オーバーエンジニアリングしないでください: より速く、よりスマートに

オーバーエンジニアリングしないでください: より速く、よりスマートに

私は、プロセス業界でエンジニアリングのキャリアを始め、世界中のシステムを管理およびエンジニアリングしました。当時は、古いオートメーションの基盤のように、複数の異なるシステムをすべてまとめて1つの最終的なソリューションを作成していました。

一度立上げると、これらは正常に動作し、設計通りの仕事をしましたが、設計、選択、立上げにおいて無数の遅延と過剰なエンジニアリングを隠していました。それらは今日の現代の生産環境では笑われてしまいます。

問題はさまざまでした。つまり、サプライヤ、システム、プロトコルの数だけありました。彼らは皆自分たちで(多くの場合非常に見事に)組み合わせましたが、それは地雷原であることがありました。あるプログラミング環境とハードウェアを備えた安全システムと、別のハードウェアと他の誰かのPLCを定期的に使用していたため、2年間で世界中を旅し、これら2つのシステム間の通信のトラブルシューティングとセットアップを行なっていました。

Join us as at the SPS IPC Drives event 27-29 November 2018 in Nuremberg, Germany, in hall 9 on stand 205.

どちらもModbusで動作しましたが、セットアップルーチンとパラメータは完全に異なっていました。これらのハードルがプロジェクトの最初に議論されたときでさえ、すべてが問題が現れるポイントに到達するまでにまだ数ヶ月がありました。

最悪のシナリオのアイデアを提供するために、私はかつてテキサス州ヒューストンからパキスタンのカラチに移動し、異なる時間にカウンタを開始した2つの接続されたシステムのトラブルシューティングを行ないました。これは、すべての通信を単独で無効にする無害な小さなオフセットでした。

私の仕事は、プログラムに1つを追加し、飛行機に飛び乗って別の国の別の工場で同じ問題を解決することを中心に進められました。

複数の言語、複数のプロトコル、ブラックボックスの制御ソリューションの時代が歴史の歴史にとどまっていることに非常に感謝しています。それは、お客様を訪問し、単一の制御、設計、プログラミング環境の使いやすさと率直さを支持できるからです。

今では、オートメーションを自動化し、機械およびプラントシステムの設計に必要なエンジニアリング時間を短縮できます。マシンコーディングの80%はオートメーションのみを扱い、残りの20%はマシンビルダーとして真の価値を付加し、マシンを特別にする機能を作成できる場所であることがすぐにわかりました。

幅広いプリセットをカバーする、事前に設計されたマシンビルダーのライブラリと事前に作成されたアプリケーションコードを活用することで、設計プロセスから膨大な量のエンジニアリングをなくすことができます。

これで、基本を実行することで節約された時間を使用して、すばらしい要素を作成できます。家を建てているようなものとしてそれを見てください。モジュール式の使いやすい事前設計されたブロックで基盤とフレームワークを提供する場合、差別化を心配し、あなたの家を際立たせる要素を作成することにもっと時間をかけることができます。

また、この基盤は、リアルタイムの予測分析に加えて、他の付加価値要素(ここで機械製造の世界に戻り)、完全な接続性、容易な拡張性などの堅牢なプラットフォームを提供します。

仕事にスパナを投入するだけで、スマートデバイスとIoT/インダストリ4.0の機能の導入により、現代のオートメーションおよびプロセスシステムの潜在的な複雑さが悪化していますが、これはサポートソフトウェアが相応の進歩を遂げていなかった場合にのみ問題になります 。良いニュースは、ソフトウェアがペースを保っており、設計プロセスがこれまでと同じくらい簡単であることです。

私はこれについて何時間も続けることができますが、あなたはポイントを把握できるかと思います。簡単に言えば、単一のプラットフォーム、単一の環境制御およびプロセスソリューションが前進であり、多くのエンドカスタマがイオペレーションに導入しているものの多くを支えています。

Gunther Saelzer
投稿日 2018-11-02 投稿者 Gunther Saelzer, Field Business Leader Architecture & Software, Germany, Rockwell Automation
  • お問い合わせ:

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。