セキュアなコンテンツ配信に関するすべて

ThinManagerによるセキュアなコンテンツ配信 

工場フロアから制御室まで生産のすべての面に注意を払うことは、もはや不可能です。

コネクテッドエンタープライズでは、紙の種類によるプロセスはデジタルのプロセスにとってかわられ、これにより、人的生産性が改善し、生産イベントの視覚化が強化されてきました。

しかし、データおよびアプリケーションへのアクセスが容易になるに従い、製造メーカは、どのようにオペレーションシステムとデータの安全とセキュリティの確保をサポートできるのでしょうか?

すべての情報の安全防御を補助しながら、ロックウェル・オートメーションのThinManager®ソフトウェアソリューションおよびRelevance®モバイルプラットフォームは、製造業および産業界の先進的な企業に、接続が進んだ製造環境で情報を管理し、ワークフローを整えるためのビジュアルディスプレイとソフトウェアソリューションを提供します。

ThinManager®は、シンクライアントおよびモバイルデバイスの管理と制御を提供し、装置とそれらの装置のユーザへのアプリケーションのセキュアな配信の実現をサポートします。

Relevance®は、ThinManagerのコア技術コンポーネントで、位置把握を可能とすることで、配信をさらに詳細に管理することができます。

「ロケーションレゾルバ」アプリケーションと連携してRelevance®を使用することで、ユーザが指定の場所にいるときに、ユーザに情報をセキュアに配信することができます。

これにより、生産性が向上し、信頼性およびセキュリティが強化されることに加え、エネルギーおよびメンテナンス費用の削減に寄与します。

サイバーセキュリティおよびサステナビリティの目標を達成するためのテクノロジアップグレードを実施する世界的大手の製造メーカ各社は、仮想化、シンクライアントおよびモビリティ関連技術が生産工程の成功への鍵であることで意見が一致します。

最適な追加技術

多くの企業にとって、メンテナンス費用と予期しないダウンタイムを削減することが、主な取組みとなっています。

複数の現場での操業と保守を行なう場合、すべての現場でのスキルレベルが一定していない場合が多いため、技術スタッフを効率的に活用しながら、すべての現場を円滑に稼働させることが課題となります。

しかし、すべての問題には必ずソリューションがあります。

ThinManager®は、制御室からプラント内のユーザまで、現代の製造工程のあらゆる面のコンテンツ管理および視覚化を一元管理します。

例えば、ThinManager®テクノロジを中央からそれぞれの作業現場に適用すると、メンテナンスやその他のテクニカルチームはそれぞれの現場の生産工程を見ることができ、そこにインストールされたエンジニアリングツールにアクセスできます。

さらに、経験豊かな中央スタッフが、現場の技術者の端末を「シャドーイング」することで、彼らをアシストできます。これにより現場の人材はOTJで学習できるためスキルを向上させることができます。

ThinManager®を採用いただいたお客様は、信頼性の強化と人的生産性の向上を体験しています。

サステナブルなメリット

ThinManager®は、すべてのベンダーのすべてのアプリケーションと連携するオートメーション指向の製品として最初から設計されています。これは、オートメーションアーキテクチャの複数の領域で、相当の節約を実現します。

  • 信頼性: PCの場合の3~5年の耐用年数に比べて、シンクライアントの期待される耐用年数は7~10年以上です。ThinManager®で管理されるシンクライアントの入替えは、数分で完了します。PCの場合、これには何時間ものダウンタイムが発生します。データ損失が廃棄バッチにつながり、規制産業の場合、再検証の費用も発生します。
  • 可用性: ThinManager®には、フェイルオーバ管理を構成する機能があり、主要コンポーネントが故障した場合、自動的にバックアップ・アプリケーション・サーバやネットワークのルートを使用します。
  • エネルギー: シンクライアントが消費する電力は、PCの約20%にすぎません。冷却およびUPS要件が軽減されるため、さらなる節約が実現します。
  • 生産工程管理および制御: 集中制御および管理によって、メンテナンスがより迅速かつ簡単に実施できます。アプリケーションを停止することなく、中央管理コンソールからシンクライアントを再構成できるため、生産アプリケーションの移行による生産工程への影響を最小限に抑えることができます。また、サーバのサービスアップデートを通常運転中にそれぞれのPCではなく、複数のサーバで実行することができます。

動作概要

ThinManager®に組み込まれたモビリティソリューションであるRelevance®によって、モバイルに移行することが可能です。これは、唯一のロケーションベースのモバイル管理プラットフォームで、施設内のみの特定の場所に安全にアプリケーションとコンテンツを配信できます。

ThinManager®は、リモート・デスクトップ・サーバ、仮想化、シンクライアント、ネットワークおよびセキュリティテクノロジをパワフルなプラットフォームに統合し、生産アプリケーションの管理および配信を柔軟に行なえます。

これらが協調して、デバイス、ユーザ、場所のあらゆる組み合わせに対して、コンテンツを安全かつセキュアに配信します。

モビリティのためのRelevance®

工場フロアでのモビリティを強化するときが来ました。Relevance®は、適切なコンテンツを適切な人物に、適切なタイミングで、さらにロケーションベースのコンテンツ配信によって適切な場所に配信することができます。

Relevance®と組み合わせてレゾルバを使用することで、職場をロケーションベースのモバイル施設として完全に定義することができます。

現在、ThinManager®は、QRコード、Bluetoothビーコン、Wi-FiおよびGPSを使って場所を解決し、モバイルユーザおよび装置が承認された領域のみでコンテンツを受信することを確認します。

最優先事項: セキュリティ

サイバー脅威に対抗するため、セキュリティの設計は非常に重要ですが、その設計はOTシステムのスタッフのニーズの優先順位にも適合する必要があります。

今日利用できる標準的なソリューションに加え、主要な組織が現場で協力し、お客様に対しOT体験とITの結合をサポートするためのネットワークおよびセキュリティに関連したコンサルティングサービスを提供しています。

仮想化、ターミナルサービスおよびシンクライアントなどの現代のITテクノロジと、ThinManager®を併用することで、作業現場がリモートアクセスに対応している場合でも、セキュリティは保護され、改善されます。それと同時に、メンテナンス費用およびシステムのダウンタイムは低減されます。

ThinManager®は、Microsoft Active Directoryと連携し、シンクライアントでの生体認証およびRFIDアクセスカードを含む複数の認証方法をサポートしています。

さらに、シンクライアントとThinManager®サーバ間の通信は暗号化されます。シンクライアント端末は、ThinManager®で管理します。モバイルデバイス通信を含むクライアントとサーバ間のすべての通信は暗号化され、認証されたユーザのみがオートメーションネットワークを使えるようにしています。

ThinManager®対応のシンクライアント、PXE起動シンクライアントやRelevance®を使用したモバイルデバイスには、データは保存されません。

USBメモリスティックなど、外部のストレージ装置の使用は、デフォルトではブロックされます。

さらに、既存のアプリケーションへのIPおよびUSBカメラオーバーレイをサポートしているため、ThinManagerであらゆる作業画面を視覚的に確認できます。

完全なソリューション

ThinManager®は、使いやすい、一元管理の拡張性に富んだ管理プラットフォームで、製造メーカの世界での競争力の強化に対応します。 これは、生産性向上、視覚化、モビリティおよびセキュリティによって可能となります。また、スマートで、安全かつサステナブルな生産のビジョンであるコネクテッドエンタープライズを実現します。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。