最新ニュースおよびイベントハイライト(2018年6月~8月)

最新ニュースおよびイベントハイライト

自動化されたビール醸造ソリューションは、機器の管理に費やす時間を短縮するように設計されており、ビール醸造そのものに専念できるようになります。

今日の醸造所のための協働ソリューション

ロックウェル・オートメーションと、ロックウェル・オートメーションのソリューションパートナでPartnerNetwork™プログラムのメンバーであるマクレイ・インテグレーション社は、両社の技術を統合した強みをいかして、ビール醸造所において拡大を続けるオートメーション市場に貢献しています。

そのソリューションは、マクレイ社の開発したスケーラブルで再現可能なソフトウェアソリューションとロックウェル・オートメーションのPlantPAx®分散制御システム(DCS)を組み合わせたものです。このソリューションによって、醸造所は品質の向上および生産の一貫性の強化、生産のスケールアップ、生産の複雑性の軽減およびより優れたレシピの管理を実現できます。その上、製品およびソリューションのサポート、サービスおよびトレーニングを世界中で提供しています。

専門知識の統合によってイノベーションの機会が増加

ロックウェル・オートメーションは、ABB社、シスコ社、ナショナルインスツルメンツ社などの産業用オートメーションの専門家とソリューションプロバイダのチーム(Shapersと総称)と共に、産業活動のためのリアルタイムとセンサ対クラウドアプリケーションのための通信ソリューションを開発します。

このソリューションは、異なる製造メーカの技術間で情報を簡単かつセキュアに共有できるOPC UAプロトコルと、収束型産業ネットワークの遅延の緩和と堅牢性の向上を可能にするTSN (Time-Sensing Network)の一連の規格に基づいています。

ロックウェル・オートメーションは、プラグアンドプレイ社の企業パートナシップネットワークに加盟し、的確で戦略的に足並みが揃った初期および成長段階のスタートアップへのアクセスを提供します。プラグアンドプレイ社は、多くの業界でスタートアップエコシステムを構築し、世界中で優れたスタートアップ(新興企業やチーム)と大企業をつなげるグローバルなプラットフォームです。

このコラボレーションを通じて、ロックウェル・オートメーションは、世界トップクラスのスタートアップによって開発された新しく革命的なIIoT技術を特定、レビュー、および活用できるようになり、Integrated Architecture® (統合アーキテクチャ)インテリジェントなモータ制御、および関連するソリューションとサービスでの業界をリードする製品を強化・拡張しています。

醸造工程の貴重な洞察

コロラド州立大学(CSU)は、学生が醸造および発酵産業でキャリアをスタートさせるために、実践的な体験を得られる新たな醸造ラボおよび展示場を設立しました。

ロックウェル・オートメーションのソリューションパートナであるマリスコ・エンジニアリング社は、この新たな醸造所のオートメーションの仕様策定および統合作業を主導しました。CSUは、将来的には2棟の醸造所を建設する予定で、そのうち1棟はクラフトスタイルの醸造所をモデルとし、もう1棟は小規模ながらも商業醸造所をモデルとしたものです。両方の醸造所は、ロックウェル・オートメーションのPlantPAx分散制御システム(DCS)で運用されます、FactoryTalk® Batchソフトウェアはモジュール式のフェーズコードの再利用をサポートし、直感的なレシピのオーサリングを提供し、バッチ追跡を内蔵し、レポート機能を実装しています。

マリスコ・エンジニアリング社のオペレーションズディレクタ兼主任エンジニアであるダン・マリスコ氏は次のように語っています。「キャンパス内の醸造所は、レシピ開発、ラボ試験、運用技術およびプロセスデータ分析を行なうための独自のリソースを業界に提供します。学生達は、PlantPAxシステムによって醸造工程についての貴重な洞察を得る一方、拡張性に富んだ、スケーラブルで安定し、オペレータが使いやすいオートメーションプラットフォームを実際に体験することができます。」

世界的な鉱山向けの高度なオートメーション技術

ナイオコープ・デベロップメンツ社は、ロックウェル・オートメーションにナイオコープ社の米国ネブラスカ州エルククリークに計画している重要鉱物の採掘・処理施設のために、プロセスオートメーションおよび装置を設計・調達する大型案件を発注しました。

ロックウェル・オートメーションが、このプロジェクトのメイン・オートメーション・コントラクタを務めます。システム統合は、ロックウェル・オートメーション傘下でプロセス・オートメーション・ソリューションを専門に手掛けるマーベリック・テクノロジーズ社が担当します。そして戦略的提携企業であるエンドレス・ハウザー社が、バルブなどの関連するフィールドデバイスやサービスなどと現場の計装装置を提供します。

PTC社とロックウェル・オートメーションはパートナシップ締結を発表しました。この提携により、業界のデジタルトランスフォーメーションを促進します。

戦略的パートナシップによりデジタル化を促進

ロックウェル・オートメーションとPTC社は、戦略的パートナシップのための最終合意を締結したことを発表しました。これにより両社の成長は加速し、世界中で物理的オペレーションをデジタル技術で変革したいと希望するお客様のパートナとして選択していただけるようになると期待しています。

このパートナシップの一環として、ロックウェル・オートメーションはPTC社に対して10億ドルの株式投資を行ない、ロックウェル・オートメーションの会長兼CEOのブレイク・モレットは、この投資の手続きが完了すると同時にPTC社の取締役に就任する予定です。

このパートナシップは、両社のリソース、技術、業界の専門知識、および市場の存在感を活用するもので、これには、全社を挙げた技術協力とグローバルな市場進出の共同イニシアチブが含まれます。

両社のスマートファクトリの技術とクラス最高の情報ソリューションを組み合わせることにより、お客様は生産性とプラント効率の向上、運用上のリスクの低減、およびシステムの相互運用性の向上を実現できます。

グローバルイベント

スマートマニュファクチャリングの進歩とIIoT機会を展示

ロックウェル・オートメーションは、4月17~19日に米国ニューヨークで開催されたINTERPHEX (インターフェックス)においてライフサイエンス企業の課題を解決するための先進技術を出展しました。

来場者は、デジタルおよびオートメーション技術がどのように品質および規格準拠の改善、およびデータ整合性とセキュリティ管理に役立つか学びました。また、製造メーカが市場導入期間をスピードアップするために柔軟性を改善し、設置面積を削減することができるシングルユース技術も紹介されました。

その数日後の4月23~27日に、ロックウェル・オートメーションと戦略的提携パートナは、ドイツのハノーバーで開催されたHannover Messe 2018に共同出展しました。

そのイベントにおいて、ロックウェル・オートメーションは、競争力を一段と強化し、オペレーションに新たな価値をもたらすために、企業がどのようにデジタルトランスフォーメーションを加速し、産業用モノのインターネット(IIoT)の技術を活用できるかを展示しました。

アジア太平洋地域のイベント

アジア太平洋地域でのRockwell Automation on the Moveの開催

Rockwell Automation On The Move™ (RAOTM) 2018カンファレンスが、韓国のソウルで開催されました。5月10日に開催されたこのイベントには1,000名を超える参加者があり、コネクテッドエンタープライズの製品ラインナップの最新技術、アプリケーション、サービスについてと、スマートマニュファクチャリングのソリューションをご紹介しました。

当社のPartnerNetworkプログラムの戦略的パートナは、協働製品やサービスを展示しました。また、さまざまなテクニカルセッションおよびハンズオンラボも開催されました。参加者は、FactoryTalk Analyticsプラットフォーム、インテリジェントなモータ制御ソリューションおよびプレミア統合能力を含む、最新の製品を試すことができました。

韓国で成功を収めた後、次のRAOTMが5月23~24日の日程で中国の南京市で開催されました。これらのイベントを通じ、ロックウェル・オートメーションはアジア太平洋地域の業界の専門家や製造メーカに、コネクテッドエンタープライズの実現を可能とするスマートマニュファクチャリングの技術に関する情報を提供しました。

究極の体験をご経験ください – 学習および共有

アジア太平洋地域の製造メーカと企業は、Rockwell Automation TechED™およびプロセス・ソリューション・ユーザ・グループ(PSUG)に、同時に参加する機会がございます。両方のイベントは、7月18~20日の日程で、シンガポールにあるJWマリオットホテル・ホテル・シンガポール・サウス・ビーチで開催されます。

TechEDは複数日にわたって開催されるハンズオンイベントで、オペレーション全体の資産と情報を最大限に活用するための高度な技術にフォーカスしています。TechEDではコネクテッドエンタープライズを実現するための最新技術に焦点を当てており、企業が実際のビジネス価値を引き出すために情報のサイロをどのように結びつけているか知ることができるため、参加者は年々増加しています。

PSUGはインタラクティブな業界をリードするイベントで、最新のプロセスオートメーション技術に関するより深い洞察を得ることができます。ここでは、プロセスアプリケーションを最適化する方法についてユニークな視点が提供され、ロックウェル・オートメーションのグローバル・プロセス・チームと交流する機会をもつことができます。

アジア太平洋地域では産業オートメーションの市場が成長し続けているため、ロックウェル・オートメーションは、機会を逸してしまうことの大きなリスクを知っていただくだけでなく、スマートマニュファクチャリングや生産への投資の重要性を理解してもらうために、業界の専門家達に対してこれらのイベントへのご参加を招待しています。

さらに、Industry of Things World Asia医薬品製造実行システム(MES)シンガポールも同じ週に開催されます。Industry of Things Worldと医薬品MESイベントのグローバルなプラチナパートナである当社は、7月16~17日にシンガポールのマリーナベイ・サンズで開催されるイベントにおいて、スマート製品を展示します。

最新のイベント情報については、当社のイベントカレンダーでご確認ください。

最新ニュース

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。

メールマガジンの配信登録

ロックウェル・オートメーションにご登録いただければ、最新のニュースと情報を電子メールにて直接お届けします。