スマートな食品/飲料製造メーカは今、スキルギャップに注目しています

食品/飲料企業はスキル不足を解決する必要があります

消費者の好みはすぐに変わります(ある日、それは塩分控え目だと思えば、翌日には遺伝子組み換えでない原料に変わります)。食品/飲料企業は、その需要に対応するために、できる限りのことをしています。

私が食品エンジニアリングの「State of Food Manufacturing」(アメリカの食品製造)での2016年の調査で食品/飲料製造メーカが直面している課題について読んだとき、製造工程を変革している1位の傾向がオートメーションであることには驚きませんでした。

しかし、第2位の傾向が熟練した労働力の欠如で、これが食品安全/規制などを上回っていたことには驚きました。

スキルギャップが予想され … 現実に

製造組合が2001年に最初の「スキル・ギャップ・レポート」を発行して以来、調査で問題が浮き彫りになりました。それは、現在の労働者が持つスキルと、製造メーカが必要とするスキルのミスマッチです。

そして、問題はさらに深刻化しています。2015年の改訂版では、今後10年で、ほぼ350万人の製造業の労働力を調達する必要があると予想されていますが、スキルギャップが原因でこのうち200万人の労働力を満たせないと見込まれています。

変化の速度を考えると、これは特に心配です(驚くべきことではありませんが)。

20年後、御社のプラントはどうなっているでしょうか?

娯楽、照明、サーモスタットなど、スマートフォンで制御できる技術を使って、ここ10年であなたの自宅がどれほど変わったか、振り返ってみてください。

そして、食品/飲料製造に同じか、それ以上に高度な「スマート」さを取り入れてください。生産工程では、今後5年間で過去20年間に起こった以上の変化が起こり、モノのインターネット(IoT)がこの移行のきっかけになります。まさに今、私達は最初のスキルレポート当時の想像を超えるチャンスに恵まれています。

私達はよりスマートになっていますが、既存システムのコンバージェンス(収束)とこの変革を実現する新技術の採用が、労働者の新たな負担にもなっています。

ランド・オ・レーク社がどのようにトレーニングを成功の中核としたか

技術系の学校や大学には、ネットワーク技術、データ分析および産業用セキュリティでの最新のオートメーション技術に対応するスキルとトレーニングプログラムはほとんどありません。

つまり、優れた企業は優れた人材を確保するために競わなければならず、従業員が知識を持っているだけでは十分にニーズを満たすことはできません。

植物の種から食卓に上がる食べ物まですべてを開発、サポート、プロデュースして、農地と食卓をつなぐランド・オ・レーク社は、そのソリューションを見つけた企業のひとつです。

ランド・オ・レーク社には数百人のメンテナンス技術者がいます。しかし、ランド・オ・レーク社の資産信頼性担当マネージャのマーク・ハンリー氏は、スキルを持つ産業用機械のメカニックに対する需要は2024年までに18%増加すると予測しています。つまり今後スキルを持ったさらに多くの人材が必要になります。しかし、彼にはそのような人材をどこで探したらよいかわかりませんでした。

そのため、ハンリー氏とランド・オ・レーク社は、社外のプログラムを頼って結果を出すのではなく、メンテナンスからオペレーションまでカバーする全社の標準トレーニングプログラムを策定しました。彼らはそのプログラムを1から構築しました。その際、まず既存のスキルと必要なスキル、およびその間のギャップを特定するところから始めて、カリキュラムを決定しました。

ハンリー氏は、初回で合格する品質から、安全性、生産性および生産量、従業員の士気や定着率まで、あらゆる面での改善によるトレーニングプログラムの定量的/定性的な結果が、プラントにプラスの影響をもたらしていると語っています。

学習したことを応用する

これは、1つの会社の1つの例に過ぎません。

ランド・オ・レーク社は当社のグローバル・ワークフォース・ソリューションと、食品/飲料のスペシャリストの協力を得てトレーニングを策定しましたが、スキルを持った従業員を育成するための多くの選択肢が存在します。

御社の近所に、御社の課題を解決するカリキュラムの採用を検討する可能性のある技術系または商業系の学校がありませんか? 複数の拠点と職種の従業員を1カ所にまとめてトレーニングできませんか? 社内に新入社員のトレーニングを担当できる人材がいませんか?

これらが、今すぐに考慮すべき質問とシナリオです。

人材採用に関する具体的な課題とスキルギャップの解消については、私にご相談ください

Mary Burgoon
投稿日 2017-08-07 投稿者 Mary Burgoon, Market Development Manager, CPG Industry, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。