モータ・コントロール・センタについて最後に考えたのはいつですか?

モータ・コントロール・センタについて最後に考えたのはいつですか?

夜、工場責任者の眠りを妨げるものは何でしょう?

それは恐らく、生産プロセスが信用でき、一貫していて、生産量と品質が一定に保たれるかという心配です。

そして、工場責任者はすべてが計画通りに進んでいることをどこで確認して安心できるのでしょうか?

多分、それは運用の心臓部、つまりオートメーション制御室です。または、彼らはすでにコネクテッドエンタープライズの実現にむけて乗り出しており、スマートデバイスによるデータ取得によってパフォーマンスおよび運用の傾向を利用でき、この情報を遠隔で確認できるようになっているかも知れません。

Centerlineモータ・コントロール・センタ: Global Availability (no audio).

このデータおよび情報にアクセスできることは、もちろん安心につながりますが、それでもまだ責任者が見ることができない重要な機器があるでしょうか?

不可視の機器が故障した場合、生産の損失という大きな頭痛の種(またはそれ以上の問題)となり、すぐには修理できなくなる可能性があります。

ほとんどのプラントは、電気モータに大きく依存しています。固定速度でも可変速度でも、電気モータは搬送、切断、混合、ポンプによる移送、冷却、投与、通気、梱包のための動力を提供し、製品の出荷および販売の準備が整うまでに必要なあらゆる形式のプロセスを駆動します。

これらのモータの需要制御は、プログラマブル・オートメーション・コントローラ(PAC)で行ないますが、単調で厳しい実際の電気負荷の切換えは、モータ・コントロール・センタ (MCC)が行なっています。

MCCがオートメーション制御機器の近くに設置されておらず、プラントの部屋やスイッチルームに設置されているケースが多々あります。そしてそれらの機器は黙々と(または結構な騒音を出して)その仕事をこなしています。それらにとって信頼性が最大の敵です(通常、信頼性は非常に高くなっています)。

なぜでしょうか? それは、何かがうまく機能していれば、それは当たり前なこととして捉えられるようになるからです。このような期待は、年月が経つにつれて次第に大きくなります。

しかし、もちろん永遠に続くものはなく、避けることのできない故障が発生した場合、最善の場合で不便な思いをすることとなり、最悪の場合には大損害に発展します。

そうなる必要はありません。MCCをインテリジェントにすることができます。MCCは、EtherNet/IPを介してコネクテッドエンタープライズに統合することができ、MCC自体だけでなく、モータおよび機器の健全性に関する重要な情報を提供することができます。

Video: CENTERLINE MCC ROI Calculator (no audio).

MCCは、多くの場合、従来のパワーモニタよりはるかに詳細なエネルギー使用の傾向も提供できます。さらに、実際にトリップ状態が発生する前に、その事前情報も提供します。インテリジェントなMCCは、プラント全体での予知保全の原理を実現することができるのです!

さらに、最新のMCCは、簡単に保守できるよう設計されています。

引出し式バケットやアセンブリなどによるコンパートメント化された「フォーム4」構造で、問題が発生した場合、すぐに交換部品を取付けることができます。

MCCの「インテリジェントな」機能によって、構成および過負荷設定は自動的に実行されます。

MCCは、電気モータを使用するあらゆる設備の基礎となります。つまり、世界中のほとんどの工場がMCCを使用しています。これらは、御社の工場における安全で信頼性の高いモータの運転に必要な電力と保護を提供します。これらについて最後に考えたのはいつですか?

MCCが今より少しでもスマートであれば、あなたの寝付きもよくなりませんか?

Jonathan Smith
投稿日 2018-03-28 投稿者 Jonathan Smith, Field Business Leader, Drives, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。