デジタル表現が最終結果を左右する: 製品とプロセスを改善するためのデジタルツインとデジタルスレッドの活用

デジタル表現が最終結果を左右する

デジタルトランスフォーメーションの2つの基盤であるデジタルツインとデジタルスレッドは、仮想環境での実践、プロセス、および製品の概念を試すための新しい方法を提供します。

これらのデジタル実験により、企業はコストのかかるやり直しや改良を行なうことなく安全に、迅速に、そしてすぐに実行可能な新しいワークフローと製品構成の開発と実装を可能にできます。

デジタルツイン

デジタルツインは、会社の機械、制御、プロセス、ワークフロー、およびシステムを仮想的に模倣しています。デジタルツインの実験と改良を通じて、製造メーカは、以下のようにして、現実的な資産の動作についての洞察を得ることができます。

  • 品質、信頼性、スピードを最適化するための新しい機器構成の実験(機械の試作や製造のかなり前に)
  • プラントまたはプラントのラインナップからの製品の混合や量を最適化するためのラインスタートアップおよび生産スケジューリングやシーケンスを試行
  • 生産現場の従業員(マネージャ、現場のオペレータ、および保守技術者)が新しい機器やラインを仮想的に運用および保守できるようにし、コストのかかる起動時の問題(低品質、安全、機械停止)を最小限に抑えます。
  • 機器やプロセスの問題を発生前に診断して解決し、実質的に迅速な切換え技術で実験して稼働時間と生産性を向上させます。その後、機器が稼働するにつれて、継続的改善チームが組み込みスマートデバイスからのデータストリームをモニタして、ワークフロー、切換え時間、および全体的な運用をさらに改善します。

ロックウェル・オートメーションは、多くの組織がデジタルツインを適用し活用するのを支援してきました。

例えば、食品メーカは導入前に施設のアップグレードをテストおよび検証し、ダウンタイムを80%短縮し、スループットを10%以上向上させることができました。

他の大規模な多国籍で仮想的に試験された生産シナリオ(例えば、製品販売促進のための生産量の増加、より安価な生産材料への変更)では、同じ装置で数百万ドルを節約することができました。

デジタルスレッド

デジタルスレッドは、生産実績データ(例:スピード、ダウンタイム)、製品仕様データ(例:品質パラメータ、システム不良)、サプライチェーンデータ(例:在庫レベル、納期遅れ、品質)などの情報フローの詳細な仮想視点を提供します。

経営幹部やリーダは、デジタルスレッドを活用して、リアルタイムで価値の流れを評価および改善することができます。

製造実行システム(MES)およびエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムと統合されている場合、デジタルスレッドは、品質問題の解決から材料および部品の在庫品の引出しから施設全体にわたるプロセスまで、オペレータと資産をその場で調整できます。

世界の製造業者が、MESと並行して20の製造拠点のほとんどでデジタルスレッドを実装することを支援し、お客様のリードタイムを50%短縮し、不良部品を50%削減し、生産性を4%向上しました。このパフォーマンスの向上により、顧客満足度と市場シェアの両方が向上しました。

競合他社の多くは、デジタルツインとデジタルスレッドを活用してすでに競争上の優位性を達成しています。

仮想世界で働き始めるまでどれくらいの時間がかかりますか?  そして、現実の世界でもっと利益を上げませんか?

Beth Parkinson
投稿日 2018-06-18 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。