ティアサプライヤ: 今こそトラック&トレースの方法を見直しましょう

ティアサプライヤ: 今こそトラック&トレースの方法を見直しましょう

自動車産業におけるトレーサビリティの必要性は、もちろん今に始まったことではありません。

注目を集める多くの裁判や、度重なる規制要件の追加により、自動車メーカは長きに渡ってリコールへの対応を経験してきました。しかしその方法は、当初のタイヤや安全機能といった重要なコンポーネントを局所的に確認することから、広範な影響範囲を確認することへと変化してきました。

現在、自動車製造メーカにはリコールの影響を受ける自動車の範囲を迅速に特定することが強く求められています。全米自動車産業協会(AIAG)によれば、これを達成するにはサプライチェーン内のすべての関係者がトレーサビリティツールやシステムを改善する必要があります。

ティアサプライヤが車両のより多くの部分、そしてより複雑な部分に対する責任を負うに従って、自動車メーカは適正なトレーサビリティシステムの構築を強く要望するようになります。

しかし、適正なトラック&トレースシステムと言われても、その定義はティアサプライヤには困難です。

自動車開発のサイクルが短くなることで、サプライヤには技術革新を加速し、貴重なリソースを設備の刷新にあてることが余儀なくされています。さらに、容赦のない値下げ圧力と予測不可能な市場動向により、設備投資予算の確保が難しくなっています。

リソースがあったとしても、通常のティアサプライヤは従来のMES (製造実行システム)や、それをサポートするインフラやITリソースではそれに対応できないと感じています。

対応策はありますか?

目的にあったソフトウェアソリューションの進歩により、ティアサプライヤはかつてよりもコスト効率の良いトレーサビリティアプローチを選択できるようになりました。しかし、それらの選択肢には違いがあり、トレーサビリティの実現を成功させるには事前に評価基準を決定しておくことが重要であることは言うまでもありません。

トラック&トレースソリューションを評価する際に、ティアサプライヤが考慮すべきベンチマークとして、以下の3つが挙げられます。

1. 拡張性と将来性: そのアプリケーションは、最新の要件をコスト効率良く満たすことができるでしょうか?

例えば、特定の製造における課題を解決するこれらのスケーラブルなソフトウェアソリューションは、1つのアプリケーションの機械または作業エリアのレベルから始められます

FactoryTalk Productionアプリケーションは、製造プロセスの強化につながる課題解決を行ないます。ERPを統合するFactoryTalk Productionは、生産に必要な注文とレシピのパラメータを追跡(トラック)します。このアプリケーションはトラック&トレースや系統管理の機能を提供するだけでなく、工場内での徹底した生産管理をサポートし、継続的な改善のためのプラットフォームも提供します。

また、このソリューションは共通プラットフォームに追加アプリケーションを搭載して統合MES (製造実行システム)に拡張できるため、高い投資利益率(ROI)が見込めます。

2. インフラ要件: トレーサビリティの実現には、どのようなITリソースが必要でしょうか? 設備投資や運用資金を圧迫しない選択肢はあるのでしょうか?

どのティアサプライヤにとっても、ITインフラ投資の縮小は不可欠です。目的にあったアプリケーションの場合、本格的なMES(製造実行システム)と比較すると非常に小さなインフラで済みます。しかし、社内、クラウド、またはホスティングから最もコスト効率の良い展開方法を選択することも、課題解決の重要な部分です。

サプライヤの多様な要件を満たすため、FactoryTalk Productionには社内ITインフラやクラウドを介した展開オプションが用意されており、設備投資の負担も軽減できます。

3.  使いやすさ: システム導入後に、そのシステムを使用し管理するにはどのようなスキルが必要でしょうか?

多くのプラントマネージャが証言するように、使いやすいシステムはすぐに利益を生み出します。しかし、既存の作業員への影響に関して十分検討せずにアプリケーションを選択してしまった、というのもよく聞く話です。管理に熟練したスタッフを新たに雇用する必要があるとしたら、そのアプリケーションはかえって高くつくかもしれません。

使い勝手を考慮し、FactoryTalk ProductionではWebページ環境からすべて構成可能な、グラフィックによるプラントレイアウトを採用しています。また、ドラッグ&ドロップ機能や構築プランウィザードにより、技術チームではなくオペレータでもアプリケーションを管理できるように設計されています。

トレーサビリティについて、もう一度考えてみましょう。

スケーラブルなアプローチでスマートマニュファクチャリングを実現する方法をご紹介します。

自動車産業のティアサプライヤ向けに対して生産方法の見直しをロックウェル・オートメーションがどのように支援するのかもご確認ください。

Todd Montpas 共著
ロックウェル・オートメーション
情報ソフトウェア 製品マネージャ

Tom Mott
投稿日 2017-03-29 投稿者 Tom Mott, Business Development Manager, Automotive Tier, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。