継続的な製造: 食品&薬品業界のデジタル化とイノベーション

食品&薬品業界のデジタルイノベーション

デジタルトランスフォーメーションは、産業界におけるグローバルなトレンドです。生産から配送まで、すべてのプロセスを統合するためにネットワークとスマートな技術を活用します。

これは食品&飲料業界だけでなく、今日では複雑で急速な進化を遂げている医薬品および消費者向けのパッケージ商品の業界にも導入されています。人々の嗜好とマーケットは変化していますが、このような変化がこれらの業界の成長を促進しています。消費者はさらに接続され、情報を持ち、積極的に発言するようになってきています。そして、ストアのプライベートブランドやオンラインの食品販売業者から、成長の一途を辿る特別な製品メーカまで、あらゆる場所で競争が起こっています。

このような生活に密着した分野で競争力を維持しようとする企業にとって、より優れた工場、人材、プロセス、およびツールによって自社の事業および組織を発展させ、成長させるこの千載一遇のチャンスを最大化する方法を理解することが必須となります。機械装置メーカ(OEM)およびエンドユーザの両方として機能する食品および薬品会社には、それに対応するためのオペレーションとワークフォースが必要です。

幸いなことに、スマートマニュファクチャリングがそのお役に立つことができます。

スマートマニュファクチャリングは、接続され情報化された生産です。これは、最新技術を活用して、食品&飲料の生産オペレーションを再定義します。ロックウェル・オートメーションは、複数の工場や生産ラインからデータを生成して分析できるようにし、主要業績評価指標(KPI)に基づいてより優れた意思決定を下すことができるようにすることで、コネクテッドエンタープライズの構築と製造工程の改善において、あらゆる規模の企業のお役にたつことができます。

これらの業界で、コネクテッドエンタープライズ、スマートマシンやスマートマシン機器によって提供されるインテリジェントな接続性とオートメーション技術の可能性を成功裏に実現することができれば、大幅な生産性向上が期待できます。

今回の「Automation Today Asia Pacific」をお読みになって、製造工程のデジタル化を進めることのメリットをご覧になって、スマートマニュファクチャリングの実現に向けて開始する戦略をお考えください。

あなたの業界は、着実に前進しています。あなたとあなたの会社は、新たな技術を迎えるのに十分な準備ができていますか?

— ジョセフ・スーサ、ロックウェル・オートメーション アジア太平洋地域社長

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。