グレート・デジタル・トランスフォーメーション: 製造メーカはリアルタイムな洞察を使用して驚異的な成果を生み出す

リアルタイムな洞察を使用して驚異的な成果を生み出す

製造メーカはすでにグレート・デジタル・トランスフォーメーションによって、パフォーマンスのかなりの向上を実現しています。

会社全体およびサプライチェーン全体にわたってセキュアなデータのフローを可能にすることで、これらの企業は生産性、品質、規格への準拠、さらには収益性を劇的に向上させています。

それはなぜでしょう? 以前は生産環境に隠れていたデータや洞察を可視化することで、工場の責任者は次のことができるようになりました。

  • 生産資産間での情報の共有 — オペレーションのスリム化
  • 機器へのアクセスと操作を、熟練した作業員に制限し、潜在的な安全イベントをその発生前に特定 — 事故と人的被害の軽減
  • 品質問題が発生する前に防止するためのミス防止対策をデジタル化 — 品質問題に関連する不備とコスト(保証問題、リコールなど)を解消
  • 機器の故障の兆候を従業員および保守要員に警告 — 機械稼働時間と生産能力を向上させながら、資産の運用コスト(エネルギーなど)を削減
  • 工場およびプロセスの設計を再構成 — 生産性の最適化
  • コンポーネントおよび原材料のサプライヤとの間で生産データを調整 — 在庫効率の向上とサプライチェーン関係の強化

工場の四方の壁の先を見通せる経営者は、デジタル化やコネクテッドエンタープライズの構築からさらに多くのものが得られます。

例えば、企業や製造システムからのリアルタイム情報により、お客様の需要のピークとボトムに合わせて効率的に生産を調整できるデマンドベースの生産計画を簡単に作成できます。

コネクテッドエンタープライズは、お客様の仕様、オーダ予測可能性、対応性の調整により、カスタマサービスを向上させるお手伝いもできます。

デジタル化によって、製造メーカがリードタイムと不良品を50%も減らし、今までに例のないレベルの顧客満足度を実現するのを見てきました。

最後になりましたが、デジタル化はB2CおよびB2Bの状況を変化させつつあり、接続された製品およびサービスに新しいビジネスチャンスを作り出しています。

例えば、B2B機器メーカは「サービスとしての機器」(EaaS)の提供が可能になり、お客様の施設で機械をリモートで管理し、予期しないダウンタイムを減らすお手伝いをしています。EaaSは、機器の使用パターンの洞察によってお客様に焦点を絞った製品開発を推進できるため、効果的なイノベーションを実現します。

B2C市場では、消費財製造メーカがリアルタイム情報をユーザと共有し、自動ソフトウェアアップグレードの提供を進めています。製品のよりよい操作方法についてのリアルタイムの洞察を提供し、修理や交換の警告を送信します。デジタル化はお客様にさらに多くの価値を提供し、お客様のロイヤルティを強化します。

グレート・デジタル・トランスフォーメーションはすでに始まっています。準備はできていますか?

Beth Parkinson
投稿日 2018-02-19 投稿者 Beth Parkinson, Market Development Director, Connected Enterprise, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。