天然ガス火力発電

将来の燃料源を見据えた最新の制御システム

天然ガスを供給原料として使用する発電があります。現在では、ガスのみが使用されている場合もあれば、石炭から天然ガスへ転換中の場合や混焼発電が行なわれている場合もあります。どの段階にあるかにかかわらず、当社はプラント全体の天然ガスオートメーションおよびタービン制御システムのソリューションを提供します。これらのソリューションは、プラントを迅速にオンライン化して維持し、お客様が生産目標を達成できるようにします。

信頼性が高く効率的でセキュアな運用

運用の柔軟性、稼働時間の最大化、安全な接続

最新の発電所は高可用性を維持するために信頼性の高い機器を必要とします。現在ではオートメーションシステムによって、柔軟性と稼働時間を最大限に高めるガス発電設備の制御に必要なスピードと機能を実現できます。しかし、性能を最大限に高め、ダウンタイムを最小限に抑えるためには、かつてないレベルの接続性と情報の統合が必要となります。

プラント全体の制御ソリューション

拡張性と収益性に優れた統合型ソリューション

当社は、お客様が既存の制御システムを更新または交換する際に、最新の制御システムへの移行をサポートします。PlantPAx®分散制御システム(DCS)は、プロセス、モータ、安全の制御を統合して運用を効率化します。統合型ソリューションと組み合わせれば、運用の可用性と信頼性を高め、総所有コストを最小限に抑えることができます。当社のソリューションなら、お使いのシステムから最大限の価値を引き出すことが可能です。

PlantPAx DCSの詳細情報を表示する

ガスタービン制御システムのアップグレード

公益企業が水力発電を最適化

2006年、ハワイ電灯会社のケアホレ発電所は、タービンとともに供給された制御機器の陳腐化により、最大50%ものダウンタイムに直面しました。部品が入手困難なうえ、サービスエンジニアが必要なときにすぐに出向できない状態で、この発電所は減産状態で運用されていました。そこで、新しいガスタービン制御システムを設置した結果、ダウンタイムが大幅に低減されました。

ネットワークおよびセキュリティサービス

制御アプリケーションの知識とネットワーク接続技術の知識を兼ね備えた当社は、性能面で妥協することなく、プラント向けの安全なネットワーク設計をお手伝いします。当社の専門家は、適用される業界規格(ISA、NIST、INL、DHS)に精通しており、世界中で製品のライフサイクルを通じてサービスを提供しています。

産業用ネットワークの詳細情報を表示する

OPTIONAL: ADD LOCAL CONTENT HERE Detail Page industries/power_generation/segments_pow/ja/JP_det_natural-gas row-5

詳しくは、当社にご相談ください。

ロックウェル・オートメーションならびに当社パートナの仕事は優れた知識を通じて、自動化の設計と導入をお手伝いしその投資がいかされるようサポートすることです。