コネクテッドエンタープライズでの資産と運用のデジタル表現

デジタル表現は改善のためのロードマップ

デジタル企業は、組織全体の資産、システム、およびプロセスを接続します。

しかし、デジタルトランスフォーメーションを十分に活用するには、データが産業エコシステムを通過するときにこれらのコンポーネントがどのように連携するかを視覚化する方法が必要です。2つのデジタル基盤が、コネクテッドエンタープライズ内でこれが可能になります。

デジタルツイン

会社の機械、制御、プロセス、ワークフロー、およびシステムのデジタル表現を見ることで、実社会での実際の活動に伴うリスクなしに、体験学習および仮想的な改善の試行が可能になります。

理的資産が存在する場合でも、生産機械の構成をデジタルでテストできるため、これは製品開発中に開始されます。プロトタイプであっても、設備のコストのかかる再設計を減らしたりなくすことができます。

工場では、機械が到着する前であっても、管理者、作業員、および保守担当者がデジタル表現を使用して機器を安全に操作および保守する方法を学ぶことができます。

また、機械やプロセスの問題を診断および解決する方法、および稼働時間と生産性を向上させるための迅速な切換えを実行する方法も探求しています。デジタルツインは、費用対効果の高いラインスタートアップの決定や、複雑な製品の混合と量の順序の指定とスケジューリングにも使用できます。

ライブ機器を設置した後に、デジタルツインは、組み込まれたスマートデバイスや制御からデータストリームを取得し、ワークフローと収益性を向上させるための洞察を提供します。

デジタルスレッド

デジタルスレッドは企業内でデータがどのように移動するかを仮想的に表現したもので、スタッフがプロセス間のデータフローを分析できるようにする、運用情報の詳細な観点を提示します。情報の階層(ライン、機器、センサなど)を掘り下げて、何が発生しているのか、何が機能しているのか、コネクテッドエンタープライズ内に何がないのかを見つけます。

デジタルスレッド分析を使用してMESおよびERP機能を補完することで、オペレータへの作業指示書の配信、品質管理サンプリング、および仕入先からの構成品目および品目補充のトリガなど、サプライチェーン全体の管理を向上させることができます。

また、デジタルスレッドは規制遵守(例えば、製薬、航空宇宙、自動車産業における)または非常に詳細な顧客仕様に関する行動および事象を文書化します。

工場のデジタルミラーリングと情報の流れは、日常の管理を改善するための重要な洞察を提供します。そして、次のステップ(ビッグデータ、機械学習、および人工知能によるこれらのデジタル表現の活用)は、さらに深い改善をもたらすことができます。

意思決定をデジタル化する準備はできていますか?

Beth Parkinson
投稿日 2018-05-25 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。