーカの約39%は安全性を改善するための方法として業務にスマートデバイスまたは組込みインテリジェンスを使用しています。[i]
  • 従業員は間違いを犯すことがある: 最も優秀な従業員でさえも、品質問題を引き起こすエラーを犯したり、機器を損傷したり、同僚を傷つけたりします。自己認識機器は、問題の発生中または問題の発生前にデジタルポカヨケを介して過ちを見つけ、生産、資本、人的損失を防ぎます。既に製造メーカの2/3は、品質を改善するための方法としてスマートデバイスまたは組込みインテリジェンスを使用しています。[ii]
  • 人間は時に悪意を持つ: ハッカーや不満を持っている従業員は、操業を妨害したり、お客様のデータにアクセスしたり、知的財産を盗もうとするかも知れません。徹底した包括的なセキュリティは、インテリジェントなマシンからネットワークインフラ、エンタープライズソリューション、企業アプリケーションに到るまで、不法侵入の機会を最小限にするのに役に立ちます。製造メーカの約63%は、プラントやプロセスでスマートデバイスまたは組込みインテリジェンスを使用し、ITシステムとデータのセキュリティを改善したと報告しています。[iii]

コネクテッドエンタープライズは、安全の順守と安全レベルを改善するのに役に立ち、活用できる安全と運用データをリアルタイムに提供します。安全の専門家は、従業員の行動、機械の性能、安全シャットダウンや停止の原因や、安全異常、傾向といった今までにないほどのデータを獲得し、理解できるようになります。

コネクテッドエンタープライズは、製造実行システム(MES)の中でリアルタイムのデータを活用し、品質管理と生産管理による経営分析を統合します。製品がラインを移動していくときに品質問題の発生を追跡し、品質問題が従業員やお客様にとって安全問題となってしまうかわりに、IIoT対応のMESシステムを使用した企業はコンプライアンス規格に適合し、間違いを防止することができます。

このためには、コネクテッドエンタープライズのテクノロジだけに頼るのではなく、人々、プロセス、テクノロジ関連のリスクに対応するポリシーと手順を含む包括的なアプローチが必要です。この多面的なアプローチは、最大防御のために物理的、電子的、手続きレイヤによる防御を構成する多層防御セキュリティを実現にするのに役立ちます。

お客様のコネクテッドエンタープライズはどのくらい安全かつセキュアですか?

[i] What a Difference a Year Makes: Manufacturers Around the World Are Now Profiting from the IoT, MPI Internet of Things Study, Executive Summary, The MPI Group, May 2017.

[ii] 同上。

[iii] 同上。

Stanley A. Miller II
投稿日 2017-10-18 投稿者 Stanley A. Miller II, Editorial Program Manager, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。