Automation Today Issue 60: ニュース&イベント

ニュース&イベント

ロックウェル・オートメーションは、7年連続で2019年も企業平等指数で最高点を獲得

ロックウェル・オートメーションは、ヒューマン・ライツ・キャンペーン財団の企業のLGBTQに対する差別撤廃を評価する第17回年次スコアカードで100%を獲得しました。

世界をより生産的でサステナブル(持続可能)なものにするために取り組む世界的なテクノロジリーダであるロックウェル・オートメーションは、ヒューマン・ライツ・キャンペーン財団が主催するレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、およびクィア(LGBTQ)の職場での平等に関する企業のポリシーおよび実践に関する米国内のベンチマーク調査およびレポートである2019年企業平等指数(CEI)において100%のパーフェクトスコアを獲得したことを発表します。ロックウェル・オートメーションは、今年もトップマークを獲得した米国大手企業560社になりました。

ロックウェル・オートメーション会長兼CEOであるブレイク・モレットは、次のように述べています。「ロックウェル・オートメーションは、世界中の従業員を分け隔てなく受け入れる当社の開かれた文化を誇らしく思っています。重要なことは、従業員が職場でありのままの自分であることに気まずさを感じず、各従業員が仕事にベストを尽くすことを望み、それができる環境を強化することに取り組むことです。」

HRC会長であるチャッド・グリフィン氏は、次のように述べています。「今年のCEIでトップスコアを獲得した各企業は、米国内の従業員を分け隔てなく尊重し排除しないポリシーを確立しているだけでなく、これらのポリシーを各社のグローバルなオペレーションにも適用し、海外の何百万もの人々に影響を与えています。また、重要な最高裁判所の訴訟において法廷助言書に署名した多くの企業と、平等法に関するHRCの事業連合に加わっている170社以上を含むこれらの企業の多くは公共の場で平等を熱心に唱える支持者になっています。繰り返しますが、アメリカを代表する企業は従業員とお客様を差別から守ることが正しい行動であるだけではなく、ビジネスにもよい結果をもたらすことを明らかにしています。」

アジア太平洋地域のRAOTMシーズンが終了

Rockwell Automation on the Move (RAOTM)、お客様および見込み客を対象にした当社の年次イベントが先月、中国天津で開催されました。これは、アジア太平洋地域で今年開催された4つのRAOTMイベントの最後の会合でした。前の3つは、インド バンガロール(122)、タイ バンコク(35)、インドネシア ジャカルタ(430)で開催されました。この4つのRAOTMイベントを合計すると、私たちはほぼ10,000名の招待客とお会いしたことになります!

RAOTMは毎年開催されるイニシアチブで、製品の展示、セミナー、ハンズオンラボ、およびテクニカルセッションが含まれています。2003年に初めてアジア太平洋地域に導入されて以来、ROATMは包括的なオートメーション専門知識や業界の専門家によるスマートで安全かつサステナブルな実践を共有するための当社のグローバルな取り組みの根幹部分となっています。

RAOTMはアジア太平洋地域で15年以上も開催されていますが、何がその成功の秘訣でしょうか?

アジア太平洋地域のマーケティングディレクタであるジョン・ワッツは次のように説明しています。「RATOMはいわゆる一般的な展示会ではありません。このイベントには、技術教育セッションやお客様ミーティング、フォーラム、および参加者同士のネットワーキングの機会が含まれています。このイベントでは、出席者は当社の技量を視覚的に理解し、コネクテッドエンタープライズを体験することができます。

基調講演セッションでは、政府代表者や業界の専門家、お客様を講演者として招待しています。これが常に高い出席率と熱心な参加につながっています。RAOTMでのお客様と実際にお会いになっての会合は関係構築の重要な部分であり、アジア太平洋地域でビジネスを行なうために非常に重要な要素となっています。また、このイベントはパイプラインの商取引をまとめる絶好のチャンスも提供します。」

アジア太平洋地域での企業イベントの基盤として、RAOTMは当社のメッセージを市場に伝える優れたメディアプラットフォームになっています。近年では、ライブ・ビデオ・フィード技術も使用して、イベントに参加できない人々に対して仮想的な体験を提供しています。

お客様同士の交流や、最新の技術体験などのRAOTMイベントの鍵であり続ける要素がある一方で、RAOTMはお客様にさらに魅力的な体験を提供するために年々進化を続けています。

RAOTMでは現在、当社のソリューションやコネクテッドエンタープライズを実現する方法の紹介にさらに多くの重点を置いています。また、より一層、業界に焦点を絞って、業界ベースのフォーラムで当社の能力を実証することに多くの重点を置くようにもしています。その上、当社では特定の分野に特化したプレゼンテーションやデモンストレーションの予定を含めるようにフォーマットの変更も行なっています。これらのすべての変化は、会社の戦略的目標をこれまで以上に達成するための市場進出戦略を示すものです。

2019年のRAOTMイベントを終了するにあたり、当社はすでに来年のイベントに目標を定め、イベントの成功を確実にするための取り組みを続けています。

ロックウェル・オートメーションのTechEdに参加しましょう!

2019年8月6~7日インド ムンバイ2019年9月3~5日オーストラリア ゴールドコーストで開催され、何千人もの技術知識が豊富な専門家が集まるアジア太平洋地域のロックウェル・オートメーションTechEdにぜひご参加ください。これらのイベントでは、競争上の優位性を実現する方法や、次のレベルへのスキルアップ、生産性や収益性の向上を実現するための計画作成などについて業界リーダから学ぶ機会を提供します。

ロックウェル・オートメーションのTechEdは、製造業界で最も有名かつ代表的なイベントの1つであり、最新のテクノロジと最先端のソリューションに焦点を置いたイベントです。

これらのイベントでは、最新技術の選定および導入、設計およびスタートアップサイクルの短縮、当社の強力な製品ラインおよびソリューションの情報を取得、およびデジタルトランスフォーメーションの推進方法を学習するまたとない機会を提供しますします。

TechEDの中核は、当社のお客様がデジタルトランスフォーメーションを通じてスマートマニュファクチャリングに向かって出発し、生産性、競争力、サステナビリティの向上を実現することです。

対話的な未来志向のセッションおよびラボが数多く予定されているTechEDでは、以下の分野での最新のテクノロジおよびソリューションに焦点を当てています。制御、デジタルエンジニアリング、情報および分析、ネットワーク、プロセス、安全とセキュリティ、システム、テクノロジとサービス、視覚化および共同作業がそれです。これらのイベントは、お客様の事業運営を次のレベルへと高めるための洞察とトレーニングを提供するように計画されています。

登録については、ロックウェル・オートメーションのFacebookLinkedInページをご覧ください。

お問い合わせ

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。