スマートマニュファクチャリング導入の負担を軽減することは当社の使命です。

スマートマニュファクチャリング導入の負担を軽減

今日のビジネス環境では、以前にも増してあらゆることが急速に変化し、その結果、私たちは今この瞬間に起こっていることをすぐに知る必要があります。

この瞬間に発生する可能性があるすべての問題について考えてください。サービスの問題はお客様の業務に影響を及ぼし、プロセスに問題が発生すると稼働効率を低下させ、サプライチェーンの遅延は収益に影響を与えます。

私たちは、正しい意思決定をタイムリーに行ない、一刻を争う状況に対応するための情報とツールを必要としています。

MESはすべてのプラントデータをリアルタイムに把握し、スケジューリングおよびプランニングソフトウェアによって生産を最適化することができます。適切なMESアプリケーションやツールを使用して、ビジネスデータや工場データは関連性のあるデータとして構築できます。

当社の知る限りでは、ある機械装置メーカ(OEM)は、相互に通信できない旧式のMESシステムやアプリケーションのために悪戦苦闘し、またある機械装置メーカでは大規模なMESインフラを所有していないけれども、機械品質や収益、コストの領域を改善する必要があります。

そのため、当社は、モノのインターネット(IoT)のエッセンスを取り入れ、拡張性に富んだアプリケーション固有のMESソリューションの構築を続け、お客様がモジュール式アプローチを採用してコネクテッドエンタープライズを実現するお手伝いをします。

運用技術(OT)と情報技術(IT)のギャップを埋めるために、目的に合った一連のMESアプリケーションが開発されました。これらのアプリケーションは、単一のモジュールや最小のインフラ要件で機械やライン、または作業領域レベルから開始し、ストラテジの成長とともに統合されたMESソリューションへと拡張できます。

コネクテッドエンタープライズの実現に至る道筋のどこにあろうとも、ロックウェル・オートメーションは、計画から実行、最適化までの各ステップで生産を管理する機械装置メーカを支援する専門知識を提供します。

製造業は新しい時代へと移行しています。貴重なデータを収集し、それを使用した結果、品質が改善し、効率が向上を続けています。

今回の「Automation Today Asia Pacific」をお読みになって、マシンデータをオペレーショナルインテリジェンスに変えることの真の利点を理解し、拡張性に富んだMESを活用してスマートマニュファクチャリングの導入を促進する方法を見つけてください。

— ジョセフ・スーサ
ロックウェル・オートメーション アジア太平洋地域社長



Automation Today

Automation Today Asia Pacificは、ロックウェル・オートメーションが発行する季刊誌で、最新の産業オートメーションと情報技術の動向、ケーススタディとアプリケーション記事、新製品と機能の情報をお届けします。