スマートツールやテクノロジを活用して業務改善を達成

業務改善のための製品とソリューション

チームの生産性向上のためのアプリ

企業全体の従業員の意思決定を支援する拡張された情報ソリューション戦略の一環として、iOSおよびAndriodスマートフォン用のFactoryTalk® TeamONE™アプリケーションが利用できるようになりました。このアプリは、ユーザの共同作業や知識の共有、生産診断のライブ表示、マシンアラームとの対話、およびデバイスのトラブルシューティングを可能にすることにより、チームの生産性を向上させます。FactoryTalk TeamONEアプリを使用するチームは、平均修理時間(MTTR)の短縮を促進できます。

サーバに接続するクライアントとして動作するのではなく、このアプリのデバイスモジュールは、ネットワーク上のデバイスと直接的に通信し、データのライブ表示を行ないます。セキュアなクラウドアクセスが利用可能な場合は、モジュールは他の信頼できるチームメンバーと同期します。

ほとんど瞬時のインシデント報告やデバイスデータの提供により、工場フロアやエンジニアリングおよびIT技術者は、チームとして協力して問題を速やかに解決できます。従業員はスマートフォンからFactoryTalk TeamONEアプリを使用してさまざまなモジュールを選択し、Allen-Bradley®のPowerFlex®ドライブなどのデバイスから情報を直接表示したり、EtherNet/IP™デバイスの高レベルの健全性ステータスを確認できます。この情報は、他の信頼できるチームメンバーとアプリのコラボレーションおよびトラブルシューティングモジュールを介して共有可能です。問題が解決されたら、洞察にフラグを付けたり、次にインシデントが発生した場合に備えて保存したり検索することができます。

FactoryTalk® TeamONE™アプリケーション

FactoryTalk TeamONE Free Edition

  • チームをいくつでも作成し参加させることが可能
  • 選択したナレッジベースのコンテンツを含む
  • 3ヶ月間の過去データをFactoryTalk Cloudと同期可能
  • 次の8モジュールを含む: Incident, Device Health, Teamboard, Knowledgebase, Connect, Pinboard and Chat, Connect and Trend

* TechConnectSM契約により、関連するユーザは拡張コンテンツを利用可能

FactoryTalk TeamONE Standard Edition

  • Free Editionのすべての機能を含む
  • TeamONE Alarmコネクタを使用して有効なFactoryTalkシステムからのアクティブアラームの表示、共有およびポスティング用のアラームモジュールを含む
  • 複数チーム管理や素早いチームの切換えが可能

FactoryTalk View SEまたはRSLinx®企業システムには、オンプレミス・アラーム・モジュール・コネクタのインストールが必要です。

FactoryTalk TeamONEは、ロックウェル・オートメーションのチームとMicrosoft社のチームが協力して設計し、アプリ自体にプラットフォームコンポーネントを含む革新的な新製品です。このアプリを使用すると、対応できる範囲で同期し、生産に関わる情報を現場内で保持・共有するスマートデバイスとして使用できます。このアプリは、チームの共同作業とオートメーション中心データを1つに集約することにより、特に労働者の生産性の向上に焦点を絞っています。

このアプリのフリーエディションは、iTunesおよびGoogle Playアプリストアからダウンロードできます。スタンダードエディションへの登録については、ロックウェル・オートメーションのWebサイトをご覧いただくか、最寄りのロックウェル・オートメーション販売店にお問い合わせください。

Allen-Bradley®のVersaView® 5000製品ライン

最新の視覚化ソリューションによるスマートマニュファクチャリングの実現

Allen-Bradley®のVersaView® 5000製品ラインは、最新のオープンアーキテクチャに基づくロックウェル・オートメーションのヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)製品です。産業用コンピュータやシンクライアント、モニタからなるこの新しいファミリーにより、製造メーカはスタンドアロンまたは分散型のHMIアプリケーションを最新化し、スマートマニュファクチャリングをサポートできます。

オープンアーキテクチャの採用でソフトウェアインストールの自由度が向上し、どのような運用上のニーズにも適合します。最新のオペレーティングシステムや各種ソフトウェアアプリケーションをサポートしますが、分散型アプリケーションにはFactoryTalk® View SEソフトウェアを使用することをお奨めします。

ロックウェル・オートメーションの拡張性に富んだコンピューティング製品の一部として、VersaView 5000製品ラインには、次の5つの製品が含まれています。

VersaView 5100モニタ

新しい製品ラインには、他の製品種類全体の中で最大のフルHDスクリーンが含まれ、より多くの情報を画面に表示でき、工場フロアで制御室と同等のディスプレイを使用して効率的なデータ共有が可能になります。新型22インチ(1920x1080)スクリーンサイズに加えて、VersaView 5000製品ラインでは、12インチ(1280x800)、15インチおよび19インチ(1366x768)のワイドスクリーンも選択できます。これらのモニタの特長は以下の通りです。

  • 1つの外付けディスプレイ出力ポート
  • 0~50°Cの環境で動作
  • パネルおよびVESAマウントを含む取付けオプションを利用可能
  • エッジレス・ガラス・デザインの10ポイント静電容量方式マルチタッチスクリーンを含む

VersaView 5400産業用コンピュータ

これらのディスプレイ非搭載のコンピュータは、省スペース、2系統ビデオ出力、軽量、ファンレス冷却設計です。-20~60°Cの環境で動作し、壁型、VESAマウント、DINレール、ブックシェルフおよび機械を含む取付けオプションを利用できます。ディスプレイ非搭載のコンピュータは、ディスプレイ一体型モデルと同等の性能をもち、さまざまなソフトウェアアプリケーションをロードできる柔軟性があるため、多くのアプリケーションに適しています。

ディスプレイ一体型およびディスプレイ非搭載のコンピュータの共通の特長は以下の通りです。

  • アプリケーションの柔軟性にすぐれたオープンアーキテクチャ
  • クアッドコアIntel Atom® E3845プロセッサおよび128 GBソリッド・ステート・ドライブ(SSD)搭載

VersaView 5200シンクライアント

統合コンピュータと同等の最新設計により、VersaView 5200シンクライアントにはパネル一体型とディスプレイ非搭載のバージョンがあります。オペレーティングシステムを使用しないため、分散型アプリケーションに最適です。シン・クライアント・コンピュータは、サーバへのリモートアクセスに使用され、シンクライアントはメインサーバに依存して役割を実行します。これらのシン・クライアント・コンピュータは、コンテンツや最新の産業活動のあらゆる側面の視覚化を中央管理するロックウェル・オートメーションのThinManager®ソフトウェアで使用するための推奨シン・クライアント・ハードウェアとして設計されています。ThinManagerをVersaView 5200ハードウェアとともに使用する場合、ユーザはThinManagerのカスタムおよびプレミア機能を利用できます。ThinManagerの特長は以下の通りです。

  • 低コストでハードウェアを導入でき、ユーザは使い慣れたアプリケーションやツールを使用できます。そのため、管理およびハードウェアコストを削減でき、セキュリティが向上します。
  • 最新のプログラマブルコントローラやオペレータインターフェイスにシームレスに統合でき、どこからでもユーザセッションのモニタと調節を簡単に実行できる数多くの機能、ツール、アクセス方法が利用できます。

デジタル油田の実現

ロックウェル・オートメーションのConnectedProduction™テクノロジとシュルンベルジェ社の石油&ガスソフトウェアおよびサービスを組み合わせることによって、油田のリモート領域の専門知識に新たなデジタルソリューションをもたらします。このソリューションによって、自動的に発見されて生産環境に自動統合される自己宣言型油井が実現します。このソリューションは導入リスクやコスト、複雑さの削減に役立ちます。

インテリジェントなオートメーションと情報は、油井ごとの採油量を最大化して石油&ガスの生産コストを削減するための入り口です。ロックウェル・オートメーションのConnectedProductionソリューションは、オペレーションとIT環境を統合し、人とプロセス、およびテクノロジを安全に接続します。石油&ガス生産企業は、この革新的なデジタルソリューションを活用し、上流業務とクリティカルなリアルタイム分析と領域への洞察をつなぐことによって生産を最大化する絶好の機会が得られます。

このソリューションの主な利点は、システム認識型生産オートメーションソリューションとこれまでにない領域専門知識へのアクセスです。油井のリアルタイムの制御および分析を提供することによって、このソリューションは石油&ガス産業でのスキルギャップを埋めることができます。さらに、リモートおよび現場の両方で情報を収集し分析できる通信技術も提供します。

作業員がすぐに解決できない生産の異常が発生した場合に、デジタルデバイスを使用してその分野の専門化にすぐにつないで情報を共有できます。油井現場と制御室やその他場所との間のこの共同作業は、意思決定を加速し、業務を合理化します。

Allen-Bradley®のPowerFlex® 6000高圧ACドライブ

信頼性の高いACドライブは新しい機能を提供

新たにリリースされたAllen-Bradley®のPowerFlex® 6000高圧ACドライブは、ファンやポンプ、コンプレッサなどの可変および定トルクのアプリケーション用の拡張されたユーザフレンドリな制御を提供するコスト効率の高いソリューションです。2.3~11kVの範囲のUL構成およびIEC構成が含まれ、センサレスベクトル制御を活用する100%の始動トルクを提供します。

拡張された電力範囲により、PowerFlex 6000ドライブは、空冷式の設計で最大定格11kVの出力電圧および最大定格680Aのモータ電流のアプリケーションに使用できます。内部電源を使用したエコデザインの冷却ファンを使用すると、お客様の制御電源の要件や装置および設置コストを削減でき、ユーザは設置面積の大きな水冷式ドライブを使用しなくて済みます。高度な電力範囲およびモータ制御機能に加え、以下の機能が含まれます。

  • 一体取付け型のマルチパルス絶縁トランスが低圧ライン側高調波および高圧入力電源ファクタを提供し、資産活用を改善します。
  • 自動パワー・セル・バイパスが重要なアプリケーションでのダウンタイムを最小限に抑えます。
  • 取り外しが簡単な共通のモジュール式パワーセルが平均修理時間を最小限に抑えます。

さらに、無停電電源装置がシステムの信頼性を高め、ダウンタイムを最小限に抑え、潜在的な機械損傷を軽減します。

PowerFlex 6000ドライブには標準でフェイスプレートとEtherNet/IP™接続が備えられており、立上げ、使用、保守が簡単です。このドライブは、アプリケーションで高圧電源が必要な重工業に適したコスト効率の高いソリューションです。

Rockwell Software®のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)統合ゲートウェイ

ERPアプリケーションによるビジネスおよび運用上の一貫性の向上

Rockwell Software®のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)統合ゲートウェイは、工場フロアとビジネスシステムの間のリアルタイム通信を可能にします。このアプリケーションによって、工場は簡単にコスト効率よく取引をやり取りし、企業全体のビジネスプロセスをリアルタイムに実行することができます。貴重な情報交換によって生産活動の可視性が向上し、スケジュール管理が容易になり、意思決定が改善し、高品質の製品を期限内に納品できます。

ERP統合ゲートウェイは、複雑な設定をする必要なくすぐに使用でき、製造実行システム(MES)プラットフォームと外付けITシステムの統合のための機能を提供します。また、自動車やディスクリート、消費財、プロセス産業などのさまざまな産業分野に関するSAPベースの事前定義された統合タッチポイントが含まれ、エンドユーザ固有のデータ統合のニーズをサポートします。

最新バージョンのERP統合ゲートウェイ3.02.00は、グラフィカルなマッピングツールやイベント駆動型のメッセージ送信を備え、迅速に配するために設計されています。このアプリケーションでは柔軟性、拡張性、可用性が強化され、プラグ&プレイによるエンタープライズ・サービス・バスとサービス指向アーキテクチャの接続が可能です。

ERP統合ゲートウェイは、製造業務をビジネスプロセスやERPシステムに格納された情報に合わせて調整し、最小の総所有コストで運用の業績とビジネス改善をサポートするためのフレームワークを提供します。製造メーカは、お客様の要求への対応力、競争力、および収益性を向上させる機敏性を達成できます。

新しいリアルタイムの脅威検出サービス

新しい脅威検出サービスがロックウェル・オートメーションの産業用サイバー・セキュリティ・ソリューション製品に追加され、製造メーカや事業者がますます複雑化するセキュリティ脅威の監視や検出、対応を支援します。この新しいサービスは産業ネットワーク専用に設計され、正常なネットワーク動作をマッピングし、ロックウェル・オートメーションのモニタサービスを使用してリアルタイムで異常や潜在的な脅威を検出しオペレータに警告します。

この脅威検出サービスは、受動的な非侵入型セキュリティソリューションです。環境全体がチャート化された後、ツールは正常な運用手順を識別し、ベースラインを作成します。このベースラインからのすべての逸脱は、コンテキスト・リッチ・アラート形式で通知されます。これらの警告は、ロックウェル・オートメーションのモニタサービスに統合され、応答および復旧プロセスを通知することができます。このプロセスには、インシデントの影響分析、封じ込め、および根絶プロトコルが含まれます。

セキュリティ上の脅威が検出されると、エンドユーザは警告を受取り、あらかじめ定義された対応プランが異常の重大度に基づいて実行されます。このプランには、完全に動作する状態に安全に戻すために実行される復旧手順の概要を示す定義済みのワークフローが含まれます。

この新しいサービスのセットは、クラロティ社(ロックウェル・オートメーションのPartnerNetwork™プログラムのEncompass™製品パートナ)によって作成された脅威検出ソフトウェアの上に構築されています。

Automation Today

Automation Today Asia Pacificは、ロックウェル・オートメーションが発行する季刊誌で、最新の産業オートメーションと情報技術の動向、ケーススタディとアプリケーション記事、新製品と機能の情報をお届けします。