スマートマシンの潜在能力を解き放つ

スマートマシンの潜在能力を解き放つ

田舎道での故障、夕方の帰宅時のパンク、真冬のバッテリ上がり。車を持つ人は誰しも、不意にこんなトラブルに見舞われたくはないでしょう。

しかし、このような車両トラブルは、突如として発現するものではありません。これらは温度、路面状況、コンポーネントの劣化といった複数の要因により、通常の摩耗や損傷が積み重なって発生します。問題は、これらが目には見えないことです。 つまり、故障となって表面化するまで検出できないのです。

しかし、よりスマートで、より進化したコネクテッドカーの出現により、今や故障やその他の悩みの種は過去のものとなりつつあります。

例えば、スマートカーの予測サービスは、問題が検知されると先を見越してドライバーに車両を修理するよう警告します。所有者が車をディーラーに持ち込むことなく、車両性能を向上させたり、既知の問題を解決するファームウェア更新を受信するスマートカーさえ存在します。

同様の現象が、スマートカーではなくスマートマシンとして製造の世界でも起こっています。

パフォーマンスを新しいレベルへ

マートマシンは、モノのインターネット(IoT)を活用したデバイス、クラウドコンピューティング、および情報ツールや分析ツールといったコネクテッド技術を活用します。

これらの技術を使用することで、スマートマシンは長らく機械の内部に閉じ込められていたデータを収集し、すぐに使用できる情報として意味づけすることが可能です。

スマートマシンではシームレスな接続が可能なため、この情報を企業の全レベル、場合によっては企業外部とも共有しつつ、新しいコラボレーションを生み出すことができます。

しかし、機械メーカによっては、スマートマシンは手に余るコンセプトと捉える可能性があります。その圧倒的な潜在能力ゆえ、何から始めれば良いのか、何をすれば良いのかが分からないのです。これを理解するには、製造メーカがスマートマシンからすでに受けている恩恵がヒントになるかも知れません。

例えば、内蔵センサを使用してマシンパフォーマンスを多面的に追跡している機械メーカがあります。

これにより、ダウンタイムが発生する前に問題を特定することが可能になります。トラブルシューティングを迅速に行なうため、モバイル機器を使用して現場の作業員と外部の専門家がやりとりしている製造メーカもあります。また、複数の場所に存在する機械の性能をモニタして向上させるために、リモートアクセスを使用している製造メーカもあります。

スマートマシンを開発して販売することで、機械メーカ自身がどのような恩恵を受けられるかを理解することも重要です。

機械装置メーカ(OEM)にとってのチャンス

機械について充分に理解していないのは、製造メーカだけではありません。実際、多くの機械メーカも、納品および立上げ後に機械がどのように動作しているのか、充分に理解しているとは言えません。

これでは、自分たちのソリューションがどうすれば製造メーカの要件を満たすのか、分かるはずがありません。

本来、先を見越した、計画に基づいたものであるべきサポートが場当たり的なものとなるため、サービスチームを管理したり、どのようなサービスが製造メーカの要件に適切に対応できるのかを理解することが難しくなります。

現在では、機械メーカはデータ収集や報告機能を活用し、現場に展開されているすべてのスマートマシンをトラッキングできます。

このデータを使用して、マシンパフォーマンスやその影響を分析し、現在および将来的な機械設計を改善することも可能です。

さらに、データを収集し、製造メーカのネットワークとつながることができれば、機械メーカにはまったく新しいサービスを展開するチャンスが生まれます。

例えば、リモートモニタによってお客様の機械を継続的にモニタし、サポートやトラブルシューティングの質を高めたり、さらにはダウンタイムの発生を抑制することが可能になります。これにより、新しい収入源が生まれるだけでなく、機械メーカはお客様との関係を深め、製造パートナとなることが可能です。

スマートマシンがよりスマートに

今後もスマートマシンには新しくより強力な機能が搭載され、機械メーカと製造メーカの双方にとって、その価値はさらに高まるでしょう。今後搭載されるであろう機能の1つとして、予測的かつ処方的な、より洗練された分析機能が挙げられます。

機械が自己のパフォーマンスを追跡し、人間が介入せずとも調整を行なう、学習機能が搭載されるかもしれません。

しかし、旧式の機械からスマートマシンへの移行は、長い旅路となることを忘れてはなりません。旅で最も重要となるのは、その第一歩です。

どのように第一歩を踏み出せばよいかは、こちらの資料をご覧ください。

Axel Rodriguez
投稿日 2017-02-06 投稿者 Axel Rodriguez, Product Manager, Software as a Service Products, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。