よりスマートなマシンエンジニアリングでリードタイムを短縮

ビルド効率をあげることでリードタイムを短縮

どれくらいの時間で入手できますか?

これは、お客様向けに開発した新しいパッケージソリューションを提示した後に出てくる一番の質問です。そして、今日の機械メーカが直面している最大の課題の1つです。

それでは、カスタマイズ、柔軟性、速度を必要とする環境で、どのようにして早くコンセプトからマシンへと実現できるでしょうか?それは、包装機械メーカが毎日直面していることです。そして1つの答えは単純化することです。

並外れた機能を半分のスペースで - AFAシステムズ社は、単一の制御プラットフォームで実行されるモノブロック・カートニング・ソリューションのロボットを最大限に活用します。

カスタムの機械工学が必要

一番上から始めましょう。お客様固有の課題を解決するためにカスタムマシンと機器を提供することで、どれだけの数のカスタム・マシン・ビルダーが名前をあげることができるでしょうか。

これは、パッケージングが革新的で多機能であり、棚で目立たなければならない今日、特に重要です。 すべてが新しいエンジニアリングを必要とし、これまでにテストされたコンセプトはありません。そして、包装向けの機械装置メーカが新しい仕様をコスト効率よく満たすことができるかどうかは、機械設計へのアプローチに直接関係しています。

ある企業がこの課題に真正面から取り組んでいます。カナダのオンタリオ州に本拠を置くAFAシステムズ社はは、エンジニアリング・パッケージング・オートメーション・システムにおけるグローバルリーダです。他のカスタム・マシン・ビルダーとは異なり、エンジニアリングは非常に重要です。設計工程と構築工程のあらゆる部分を合理化することは、リードタイムを短縮する方法を解決する上で非常に貴重です。AFAシステムズ社は、完全なライン、セル、およびロボット制御のプログラミング、立上げ、およびメンテナンスを統合するために単一の制御プラットフォームを採用することで効率性を見出しました。

運用効率のプログラミング

単一プラットフォームを採用することで、マシンビルダーはモジュール式コンポーネントを作成し、組立を標準化して、機械をより迅速に生産できるようになります。機械装置メーカはサービスとサポートを含むソリューションの完全な所有権を取得できるようにもなります。

別の方法は、異なるシステムを結合して1つの最終的なソリューションを作成しようとする地雷原です。複数のサプライヤ、システム、およびプロトコルにより、不必要な時間、リソース、および長期的なサポートが必要になり、技術的なリソースに負担がかかる可能性があります。事前構成済みのソリューションと親しみやすさを活用できるため、プロジェクトの一部でエンジニアリング時間を最大20%短縮できます。また、今後の再構成を迅速化して負荷を減らすことができます。そして、それはすべて加算されます。

AFAシステムズ社は、ロボット工学を含む単一の制御ソリューションを標準化することに関しては早期の採用者です。同社は、すべての機械操作に1つの制御プラットフォームだけを使用することによりお客様のためのトレーニング、操作、および保守を簡素化できました。

同社は、同じシステム(この例では、ロックウェル・オートメーションのプラットフォーム)に精通しているプログラムを採用することにより、すべてのテクノロジが社内で作成されてそのまま残るようになりました。つまり、AFAシステムズ社は自社の機器をトラブルシューティングできます。これは、サードパーティのサプライヤと連携して、お客様が希望する限り緊密かつ迅速にサービスとトラブルシューティングを行なう際にいくつかの課題を経験した後の歓迎すべき変化です。

ブログ: ロボット技術は、スマートで柔軟な機械の可能性の新しい世界を開きます。最新の技術により、機械装置メーカが把握できるようになりました。

ロボット制御技術に追いつく

産業用オートメーションはこれまで見たことのないペースで変化しています。そして、追いつくためだけにフルタイムの仕事になることもあります。複数ブランドのトレーニングとサポートに関連するコストは、プロセスに組み込まれた他の苦労して得られた効率を相殺する可能性があります。

AFAシステムズ社の共同社長であるデビッド・ランゲン氏は次のように述べています。「制御製品の1つのエコシステムを最新の状態に保つのは非常に困難です。そのため、私たちは1つのプラットフォームで作業することを選択しました。トレーニングを節約するだけでなく、制御アーキテクチャに特化しているため、製品をこれまで以上に活用できます。」

これをなくしてオートメーションのパートナに頼ることで、独自のロボット制御言語を学習するというハードルがなくなります。

「私たちの場合、ロックウェル・オートメーションの技術についていけている限り、彼らは私たちのためにそうしているため、ロボット工学の技術にもついていけています」と、デビッド氏は付け加えます。

リードタイムの短縮から関係の改善まで

独自の運用のリードタイムと開発コストを削減する方法を解決するプロセスでは、ライフサイクルコストも削減し、お客様のインターフェオスポイントをなくします。

お客様が常に消費者やマーケティングのニーズに合わせてパッケージを再構成している業界では、アクセスが簡単で長期的なサポートが重要です。

デビッド氏は次のように説明します。「AFAシステムズ社には、10年前に構築した改造用のロボットが組み込まれた機械がフロアにあります。プログラミングは社内で開始されたため、当社のエンジニアは大規模な再配置から日常のトラブルシューティングまで、お客様が投資を最大限に活用し続けるのを支援できます。」

運用効率があなたの未来です

今日の運用上の決定と、制限されたリソースをどのように活用するかは、組織の将来の成長に大きな影響を与える可能性があります。また、産業用ロボットがますます多くのタスクを実行することに依存するようになったため、制御プラットフォームで標準化することで得られる節約も同様に増加します。

機械のカスタマイズと合理化されたエンジニアリングとの適切なバランスを見つけることができる機械装置メーカは、革新と効率を通じて事業を成長させ、マーケットシェアを獲得できます。

このブログは、AFAシステムズ社のセールスおよびマーケティングマネージャであるエリック・ランゲン氏との共著です。写真はAFAシステムズ社のご厚意により提供されました。

Steve Mulder
投稿日 2019-05-27 投稿者 Steve Mulder, Packaging Segment Lead, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。