仮想化による高可用性実現と総所有コスト低減

仮想化による高可用性の実現、TCOの低減

以前は、情報技術(IT)と運用技術(OT)のネットワークおよびシステムは互いに完全に独立して運用されていました。しかし近年、製造は接続性が高くなり、ITとOTの世界も同様に接続され、プラントフロアで新しい方法で統合されています。

製造のデジタル化とは、さまざまな多数のデータポイントおよびデータソースから多くのデータが送受信されていることを意味します。それらのデータポイントを接続するアプリケーションおよびソフトウェアパッケージには、これまで以上に多くの計算スペースが必要です。産業企業は、物理的なハードウェアソリューションから、複数のアプリケーションや運用システムを使用できる仮想化環境に移行し始めています。

基本的には、仮想化すると、運用システムと物理的なハードウェアのつながりがなくなります。これは新規開発するプラントやラインでは一般的になってきており、仮想環境で新たに開始することができます。

大規模データセンターのおかげで、大規模なプラントも仮想サーバに移行し始めました。プラントの規模にかかわらず、接続されたプラントフロアは製造の未来像であり、OT領域の優先事項として仮想化がますます採用されるようになります。サーバの移行傾向として、現在は物理マシンから別の物理マシンへの仮想サーバの移行を見込んでおり、まだ初期段階にあります。

産業用データセンター(IDC)によって非常に簡単に仮想化環境に移行できます。詳細は、ここをクリックしてください。

なぜ仮想化するのか?

物理的な環境では、デスクトップとサーバに占有されるプラントフロアの貴重なスペースや、継続的に動作させるために消費する電力などの維持費が高くなりつつあります。場合によっては、発注システムの処理速度が低下し、更新が必要になります。これが、仮想化環境への移行が一般的になりつつある理由の一つです。

また、プラント環境を最新化およびデジタル化すると、多くの企業は新しいアプリケーションを使用せざるを得ません。例えば、新しいPlantPAx®システム環境を追加すると、PlantPAxアプリケーションをすべて実行できる必要がありますが、古いシステムでは実行できません。

制御エンジニアまたはIT専門家として、「もしコンピュータが故障したら? ソフトウェアがクラッシュしたら? プラントで障害が発生したら?」と思って夜も眠れないなら、仮想化すればぐっすり眠れます。その理由は以下の通りです。

  • コストが削減されます。ベアメタルで実行するには、複数のデスクトップおよびサーバを購入して使用する必要があります。仮想化では、少ないサーバでリソースを共有することによって総所有コストが低減され、設置面積の縮小に役立ちます。実際、総所有コストを最大で74%削減できます
  • 計算能力が向上するため、たった1台のサーバで複数のアプリケーションを実行できます。
  • 高可用性、フォルトトレランス、迅速な導入および更新により、ダウンタイムの防止に役立ちます。
  • スケーラブルです。必要に応じて簡単にスケールアップおよびスケールアウトできます。
  • 管理が簡単になります。ご自身およびIT部門が管理するか、またはロックウェル・オートメーションのIT/OT専門家が管理するかにかかわらず、仮想化環境は他の方法よりも本質的に管理が簡単です。50種類のアプリケーションを50台のサーバで管理するのと、3台のサーバで管理するのはどちらがよいでしょうか。また、仮想化では新しい運用システムを実行するためのテンプレートを作成することもできます。

仮想化のもう一つの利点は、いずれかのアプリケーションに障害が発生した場合の安全対策として、複数のサーバで同じアプリケーションを実行して冗長性を追加できることにあります。仮想化環境では、さまざまなコンポーネントの障害のリスクを緩和しながら、ハードウェアからハイパーバイザまでさまざまな方法を使用して冗長性を実現できます。

仮想化:「もしも」ではなく、実際に「いつ」起こるかという問題

OTシステムおよびアプリケーションを1つの画面に表示したいといつも思っていたなら、仮想化はそのための優れた方法です。確実に移行が続く傾向にあるため、どの製造メーカも将来の計画に移行を含める必要があります。

仮想化に投資すると節約になりますが、利害関係者や意思決定者の教育、および新しい技術スキルが必要な大きな変化でもあり、また安くはありません。一般に、仮想化の決定は、OTの世界またはITインフラで実行しているアプリケーションの重要性を必ずしも理解していない社内IT部門によって管理されます。

仮想化環境に移行する準備ができたら、インフラではなくそのインフラで実行されるアプリケーションに集中できる、すぐに使える包括的な仮想化ソリューションの構築を支援できるプロバイダを見つけてください。ソリューションを設計してモニタし、保守するための貴社の能力について、またアプリケーションをできるだけスムーズに実行するために貴社に必要な冗長性について検討してください。

ありがたいことに、現在は、すぐに使える包括的なIT/OT仮想化ソリューションを提供し、その管理、モニタ、保守に役立つサービスを含む、あらゆる規模の製造メーカ向けの選択肢があります。

これには、ロックウェル・オートメーションの産業用データセンターと新しいAllen-BradleyのVersaVirtual™アプライアンスが含まれます。あらゆる選択肢を調査して最適に機能するものを見つけてください。

ITとOTの世界の統合が続くと、仮想化によって製造メーカはより効率的に操業し、今まで可能だと思っていた以上のことが可能になります。

Inbar Blankenship
投稿日 2019-07-17 投稿者 Inbar Blankenship, Product Manager, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。