デジタルマニュファクチャリングは絶えず変化する消費者の動向に対応

変化する消費者の動向に対応

絶え間なく変化する消費者の行動に直面してデジタル化を採用する必要性は、製品の製造メーカやそれらのサプライヤにますます大きな圧力をかけています。

市場の重要な傾向は、消費者がより多くの種類とより直感的なオーダーメイドの製品選択と即時配達を組み合わせることを望んでいるということです。

これまでは、消費者が購入可能なものに基づいて欲しいものだけを選択することができましたが、今ではすべてのオプションをオンラインで確認して入手の可能性を確認してから、複数のソースから一番いい価格のものを選んで注文することができます。

確かに、お客様たちは消費者によるより高い変動性に対する要求がプロセス制御のための新しい技術の採用を加速していると語っています。

サプライヤはもはや従来の長期的な競合相手と競合しているだけでなく、リードタイムの短縮、利益率の低下、オンラインプラットフォームへの投資の増加というプレッシャーを感じています。世界的な競争の激化が、より若い世代へのよりスマートなプラントの導入を推進していると多くの人が私たちに語っています。

現在はこの新しい消費者パラダイムの始まりに過ぎません。ビジネスを続けるためには、これらの現在のニーズに対応できるだけでなく、将来のニーズにも対応できる製造工場を建設する必要があることは明らかです。

そのため、デジタル化の推進により、さまざまな国のイニシアチブを通じて、最高の柔軟性を提供し、製造コストを削減するデジタルマニュファクチャリング工場の必要性が高まっています。

これらはほとんどの業界にとって目新しいものではありませんが、市場が要求する変化のスピードが製造プロセスにおけるこれらのニーズの採用を促進し加速していることは明らかです。

これらの新しい目標を達成するために、デジタルプラントはもはやプラント自体の壁の中に閉じ込められているのではなく、原料から消費者が製品を注文または購入できる店舗までの完全なサプライチェーンにまで及んでいることは明らかです。

デジタル工場を見ると、独立したDCSシステムはもはや選択肢ではなく、かわりに統合デジタルDCSがこれらの柔軟な生産需要を迅速に満たすだけでなく、将来におけるデジタル工場でさらに大きな役割を果たすために必要とされることは明らかです。1人のお客様がこれを裏付けて、「5年前と同じようにすると20年後退することになるので、明日はプラントをデジタル化する必要がある」と、語りました。

サプライチェーンのすべての分野を一元的に把握するには、サイバーセキュアな環境でオープンソースのプラットフォームが必要です。迅速な決定には、企業の計画立案者や工場長が理解しやすい状況に沿った説明にするための、大量のデータを収集、分析、および伝達するための強固な基盤が必要です。

絶えず変化する消費者の行動に対処しようとしている間にも、政府は、消費者が彼らの健康に有害な影響を及ぼす可能性がある低品質の製品から保護されることを保証するために新しい法律を実施しています。

そのため、製造工場では、原材料のサプライヤから個々の消費者の製品品質まで、バリューチェーン全体をカバーする強力な追跡手順を実行する必要があります。

この「ビッグデータ」はすべて保存する必要がありますが、修復ソリューションが必要とされる場合に迅速に対応するために状況に沿った説明にすることも必要です。

Achema (展示会)のブースに来て、私たちがスケーラブルなデジタルDCSを使って、あらゆる規模と投資レベルの企業が未来のプラントを創造するのをどのように支援しているかをご覧ください。

この展示会場では、製薬業界におけるこの種の要求に応えるために使い捨てのバイオテクノロジリアクタがどのように同様に重要な役割を果たしているのか、また、コンプライアンスを維持するために、エンタープライズベースのシリアライゼーションソリューションをどのようにサポートしているのかをご覧いただけます。

Alain Hermans
投稿日 2018-05-18 投稿者 Alain Hermans, Process Leader, EMEA, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。